ボーイングの記者会見の会場に展示されていたデスクトップモデル。
実際には「J」の名前はなくF/A-18Eスーパーホーネットのままだけど
「これならライセンス生産もアリだよ」てなことはいっていたから
実現すればF/A-18EJもしくはF/A-18Jになる可能性もある。
おっと、日本では「A」は禁句だからF-18EJだかF-18J、
もしくは支援戦闘機FS-18ってのもありかも(笑)。
<風の探検隊。2008年10月10日より>