2020/12/31

新しい景色

P3c_170_1 
那覇の新滑走路を結ぶJ1誘導路のP-3C。
ターミナルビルの展望デッキから。
今さらだけど、今年の新しい景色ということで。

よいお年をお迎えください。

|

2020/12/20

旧広島空港

Hiroshima_002_1 
ポジフィルムはマウントしていたので、
バラバラになるといつ、どこで撮ったのかもわからない。
これは雰囲気的に旧広島空港の離陸だろうと思ったけど、
景色がずいぶん変わっていて自信をなくした。
自動車試験場だか教習所だか、今はないでしょ。
Hiroshima_003_1 
たぶん同じときに撮ったらしい写真を発掘して、
どうやらこれは似島だからやっぱり広島空港だなと確信。
ちなみに、乗っているのは翼の形からして767だから
広島西飛行場になってからの写真ではない。
Crj_283_1 
これは3年前に、ジェイエアのさよならCRJフライト。
着陸はできないけど旧滑走路上空をローパス。
よく、こんな粋なフライトを許可してくれたものだ。
Hiroshima_001_1 
ターミナルビルの写真もあった。
これも広島かどうか自信がなかったのだけど、
広島ヘリポートになった今も同じような雰囲気。

|

2020/12/19

久米島空港

Kumejima_025_1 
久米島空港では、エプロン側とターミナル側の地面に
1フロア分の段差がある。
写真は滑走路側からの景色で、1Fに見える部分はB1F。
両側の白い「壁」の上がターミナル側の地面の高さになる。
チェックインは1Fにあって、上下移動なしにPBB搭乗口へ。
ただし主たる就航機種のDHC-8はPBBを使えない。
だからPBBの先端からタラップでさらに降りたりする
Kumejima_1 
PBBを使うジェット機を念頭に欲張ったかなと思ったけど、
80年代の旧ターミナルの写真が出てきて驚いた。
平屋だった旧ターミナルも1フロア分高かったのである。
当時就航していたのはPBBを使わないYS-11だったかと。
地面を掘ったり盛ったりする費用だとか、
津波・高波対策だとか、いろいろ考えた結果なのかな。
昔はハングの大会でよく行った。いい思い出しかない。

|

2020/12/13

ジャンボ用洗浄機

Airplane_wash_200_1 
成田空港にあった航空機自動洗浄装置。
海上自衛隊海上保安庁のような塩害防止ではなく
いわば洗車機の旅客機バージョン。もうないけど。
そろそろ、大掃除の季節ですか?

|

2020/11/10

さらばテーゲル

COVID-19の影響で退役する旅客機やら
運航を停止する航空会社があるなかで、
閉鎖されてしまった空港もある。
ベルリンのテーゲル国際空港。
Txl_323_1 
たまたま、このタイミングで新空港に移転しただけで、
COVID-19の影響ってわけではないけど。
実は、空港から出たことがないどころか、
機内から出たこともない(苦笑)。

|

2020/11/07

自己主張の強いPAR

Par_094_1_1 
最初に見たときはギョっとした赤白の丸いレドーム。
また何か知らない装置でも開発されたのかと。
那覇でも滑走路ごとにあって、ああPARかと。
GCAで使うレーダーですね。
Par_937_1 
以前のPARだと、画面に写り込んでも
あまり気になることはなかったのだけど、
新型はアドバルーンみたいでかなり目立つ。
まあ、目立つように塗らないといけないにしても。

|

2020/10/21

続・管制塔ライトアップ

取材を終えてターミナルの外に出たときに、
「あっ」と思った。管制塔のライトアップ
Hndtwr_928_1_1 
たまたま回廊のライトをつけているだけかなと思ったが、
数日後の早朝に見たときも同じだった。
やっぱりライトアップすることにしたのかなと思ったら、
さらに数日後に見たときにはいつものように暗くしていた。

|

2020/10/20

そそられる道路

海外には滑走路として使える直線道路があったりする。
有名どころではシンガポール・チャンギ空港につながる
イーストコーストパークウェイがそうだった。
でも、せっかく道路から離着陸するなら、
もうちょっと「道路っぽい」ところの方ががいいよね。
Mmb_052_1 
アップダウンがそそられる。離陸も着陸も腕の見せどころ。

|

2020/09/23

羽田のA380用PBB

T3hnd_010c_1 
羽田は原則としてA380を受け入れていないけど、
アッパーデッキ直結のPBBを含めて準備は整えている。
これは10年前、国際線ターミナルの供用開始直前に
適合性試験のために飛来したときに撮影したものだ。
T1nrt1_003_1 
成田のA380用PBB(左端)との目立つ違いはタイヤの数。
羽田のアッパーデッキ用は2セットのタイヤで支えているが、
成田のは普通(下写真の黄色矢印)と同じく1セットで支える。
「1セットでも大丈夫なのか」と思ったら、
安定させるためのアウトリガー(赤矢印)がついていた。
T1nrt1_003b_1 
で、今年に入ってから撮った羽田のPBBを見ると、
アウトリガーが追加されていた。
試験飛来のときにはついていなかったから、
そこで「揺れるな」ということになったのかもしれない。
なにしろアッパーデッキ用はかなり高さがあるのだ。
T3hnd_0111_1 
せっかくここまでの施設ができているのに、
受け入れる気を起こさないまま世界のA380激減(涙)。

|

2020/09/16

羽田新整備場駅前

Ja009d_98_1_1 
ああ、昔の写真だなあと思ったのは、
グルグルセブンなのは当たりまえすぎるけど、
フェンスがまだ一重であること。
今の新整備場のフェンスは、えげつないですぜ。

|

より以前の記事一覧