2024/02/24

機関車がいっぱい

Trains_1030_1
鉄道素人の僕でも「重そうだな~」と思う。
機関車が軽いと、あんまり引っ張れないものね
(小僧とプラレールで遊んでいた頃に実感した)。
調べたら機関車の軸重は17トンくらいだそうで、
単純には1輪あたり8.5トンを支えればいいのか。
こうしてみると、戦闘機のタイヤってヤバいよね。

|

2024/02/18

100円ノギス近況

Caliper_334_1_1
10年ほど前に100円ショップで買ったノギス
まだ現役で活躍している。
何に使うんだよと言われることもあるけど、
ノギスだから、何でも測れるんだよ。そういう道具だよ。
Nogisu_2870_1
高級なノギスじゃないだけに、
濡れた風呂場でも臆せずに使えるし、
普段もペン立てに無造作に突っ込んでおける。
いい買い物だったなと思う。

|

2024/01/18

コンテナを積む船

Container_061_1
コンテナ船は外から見える部分だけでなく、
船内にもびっしりコンテナを積んでいるらしい。
当然といえば当然だろうが、すごいな。
やはりウエイト&バランスも計算するのだろうな。
Container-_046_1
コンテナを積むスペースをたくさん確保するために、
横から見たブリッジはとてもコンパクトだ。

|

2024/01/13

どんだけ頑丈なんだよ

Yacht_082_1
展示されていた大型ヨットは、
フィンキールを貫くボルトで保持されていた。
飛行機の翼みたいなもの(ヤワい)とナメていると、
どんだけ頑丈に作ってあるんだよとビビる。

|

2023/12/26

ロケットベルト

昔、ロケットベルトを日本で飛ばそうとしたことがある。
僕がアメリカのロケットマンとコンタクトして交渉した。
 Rocketbelt_015_1
燃料に過酸化水素水が必要だと言われて、
自衛隊を巻き込んだら分けてくれるかなとか(笑)、
米軍基地内なら航空法の抜け道になるかなとか(爆)。
Rocketbelt_016_1
結局、実現はできなかったけど。
カメラマンって、だいたい「あるものを撮る」だけだから、
当事者のひとりとして動くのはいい経験になった。

|

2023/09/07

憂鬱な時代だったよね

Amx_safety_131_1
これまでの仕事環境を振り返れば、
いくつもの暗黒時代があった。
たとえば離着陸時のデジカメ禁止時代も長かったよね。
Amx_safety_132_1
わざわざ完全メカニカルなキヤノンF1を復活させたり、
それでもシャッター音で他の乗客に睨まれたり。
遠い昔のようでもあるけど、実はそうでもない。
当時を思い出すと、今でも少し憂鬱になる。

|

2023/07/13

苦手意識

P3kadena78_030_1
電気・電子関係は苦手、というか、よくわからんです。
Kanoya_113_1
飛行機の名前は覚えても、電子機器の名前は覚えられない。
Antenna_411_1
レドームの中とか、見てもわからんです。
得手不得手は気の持ちようかもしれんですけど。

 

|

2023/06/25

がんばれ環七地下調節池

Kan7_198_1
環七の地下には神田川水系の洪水を防止する
地下調節池がある。まあ、でっかいトンネルっすね。
Kan7_197_1
これは善福寺川取水施設。水位が高くなると、
赤い矢印の取水口から地下に水を流す。
大雨が一段落して水位が下がったら、
貯まった水はポンプで汲み出す(黄色矢印)。
ここで水が出ているってことは、もう活躍したってこと。
Kamo_4045_1 
6月はじめの大雨でカルガモのヒナも数が減ってしまった
生き残ったのはだいぶ大きくなったけど。

|

2023/05/30

噴水装置

Fountain_024_1_1
池の水が抜かれて噴水の配管が露出していた。
驚くほど複雑というわけではないけど見入ってしまう。
Fountain_025_1
高さや向きを揃えるためには、
ノズルごとにいろいろ調整するのかな。
Fountain_026_1
高い噴水だと水圧もかなりのものになるのだろう。
地中埋込式にしてしまったら、メンテも大変そう。

|

2023/05/15

サンフランシスコ・ピア43

かつては列車も運べるフェリーが利用した桟橋で、
水位に合わせて線路を上下させるホイストを収めたアーチ。
ただし1992年に火事で焼けて、これは復刻版。
Sfo_496_1 
奥に見えるリバティ船が停泊するピア45の倉庫も、
2020年に火事で全焼しちゃったそうだ(船は無事)。

|

より以前の記事一覧