2020/10/24

The バス停

山陰地方で見たバス停
本数は少ないし、冬はたぶん雪に埋もれるので、
待合室があるのはありがたいはずだ。
曇りガラスではバスの接近が見えるか心配だけど、
いちいち停まって確認してくれるのかもしれない。
Busstop_276_1 
なにより、社名も廃した「バス」の表記が渋い。
調べたら戦前からある歴史ある会社で、
地元で「バス」といえば、そこしかありえないのかも。
そして、知人が勤めている会社でもあると気づいた。

|

2020/10/16

合宿教習

取材は旅ではないでしょと言われたこともあるが、
ある意味では普通の旅より楽しい。
Tractor_093_1 
ミッションを達成しなくてはならないという緊張感や、
限られた中でひねりだす自由時間の尊さ。
Fork_115_1 
なので、あいかわらず旅行パンフを眺めるような感じで、
建機の合宿教習とかを調べて夢をふくらませている。
テーマがあると、旅はより楽しくなる。
お土産を買わなくても、新しい資格が増える。
Crane_86_1 
でも最近は自動車の合宿教習とかも混んでいるそうだ。
建機も、本当に必要な人が四苦八苦しているのだろう。
僕みたいに遊び半分で席を奪うのはヤバそうだ。
Yumbo_588_1 
それでも、見るたびにやってみたいな~とは思う。
やってないから、「自分はうまいはず」とも思っている。

|

2020/10/01

フラッシャー自転車

最近のクルマでしばしば見かけるのは、
流れるように光るウインカー。
「うっ、ちょっと恥ずかしそう」と思ったのは僕だけ?
Hikari__2_1 
シーケンシャルウインカーとか言うらしいけど、
オッサン的には「フラッシャー」でしかない。
昔、子供用にそういう電飾自転車があった。
その頃に「カッチョいい」と憧れた人が作って、
憧れた人が乗っているのかなあと想像している。
幸い、僕のは電飾のない渋い自転車だったけど、
渋くても前照灯は左右に2つついていた時代(笑)。

|

2020/09/15

妄想される原因

Curvemirror_029_1 
前に沖縄で見た、片側が落ちていたカーブミラー。
下の方が腐食してボロボロに欠けている。
「中に水がたまっちゃったのだろうな」と想像したけど、
それだけでミラーが落ちてしまうだろうかとも考えた。
それから、台風とかで開いた穴から暴風が吹き込めば、
けっこう簡単に吹き飛びそうだなと。
Curvemirror_233_1 
歩きながら暇つぶしに考えただけだから、ただの妄想。

|

2020/09/09

CDGの2CV

スイスエアのDC-9-51に乗ったのは1983年のこと。
チューリッヒでのボーディングはケツからだった。
パリに着いたときはボーディングブリッジ。
実際のところ、そんなことは忘れていたのだけど、
パリに着いたときの写真が残っていた。
Cdg2cv_095_1 
DC-9の一族には、まださほど時代は感じない。
でも、手前に写っている車が2CVで渋すぎる。
おしゃれのつもりで使っていたんじゃないと思うけど。

|

2020/09/07

運転練習

ハンググライダーは天気が悪いと飛べないので、
昔は自動車教習中だという飛び仲間と、
暇つぶしに即席の自動車講習をやったこともある。
クローズドな空き地なんかいくらでもあったから。
Porsche550_185_1 
「コーナーには十分に減速して入って....、
曲がりはじめてから今度はしっかりとアクセルを踏む。
もっと思い切ってアクセル。ほら、よく曲がるでしょ」
FRで、下は未舗装だったからケツを滑らせながら(笑)。
「なるほど」と素直に納得する初心者は上達も早い。
教習所で怒られたと、あとで人づてに聞いたけど。

|

2020/08/07

軍用と民間用の違い

Poshback_076_1 
コマツのトーイングトラクターWT250。
航空J隊でも20tタグ(牽引車)として使っている。
20tag_001_1_1
色のほか、民間用との違いは、
いつもピッカピカに磨かれていること(笑)。

|

2020/07/23

印象角

6.1%の勾配で「ベタ踏み坂」と言われるのだから、
16%はけっこうな急勾配だなと思うけど、
角度にすると9度くらいだ。
16percent_216_1 
この道路標識の黒い三角は30度くらいで、
だいぶデフォルメして描かれている。
でも印象的には、確かにこのくらいの角度。

|

2020/07/09

「間違えた」は言い訳にならない

Sharkteeth_138_1 
昔、アメリカに飛行機の免許を取りにいったとき、
ついでなので自動車の免許も取った。
「簡単だよ」と言われてなめてかかっていたが、
筆記試験は合格ぎりぎりで冷汗をかいた。
答案を出しに行くと、その場で採点してくれて、
しかも間違ったところは追求された。
「すんません、日本ではこういう意味なので」とか、
口からでまかせの嘘いってごまかしたけど、
「アメリカではこういう意味だから気をつけてね」と。
アメリカの運転免許、あるといろいろ便利だったけど、
もう失効させちゃったからな~。
Ped_06_1 
日本の運転免許でもそうだけど、
筆記試験の合格点は100点ではなく、
いくつか間違えても合格できる。
これって、考えてみるとすごいことだなといつも思う。
いまもあちこちの国でレンタカーを運転するけど、
どういう意味かなと悩む交通標識はある。
いくつか間違えても免許は取れるんだからと思いつつ、
それを理由に違反を許してくれるわけではない。

|

2020/05/24

時差ボケ運転

海外で運転するときには、
その国の交通ルールや土地勘のなさだけでなく、
時差ボケであることにも注意する必要がある。
特に日本から着いたばかりの日には、
自分はボケているはずと、自覚するようにしている。
Drive_083_1 
特にしんどいのはアメリカ西海岸かな。
そこそこ近いのに2回の食事があって機内では睡眠不足。
日本時間の深夜に着いて、現地ではまだ午前。
夕方着のヨーロッパならホテルに直行してサボれるが、
午前着だとすぐにレンタカーを借りて目的地に向かう。
200~300kmも先だと、数時間はかかってしまう。
成田に帰国してそのまま名古屋まで運転とか思えば、
途中で眠くなっても不思議はない。
Jeep_319_1 
同行者がいる取材のときには、
「国際免許を取ってきてね」とお願いするけど、
「手数料高いから取らない」と言われたこともある(涙)。
かと思えば最初から当然のように運転席にまわって、
「俺が運転する」という頼もしい人も。
慣れているのかと思ったら、「初めてだ!」とか(冷汗)。
Mow_065_1 
大企業は海外での運転を禁ずることもあるようだけど
僕ら零細フリーランスは、そんなことも言ってられない。
「運転できる(自力で現地に行ける)」ということも、
写真の技術以前の前提になることもある。
よほどの先生なら運転手でもつけてくれる・・・のかな?
Spn_179_1 
ああ、ハーツが経営破綻とは。
安くはないけど、世界中どこにでもあって安心感があった。
旅行保険によっては、安いレンタカーは補償対象外だし。
再建してほしいけど、どうなるのかな。

|

より以前の記事一覧