2024/07/19

おしゃれな暮らし

Building_1130
羽田の旧管制塔庁舎もそうだけど、
円い建物って家具の収まりが悪くて大変だろうな、
というのは貧乏人の発想か。金持ちは特注しそうだ。

|

2024/07/18

このまま梅雨明けですかね

F16_190_1_1
ご近所さんにそんな挨拶をされて、
そういえば最近は気にしなくなってしまったなと。
昔は「梅雨明け十日」は安定した晴れの日が続くと、
まあ、いつ梅雨明けするのかはわからないなりに
撮影旅行の予定を立てたりしたこともあった。
Paris_0062_1
しかし、毎年のように異常気象といわれるようになって、
梅雨明け十日に雪が降っても驚かないよ、たぶん。

|

2024/07/17

割れるかもしれない?

Glass_176_1
ガラスにもたれないでください、と書いてある。
割れるかもしれないから?外れるかもしれないから?
わざわざ注意書きが必要な程度の造りなのかとビビる。
心配ならば、せめて手すりをつけてくれ。

|

2024/07/16

3DパズルのMiG-21(フジミ1/72)

Mig21_167_1
安売りしていた理由は、組立説明図が欠品だったから。
その程度のことは僕くらい××××になれば問題ない。
プラモデルじゃなくて3Dパズルと思って楽しめばよい。
Mig21_168_1
胴体を貼り合わせる前にオモリがいるかなとか、
主翼を貼り合わせる前にパイロン穴を開けないととか、
工程を進めるごとに自分で判断すべき点は多かったが、
そのあたりは苦い経験から学んでいる(苦笑)。
どこにつけるのかわからない小部品もたくさんあって、
そういうのは諸先輩方の完成写真などを参考にした。
それでもなぜか部品が余ってしまうということは、
実機でもよくあるよね(ないよ)。
Mig21_169_1
塗装やデカールの指示もわからなかったけど、
もともと指示通りに塗るつもりなんかなかったし、
アメリカで見た自家用ミグの印象を優先した。
機首の番号はサンダーバード1号のコスプレ(笑)。

|

2024/07/15

ぎりぎり

Boat_1177_1
フェンダーはつけているだろうし、
実際に何度も擦っているとは思うのだけど、
毎回「勝負だ!!」って気合を入れるんだろうな。

|

2024/07/14

夏休みというよりは雨季休み

Fa18_2799_1
以前は本が出るまで取材したことも内緒にしていたのだが、
最近は編集部がサッサとSNSでバラしたりしている。
なので先月ベトナムを取材したこともヒミツではないが、
ベトナムの学校は6月から8月までが夏休みなのだそうだ。
「せっかくの夏休みが雨季なのか」と同情したけど、
雨の中を学校に行かなくていいだけマシなのかも。

|

2024/07/13

飲めないけれどもきれい(たぶん)

Fountain_031a_1
国内の公園では噴水の水も濾過とか消毒とか、
そこそこ衛生面に配慮しているところが多いそうだ。
そりゃあ子供たちが水遊びをしたりするから、
そこいらの水たまりのようなわけにはいかないだろう。
作るのも維持するのも大変だろうなと思ったけど、
まともにしていないところもあるそうだ。

|

2024/07/12

夜のお仕事

F15_634_1
整備士の取材は昼間にすることが多いけれども、
飛行機が飛ばない夜間の整備作業も多い。
冬は寒いだろうし、夏は蚊に刺されるだろうし、
なにより昼夜逆転の生活はしんどかろう。
僕は特に睡魔に弱いので、自信がない。

|

2024/07/11

鳥だって心細いだろう

Kamo_797_1
東京の都市河川は大雨で急激に増水して激流となる。
そんな日はカルガモご一家が心配だ。
まだ飛べないヒナが避難できる場所は多くない。
Kamo_798_1
大雨の翌日、2羽の成鳥の後を泳ぐヒナ。
ただ1羽だけとはいえ、無事だったかとホッとしたが、
成鳥が2羽というのが珍しい。
カルガモはだいたいお母さんだけが子育てをする。
ひょっとして、はぐれたヒナが他のカルガモペアに
ついて泳いでいるだけかもと思いあたった。
気のせいか、成鳥ペアもちょっとよそよそしいのだ。
Kamo_5332_1
翌日、やはりヒナが1羽で休んでいるのを発見。
そこそこ大きいし、ヒナは自分勝手にエサを食える。
無事に育ってほしいと願っているのだが、心細かろう。
Kinkuro_5328_1
心細いといえば、近くには渡りそこねたキンクロのメス。
ただ1羽、カルガモの集団と適当な距離でいる。
Kamo_799_1
こちらも仲間と再会するまで元気でいてほしい。

|

2024/07/10

歯のCチェック

A7_011_1
インプラントは入れたあとも定期的にメンテがある。
旅客機のCチェックみたいなものかなと思ったら、
第1回目は「正しい歯の磨き方」の指導から。
「小学生かよ」と思ったけど、
プロから改めて正しい方法を学ぶのは安心感がある。
F4e_012_1
これまで4本の「かくれ虫歯」の発見につながった。
3本は1回の処置で治る簡単なものだったが、
1本は30年くらい前に治療したクラウンの内側。
いつの間にやら進行していて焦ったけど、
まだ普通に治療できる段階で見つかったのはよかった。
Seafront_041_1_1
なにしろインプラントになると1本50万円以上が目安だ。
その金で旅行でも行った方がいいでしょ?
定期メンテナンスでの早期発見は安価な治療につながる。

|

«気象庁の降水ナウキャスト