2023/01/25

冬バイクの防寒装備

大学を出た年にハンググライダーを始めた。
講習を受けたのは西富士の朝霧高原
東京からツーリング気分でバイクで出かけたりもした。
中央道を通って河口湖から西進。
晩秋には、都内とは比較にならない寒さで凍え死ぬかと。
もちろんネットの情報なんてなかった時代だ。
Bike_73_1 
コーナーを回って山の陰に入ると唐突に路面が凍結。
奇跡的にコケなかったけど、そのまま横滑りして
ガードレールとバイクで左足がサンドイッチに(痛)。
そんな教訓から、今は特別な防寒装備は用意していない。
普通の防寒装備でガマンできないほど寒い日には、
路面が危険なコンディションになるだろう。
要はヘタクソは乗ってはならないという判断だ。
とはいえ仕事で乗らなくてはならない人もいるだろう。
皆さま、お気をつけて。

|

2023/01/23

旧東海道七曲がり

Hakone_363a 
箱根新道が絡み合うあたり。
中央から右は箱根新道が上を通っているが、
ひとつカーブしたあとは下を通っている。
不思議とまでは言わないけど、
どういう勾配になっているのやら。

|

2023/01/13

どっちにハンドルを回す?

Lektro_088_1 
日本ではあまり見かけないトーイングカーだなと、
ちょっと調べたら第2運転席はオプション装備のようだ。
ステアリング系を2重装備するのは大変そうだけど、
ステアバイワイヤなら電線つなぐだけいいのかな。
Lektro_089_1 
トーイングのときのハンドルの回転方向は同じとしても、
体の向きは逆になるから操作としては....とか、
一瞬混乱した。

|

2023/01/05

セブンセブン

Squawk_77_1 
チャリンコにつけているサイクルコンピューター、
いろいろなモードはあるけれども、
僕はスピードと走行距離しか表示していない。
たまに「おっ」という数字だと「スコーク....」とか
つぶやいてみたり。
でも、電池がなくなるとゼロからリセットなんだよね。
これまで電池交換のたびに何回泣いたことか。

|

2022/12/27

南極観測隊で使われたKD601雪上車

Kd601_122_1 
転輪を見たら普通の戦車みたいで驚いた。
タイヤがついているかと思っていたのだ。
Kd601_125_1
一瞬、タイヤじゃ不具合あったのかなと思ったけど、
時代的にはこっちの方がSM-50Sよりもずっと古かった。

|

2022/12/21

HGU-33/Pなら持ってる

実は原付を自分で買ったことはないのだけど、
実家にあったり、知り合いの会社にあったりで、
常に乗れる環境にはあった。
でも乗らなくなったのはヘルメットが義務化されたから。
だったら自分のでかい方に乗るよって感じで。
Bike_59_1 
そのくらい意識低いですからね、
「努力義務」なんか無視とまでは言わないけど、
政治家が答弁で使う「努力」くらいの軽さですよ。

|

2022/11/21

動物代表

動物注意の交通標識に出てくる動物はさまざまだ
僕のイメージでは鹿が代表的だけど、
実際に鹿の飛び出しが多いのかどうかは知らない。
ただし運転しながらでも瞬間的にわかりやすい形だし、
ぶつかったらヤバいという警告にもなる。
そのあたりが選定の理由ではなかろうかと思っている。
Zoo_015_1 
まあ、動物園なら象も無難でしょうかね。

|

2022/11/19

ドイツ車の「魅力」

昔、西ドイツ(当時)の車が好きな自動車マニアに、
「日本車と違ってモデルチェンジをあまりしないのは、
長く大事に乗れる車だからです」とドヤ顔で力説された。
そのわりには新型がよくでているなあと思ったし、
西ドイツ(当時)に行けばやはり新型が目についた。
長く大事に乗るのはこだわりのあるマニアだけなのかも。
Merceds_339_1 
ようやく見た旧型のタテ目のモデル(当時)は、
アウトバーンでトロトロ走っていたから追い抜いた。
こちらはレンタカーの初代ダイハツ・シャレード(笑)。
やはり古くなると相応に苦しくなるんだなと思った。
Merceds_814_1 
その後、あまり「長く乗れる」とか聞かなくなった。
車作りの方向性が変わったというよりは、
宣伝の方針が変わっただけなのだろうと思っている。

|

2022/10/13

分別のない時代

Roadpal1982_009_1 
短パンやビーサンでバイクに乗るのは危ない。
でも文字通りの「原動機付自転車」みたいなヤツとか、
昔はノーヘルが普通だったし、ビーサンも普通だった。
あ、今はチャリでもヘルメット当然ですか、すんません。
Sgn_977_1 
バイクが大きくなっても、気分的にはその延長。
カブじゃなくても、ビーサンでギヤチェンジはできるし。
鼻緒のところをうまく当てて、たぶんみんなやっていた。
ただし短パンでコケるとマフラーの下敷きになって火傷。
たぶんみんなやっていた....かな。
Rg400_0377_1 
女の子がスカートでバイクに乗るのも危ない。
自分で運転しなくても、タンデムのリアシートでも。
だから彼女にそんな服装で「乗せて」と言われても、
毅然として「危ないからダメ」と言わなくてはならない。
「渋滞だから、タクシーでも間に合わない」と泣かれても、
「危ないから遅刻しろ」と言わなくてはならない。
まあ、分別があれば、ってことですけどね。

20世紀って、分別のない時代だったよね(笑)。

|

2022/10/02

そして泥よけ

僕はチャリンコには泥よけが必須と考えている。
破損部品がメーカー在庫なしとのことだったので、
別の通販サイトにオーダーしても駄目だろうなと。
だが破損パーツのみではなく泥よけ一式は売っていた。
仕方ねえなあとアマゾンでオーダーした。
Maint_771_1 
それが届く前に、メーカー直販でパーツのみを発見。
早まったな。メーカー在庫なしって何だったんだよ。
まあ、先に買った泥よけ一式は次期チャリ用に保管かな。
最近は、泥よけなしで売ってるチャリが多いけど、
みんな雨の日にはチャリに乗らないのだろうか。
Skin_212_1 
さらに、ちぎれたパーツを眺めながら、
「これって接着したら使えるのでは?」と思いついた。
うまく説明できないけど、接着面は強度を持つのではなく、
パーツがガタつかないように固定できればよさそうだ。
さらにクサビっぽくシムを追加すればいけそうな予感。
・・・・
結果、あっさり駄目だったけど(爆)、
こういう失敗経験の蓄積は大事だよね。

|

より以前の記事一覧