2020/12/08

謎の道路標識

Sign_50_1
ま、道路じゃないですけどね。
だから、なおさら何だろうと思いますよね。
もちろん、僕は表側にまわってみた。なるほど~(ひみつ)。
Basketgoal_25_1
表側から見たところ(うそ)。

|

2020/12/05

素敵な道路標識

No_parking_790_1_1 
しみじみ、いいなあと思った。もっと増えてほしい。
異論は認める。

|

2020/11/25

愛車の写真がない

街中で見るバイクとかはときどき写真を撮るけど、
自分が乗っていたバイクや車はほぼ撮っていない。
Tls_mc_154 
中古車屋の息子だったから、車はほとんど売り物
ただしバイクは(弟からも借りたけど)自分用を買った。
階段を登りたいと思って大学の友人から買ったDT250
(結局、登れるようにはならなかった)の写真はないし、
盗まれてしまったRZ-RR改はかろうじて1枚あったけど、
エンジン以外はほぼ全とっかえで金をかけたNS400R
写真がない、ぜんぜん。
R1z_153a_1 
好きで買ったバイクばかりで愛情は注いだつもりだけど、
わざわざ車やバイクを撮るという発想がなかった。
ちゃんと撮ってやるかと思っても、まずは洗車か?(涙)

|

2020/11/15

あえて遅いチャリ

中学に入ってから貯金をスッカラカンにして、
初めて自分で自転車を買ってから、ずいぶん遠出をした。
吉祥寺~奥多摩湖往復100kmは何度も走ったし、
奥多摩有料道路をまわって150kmコースも数回。
日帰りだけど、コース標高差は1100m以上になった。
Bicycle_21_1_1 
※これは高校時代の百里遠征でよく借りてた貸自転車。
行程平均速度は、平地では20㎞/hくらいで計画した。
巡航30km/hくらいで、信号待ちとかあるとこのくらい。
横田や入間までがちょうど1時間だった。
ところが今は、メーター指示で平地巡航20km/h強。
行程としての平均速度はもっと遅くなるだろう。
小僧が通学用に使っていた21段変速の最速ギアで、
平坦地ではペダルを踏むリズムは大差ないと思うけど、
これがサイクリング車とMTBモドキの差か。
Bicycle_22_1_1 
※前カゴはホンダ純正のスーパーカブ用だよん(笑)。
一時はもっと軽くて速そうなチャリの購入も検討したけど、
たとえば毎日の買い物ついでの標準10kmコースを
時間短縮したり、軽く速く進めるような自転車では
肝心の運動量としては減ってしまうだろう。
ならば、適当に遅いチャリの方がいいってことかと、
とりあえずアルミフレームがヘタるまでは乗り続ける。

|

2020/10/24

The バス停

山陰地方で見たバス停
本数は少ないし、冬はたぶん雪に埋もれるので、
待合室があるのはありがたいはずだ。
曇りガラスではバスの接近が見えるか心配だけど、
いちいち停まって確認してくれるのかもしれない。
Busstop_276_1 
なにより、社名も廃した「バス」の表記が渋い。
調べたら戦前からある歴史ある会社で、
地元で「バス」といえば、そこしかありえないのかも。
そして、知人が勤めている会社でもあると気づいた。

|

2020/10/16

合宿教習

取材は旅ではないでしょと言われたこともあるが、
ある意味では普通の旅より楽しい。
Tractor_093_1 
ミッションを達成しなくてはならないという緊張感や、
限られた中でひねりだす自由時間の尊さ。
Fork_115_1 
なので、あいかわらず旅行パンフを眺めるような感じで、
建機の合宿教習とかを調べて夢をふくらませている。
テーマがあると、旅はより楽しくなる。
お土産を買わなくても、新しい資格が増える。
Crane_86_1 
でも最近は自動車の合宿教習とかも混んでいるそうだ。
建機も、本当に必要な人が四苦八苦しているのだろう。
僕みたいに遊び半分で席を奪うのはヤバそうだ。
Yumbo_588_1 
それでも、見るたびにやってみたいな~とは思う。
やってないから、「自分はうまいはず」とも思っている。

|

2020/10/01

フラッシャー自転車

最近のクルマでしばしば見かけるのは、
流れるように光るウインカー。
「うっ、ちょっと恥ずかしそう」と思ったのは僕だけ?
Hikari__2_1 
シーケンシャルウインカーとか言うらしいけど、
オッサン的には「フラッシャー」でしかない。
昔、子供用にそういう電飾自転車があった。
その頃に「カッチョいい」と憧れた人が作って、
憧れた人が乗っているのかなあと想像している。
幸い、僕のは電飾のない渋い自転車だったけど、
渋くても前照灯は左右に2つついていた時代(笑)。

|

2020/09/15

妄想される原因

Curvemirror_029_1 
前に沖縄で見た、片側が落ちていたカーブミラー。
下の方が腐食してボロボロに欠けている。
「中に水がたまっちゃったのだろうな」と想像したけど、
それだけでミラーが落ちてしまうだろうかとも考えた。
それから、台風とかで開いた穴から暴風が吹き込めば、
けっこう簡単に吹き飛びそうだなと。
Curvemirror_233_1 
歩きながら暇つぶしに考えただけだから、ただの妄想。

|

2020/09/09

CDGの2CV

スイスエアのDC-9-51に乗ったのは1983年のこと。
チューリッヒでのボーディングはケツからだった。
パリに着いたときはボーディングブリッジ。
実際のところ、そんなことは忘れていたのだけど、
パリに着いたときの写真が残っていた。
Cdg2cv_095_1 
DC-9の一族には、まださほど時代は感じない。
でも、手前に写っている車が2CVで渋すぎる。
おしゃれのつもりで使っていたんじゃないと思うけど。

|

2020/09/07

運転練習

ハンググライダーは天気が悪いと飛べないので、
昔は自動車教習中だという飛び仲間と、
暇つぶしに即席の自動車講習をやったこともある。
クローズドな空き地なんかいくらでもあったから。
Porsche550_185_1 
「コーナーには十分に減速して入って....、
曲がりはじめてから今度はしっかりとアクセルを踏む。
もっと思い切ってアクセル。ほら、よく曲がるでしょ」
FRで、下は未舗装だったからケツを滑らせながら(笑)。
「なるほど」と素直に納得する初心者は上達も早い。
教習所で怒られたと、あとで人づてに聞いたけど。

|

より以前の記事一覧