2022/05/12

暇つぶしにどうぞ

Ctr_0014_1 
空港の写真とか見ると、どこだか気になってしまう。
セントレアは、もう特定するまでもなく明らかだけど、
飛行機の少なさから見てコロナ以降ですね。
Haneda2003_409_1 
これも管制塔からすぐに羽田とわかる。
ただし、2タミがまだ工事中だからいつ頃ですかね。
Shinosaka_033_1 
空港ではないけど、飛行機からいつも見える景色。
伊丹空港へのアプローチ途中の新大阪駅。
Rw28_96_1 
「簡単すぎる」という人に、暇つぶしのネタを。
国内空港です。

|

2022/05/11

長崎空港はワイヤーフェンス

仕事はだいたい空港で完結してしまうので、
市内まで出る機会は意外に少ない。
長崎市内は、なんと10年ぶりだった(たぶん)。
Ngs224_001_1 
平和公園とかグラバー園とかにも行ったことはない。
今回は仕事のあと時間がありそうだったので、
「よっしゃあ、ついに行ってみるか」と思って、
空港に置いてあった観光地図をもらっておいたけど、
重いカメラバッグを持って観光なんか楽しいはずがない。
仕事のあとは、サッサと空港行きのバスに乗っていた。
Ngs224_002_1 
長崎空港もコロナ禍のあとでは初めてなのだが、
なんと展望デッキがワイヤーフェンスに変わっていた。
2019年からのようだけど、これはすごくうれしい。
空港会社さん、ありがとう。
喫煙所が減ったのは、個人的にはちょっと悲しいけど。
Ngs224_003_1 
ORCもATR導入を発表しているから、
ダッシュ8のリタイアも、そろそろ秒読みだろうし、
福岡よりは長崎の方がずっと撮りやすくて景色もいい。
そもそも本拠地で撮るのが、いちばん「らしい」よね。
Ngs224_004_1 
まだ行ったことがない人は、
せっかくなのでダッシュ8にも乗っておきたいですね。

|

2022/04/17

渡れないことはない、のか?

ほぼ1年ぶりに宮崎で仕事。
空港でまた2時間ばかり自由時間を確保できたので、
去年見落としてしまった掩体壕を探しに行った。
くわしい場所は調べなかったけど、
ランウェイエンド近くまで行けばわかるだろう。
Akae_001_1 
見えるには見えたが、川の向こう側だ。う~む。
実はここに来るまでにも川に阻まれて、
大回りをしながらやっとたどり着いたのだ。
さらに大回りをしても、まあ、しょせんは掩体壕。
Akae_003_1 
それより、このへんは飛行機撮影にも悪くない。
70-200mm(APS)しか使わなかったけど、
飛行機が近いし、金網がまったく邪魔にならない。
晴れたら逆光だろうけど、とても気持ちがいいのだ。
Akae_002_1 
え?川の向こう側に散歩している人がいる。
しかも僕が無理かなと引き返した側から歩いてきた。
渡れないと思っていた橋は、渡れたのかな?
滑走路への進入灯を設置するだけの橋のようだったが。
Akae_004_1 
犬の散歩に来ていたご婦人二人連れに、
「あの橋は渡れるのでしょうか?」と聞いたら、
「渡れないのよ。う~んと大回りするしかないの」と。
やはり僕の歩いた道で正解だったみたいだけど、
お二人は「ちょっと危ないよね」「うん」とか話している。
危ない思いをすれば渡れるってこと?(笑)

※ちなみに空港から歩いて最初に川に突き当たったら、
川に沿って右に歩いていくと「渡れる橋」があるようだ。
ターミナルからちんたら歩いて15分ほど。

|

2022/04/09

非常用ターミナルレーダー装置

Nrt_asr_581_1a 
ターミナル管制用の空港監視レーダーは、
故障や整備に備えて2基ある空港が多い。
Jjp320nrt_280_1a 
成田空港の場合は、T1展望デッキから見て
滑走路の向こう側にあるのが第1レーダーで、
貨物地区のあたりに立っているのが第2レーダーだ。
Emer_psr_867_1 
16Rの接地帯近くにもうひとつ見えたのは、
災害時などにあちこちに展開できる
可搬式の非常用ターミナルレーダーかなと思ったけど、
台座が立派すぎるのが気になる(どうやって上げる?)。
本気の交換工事かなとも思ったけど、上にSSRがない。
なんでしょうね。
Hnd_psr_259_1 
羽田の場合は、C滑走路横が定位置みたい。
たまに訓練か点検かで引っ張りだしている。
福岡にもあるらしいのだけど、見たことない。

|

2022/04/04

低い電柱

R367_001_1 
県道沿いの、このあたりの電柱はかなり低い。
R367_002_1 
なるほど~。
よく見ると、上の写真の電柱の背後に進入灯がある。

|

2022/03/30

続・エプロン照明灯

Apron_light_133_1 
エプロン照明灯、実際に下げているところを
見る機会は意外に少ない。
Apron_light_134_1 
これは、何かのときにガラスごしで見えたもの。 
後ろのJAL機を見ても、かなり昔とわかる。
Maint_9294_1 
灯器自体を下げれば交換作業とかは簡単だろうけど、
たまには上の部分のメンテナンスや修理も必要だろう。
その場合は、やはりけっこう大変そうだ。

|

2022/03/17

ゲートに入る誘導路のライン

Txway_ctr_001_1 
初めて747のSIMを操縦させてもらったとき、
曲がる先の誘導路中心線が真横に見えたら
ステアリングチラーを回しはじめろと言われた。
Txway_ctr_002_1 
747のコクピットは機首先端よりだいぶ後ろにあるから、
普通の旅客機ならもっと先まで行ってからだろう。
Txway_ctr_003_1 
曲がった先の誘導路中心線は見ていたけど、
曲がっている途中の中心線はあまり意識しなかった。
実際にノーズタイヤの位置はだいぶズレるのが普通だ。
Txway_ctr_004_1 
それでも最後にちゃんと帳尻があえば問題ない。
では、なぜスポットに入る中心線のラインは、
こういう曲線にしたのだろう。
プッシュバック時のトーイングカーの参考かな。

|

2022/02/08

続々・3本管制塔

Nrttwrs_005_1 
一時3本の「管制塔」が林立していた成田だが、
新ランプタワー(手前)が完成したあと、
旧ランプタワー(中央)はすっかり取り壊された。
Nrttwrs_006_1 
これで一段落ではなく、数年後にはまた3本になって、
それからまた2本になる。
C滑走路に備えて新しい管制塔が建てられるからだ。
で、また賞味期限切れの写真が増えるわけですな。

|

2022/01/24

沿岸空港

トンガの火山噴火のあと、津波に備えて
いくつかの沿岸空港のフライトは欠航となった。
これは奄美空港だけど、
普段でも波が高いときにはしぶきがかかりそうだ。
Amami_807_1 
それで欠航したり、
ゴーアラウンドすることがあるのかは知らない。

 

|

2022/01/07

先頭を走るくまモン

Kumamon_926_1 
「先頭はこちらです」というドーリーを曳いている。
スポンサーのつかないレーシングチームとかの、
スカスカのボディに書いてみたいセリフだ。
Kumamon_927_1 
周回遅れに追いついたところ。
実はビリの可能性もある。

|

より以前の記事一覧