2024/05/18

A380は初就航から17年

Mh380_8529_1
もう新鋭機って感じではないけど、今でもワクワクする。
コロナ禍の大型機粛清から生き残った機体の多くは、
だいたい1回は色を塗りなおして、
ひょっとしたら2回めの再塗装っていうのもあるのかな。
A380_036_1
塗料の重さは約600kgから1t以上という航空会社もある。
まるでピンとこないけど、
これだけデカい機体の塗装をくまなくはがして
きれいに塗りなおすっていうのは確かに途方にくれる。

|

2024/05/06

沖止めスポット

バスを降りてから機内に入るまでの短い時間、
いつもと違うアングルで飛行機を見るチャンスだし、
運がよければ別の飛行機も近くを通る。
Ey350_137_1
ただし「きれいだな」と思ってもあまりウロウロはできず、
サッサと飛行機に乗り込まなくてはみんなの迷惑だから、
目の毒なだけ、ということもある。

|

2024/04/24

続・ウイングレットとシャークレット

そんなもん、明らかにわかるだろという方のために、
これはどっちでしょうかね。
Ketc_159a_1
自分で撮ったのでなかったら、僕も悩んでいたかも。

|

2024/04/21

ウイングレットとシャークレット

A320_0171
機種を問うのは簡単すぎて意味がなかろう。
むしろ、どこが違うのかとマジマジと眺めてしまう。
737bwl0385_1
たとえば737のには放電索がないけど、767にはある。
A321にもあるから大きさが理由ではなさそう。
767bwl_1903_1
767のウイングレット外側には衝突防止灯があるが、
737とA321では主翼前縁に埋め込まれている。
A321sl_202_1
あとは後退角が違うけど、比較して見ないとわからん程度。
ならばどうしてエアバスは名前を変えたんですかね。

|

2024/04/13

ボーイング767の瞬間芸

767wing_001_1
いつも狙うのは窓側で翼にかからない席だけど、
空いていた窓側席がここしかなかった。
でも767だよ。ひょっとしたら、大当たりの席ではないか。
767wing_002_1
以前、月刊エアラインで767を特集したときに、
「そんなの撮ってねえよ」と途方に暮れた部分。
ランディングギアを上げ下げする間だけ、
翼の上のパネルがちょっと開く。
767wing_003_1
最大に開けば隙間から景色が見えるかなと期待したけど、
意外に控えめだった。
これは、地上から撮るのは厳しいよね。

|

2024/04/10

どうして高度で?

フラップを降ろすと、より低速で飛ぶことができる。
ただし抵抗も増えるから、必要なくなればサッサと格納する。
Q400_2910_1
Q400は、だいたいフラップ5度で離陸して、
高度1000ftでフラップを格納しなさいと取説に書いてある。
だから空港でもクリーンな姿を撮れるのだが、
普通ならば「何ノット以上で」とするだろうに、
どうして高度で指示するかなあと、モヤモヤする。

|

2024/04/06

大戦機、いくらで乗れる?

海外では大戦機に乗るチャンスもたまにある。
「取材とかで特別扱いだろ」とか言われそうだけど、
普通に金を払えば誰でも乗れることの方が多い。
むしろ商業利用だからとボッたくられる?こともあり、
これは悪い意味での特別扱い。世の中、甘くねえよ。
P51d_2003_1
戦闘機よりは爆撃機の方が乗る機会は少ないかな。
もともとフライアブルの機数が多くないうえに、
飛ばすのにかかる手間も費用も大きいからだ。
B25_989_1
乗るための相場料金はあってないようなものだが、
4月4~7日にはチノでB-17やB-25への搭乗が可能で、
費用はB-17の爆撃/航法士席が850ドル、
B-25のジャンプシートで590ドルだそうだ。
日本でのセスナ172の遊覧1時間とたいして変わらない。

|

2024/04/04

SR22はサイドスティック

Sr22_5225_1
航大の訓練機としても使われているSR22は、
サイドスティック型の操縦桿を採用している。
気になるのは、ニュートラルが垂直ではなく
斜めであるということ。
慣れるのだろうが、あまりいい設計とは思えない。

|

2024/03/27

「つなぎ」のはずが

Hnd_190_1
ANAのA321ceo(中央)、まだ飛んでるのかと思ったのは、
「A321neo導入までのつなぎ」と説明されていたから。
A321neoはとっくに発注分を全機受領しているのだが、
だからといってA321ceoを手放せる状況ではなかろう。
A321neoはPW1100Gのトラブルで稼働機数が減っているし、
発注している737-MAX10は型式証明すら未知数だ。

|

2024/03/26

色つきADF(除氷/防氷液)

Deice_033_1
今季から日本でも本格に使用されるようになった有色ADF。
オレンジが除氷用タイプⅠでグリーンが防氷用タイプⅣ。
ちなみに有色化に使われている色素は、
食品添加物などとしても使われている安全性の高いもの。
さらに環境に放出される前に無色化も図られている。
Antiice_039_1
昨年の月刊エアライン4月号でCABを取材して記事にしたが、
昨年秋からスタートなので実際の運用を見たのは初めて。
自分の記事ながら、いろいろ勉強になりますわ(笑)。

|

より以前の記事一覧