2023/01/10

夢の三胴ヘリコプター

Mi6_024_1 
Mi-6は完成当時に量産ヘリとしては世界最大だった。
「もっとでかいのが欲しい」と作られた試作Mi-12は、
Mi-6の動力部を左右の翼端にそれぞれ装備した。
Mi12_004_1 
せっかくだから動力部などとケチなことは言わずに、
Mi-6を2機まるごと翼端にブラ下げたらカッコよかった。

|

2022/12/15

そろそろ厨二病

787は人間でいえば13歳になって、
日本ならば来年4月には中学2年生になるわけだ。
Za001_077_1 
※初飛行後の記者会見@ボーイングフィールド。
フライトオブドリームスでお誕生日会とかやるのかな。

|

2022/12/04

MU-2初号機再訪

Mu2nsm_001 
MU-2の初号機は新潟自然科学館に展示されている。
以前は父子で閉館時間間際に駆け足で見ただけ。
今回はもう少しじっくりと眺めることができた。
Mu2nsm_002 
吊り下げ式エンジンを翼マウントに改造した、
そういう痕跡とか残っていないかなあとか。
Mu2nsm_003 
痕跡はわからなかったけど、こんな形だったのか。
MU-2はさんざん見たつもりだけど、
じっくり眺めたことなかったなと、あらためて。

|

2022/07/31

ラテコエール225

カナードの水上機は日本でも黒歴史のひとつになったが、
実際に飛んだ例がないわけではない。
Latecoere225_001_1 
1985年のパリ航空ショーで見たラテコエール225。
単座の水陸両用ウルトラライト機だ。
下はそばにあったパネルの複写。著作権は撮影者にある。
初飛行は1984年7月18日だったそうだ。
Latecoere225_002_1 
もちろんモノにはならなかったけど、
どんな風に悪かったのか聞いてみたい。
想像はついても、実際に飛ばした人の声は貴重だ。

|

2022/07/04

改装後のフライト・オブ・ドリームス

Za001_082_1 
3月に撮影したものだから近況でもないけど、
改装されたあとのフライト・オブ・ドリームス。
セントレアにある787初号機、ZA001展示施設だ。
Za001_081_1 
改装前と比べると、とても明るくなっている。
プロジェクションマッピングはなくなったけど、
飛行機はより見やすくなっている。
Za001_083_1 
ランディングギアも、以前から近くで観察はできたけど、
改装後はさらにライトアップまでされて、
格納部のディテールまでが見えやすくなった。
Za001_084_1 
「なんてことを」と目くじらをたてそうなアホと、
それを見て大笑いするアホが目に浮かぶようだ(笑)。
普通の人は意味わからなくていいくらいアホな話だけど。

|

2022/04/05

ファルコン・ミサイル

Agm76a_103_1_1 
マッハ3のF-108、そしてYF-12A用に開発された
AIM-47空対空ミサイルをベースに、
空対地ミサイルとして開発されたAGM-76A。
ちなみにAIM-47は評判の悪いAIM-4がベース。
すべて愛称が「ファルコン」なの、やめてほしいな。
Agm76a_104_1_1 
これは空力試験用のモデルで、
全体にびっしりと気流糸がつけられている。
しかし、ごつい気流糸だ。
気流を見るというより乱すのが目的か(苦笑)。

|

2022/03/14

ライン川の乙女

Rheintochter_r1_854_1 
大アスペクト比の木製フィンが美しいライントホターR1。
ナチス・ドイツが開発していた地対空ミサイルだ。
トホターは英語ならドーター(daughter=娘)だが、
ラインの「娘」ではなく「乙女」と訳されることが多い。
ミサイルに、なんて美しい名前をつけたんでしょうね。
Rheintochter_r1_471_1 
以前、雪女に殺されるのはロマンチックとか書いたけど、
ラインの乙女に殺されるのはどうスかね(いやだ)。

|

2022/02/17

レアベアはNASM入りするのか

Iwashita_c_202_1 
1969年にレシプロ機の世界速度記録を樹立した
コンクエストIはスミソニアン(NASM)入りしている。
その後、記録はレッドバロンに破られたが、すぐに墜落。
さらにレアベアが記録更新をして、いまはブードゥー?
Rarebear_206_1 
レアベアは一時レースでも常勝の強さだった。
NASM入りする価値はありそうだけど、どうだろ。
いちいちの記録更新機を収蔵するのもどうかなと思うし、
コンクエストIの価値は世界記録を樹立しただけでなく、
ナチスドイツのMe209V-1が31年保持してきた記録を、
ついにアメリカ人の手で塗り替えたことにもありそうだ。
そのあたりは、後続の記録機にはないストーリー。
あとは、オーナーがくれるかどうかだろうね(笑)。

|

2022/01/22

1/200 STOL実験機「飛鳥」のレストア

航技研で大学の卒業研究をしていたときには、まだ
ファンジェットSTOLに「飛鳥」という名前はなかった。
初飛行したのは大学を卒業した何年か後のこと。
実機のフライトを取材する機会はついになかったけど、
それなりに愛着のある飛行機ではある。
Gifu1983_029_1 
ビッグワンガムのオマケにはあったそうだけど、
ちゃんとしたプラモデルは発売されなかった。
C-1からの改造も考えたけど、もちろん僕には無理だ。
1/200のレジン製完成モデルは発売されたけど、
ちょっと高いかなと悩んでいるうちに絶版となり、
なかなか市場にも出回らない。
200asuka_001_1 
後にようやく入手できた中古品は、あちこち破損していた。
そのぶん安かったし、「このくらい簡単に直せるだろ」と
甘くみていたけど、いざ手をつけてみると大変だった。
特に「複雑骨折」していた標準ピトー管は厄介だ。
まっすぐじゃないとみっともないけど、
破断面がバサバサで瞬間接着剤でもうまくつかない。
200asuka_003_1 
よく話に聞く「真鍮線で補強」というのを試してみるか。
しかし、細いピトー管の中心に穴なんか開けられるのか?
そのための極細ピンバイスとかも新調したけど、
最大の問題は手先が不器用だってことだろう。
200asuka_002_1 
苦節(というか放置)何年かで、唐突に本作業に着手。
あれこれの準備が奏功して、わりとあっさりとできた。
細かく見れば「不器用でごめんなさい」という出来だが、
手間をかけただけ愛着も増した。

|

2021/06/21

夏至2021

Solair1_959_1 
ソーラーパワーがいっぱい、、、梅雨で なければ。

|

より以前の記事一覧