2017/11/07

LAXのUA747

Ua747100_001
十代の頃、初めてLAXの外周で旅客機を撮っていたら
そばにいたゲートの警備員に
「そこで写真を撮るには許可を必要だ」と言われた。
「許可はどこで取るのですか」と聞いて、
たぶんどこかの事務所に行って下手な英語で交渉した。
Ua747100_002
何か許可証みたいなものをくれるかと思ったけど、
たぶん面倒だから口頭で「いいよ」とか言われたのかな。
なにぶん40年も前の話だから記憶が定かではない。
それからまたさっきのところに引き返して、
ゲートの警備員に「いいって言われた」とか言ったのかな。
Ua747100_003
その後、何度もLAXの外周で撮影しているけど、
放っておかれるか、蹴散らされるかのどちらかであって、
許可を取ってこいとか言われたことはない。
でも、初の海外での度胸づけにはなったかと思う。

で、今日でいよいよUAの747も退役

|

2017/10/22

灯油をブチまける

Over_flow_012_1_1
<思わず「あらら」と言いたくなる>
スキャンしたら出てきた1974年ごろ?の羽田空港の光景。
サージタンクから、さらにあふれ出たかな。
下に置いたバケツの無力感がすごいが、気持ちはわかる。
APUのエアインテークが開いているように見えるから
まだ運転中なのかもしれない。
まあ、ガソリンほど引火の危険性はないとはいえ。


|

2017/10/11

古くない写真なのに

7月の沖縄では、まだRACのDHC8-100が飛んでいた。
定期便から外れて半年たつけど、予備機として活躍。
ちょっと得したような、損したような気持ち。
Q100ueo_022_1
「バードストライクのイメージ写真」として使えそうだけど、
実際には「古い!」とか言われて、もう使えない。

|

2017/10/06

JA8712

Ja8712_101_1
熊本空港のYS-11、撤去らしい。
崇城大学の教材機としてよく手入れされていたから
内部もとてもきれいに維持されていた。
カーテンのついた窓だとか、
初期の面影をよく残している機体だったのだけど。
Ja8712_102_1
10月14日の空の日イベントが最後の公開だそうです。
解体しちゃうらしいけど、詳細は知らない。

そういえば航空局のYS-11飛行検査機、
取材で乗せてもらったことがあったはずと調べたけど、
JA8720で別の機体だった。

|

2017/09/20

これも撮っておこうね

なにやら退役予告みたいな話が何度も出てきて寂しいが、
ルフトハンザのA340もA350XWBと交代していく。
まだ試験飛行中にトゥールーズで取材したとき
広報が「きれいな飛行機だろ」というのに
しみじみうなずいてしまったのも、今は昔。
A340lh_015_1
なんだか、妙にアウェイ感のある写真だ。

|

2017/07/05

色つきガラスごしの747

Ua747_909_1
たぶんバスの中から撮ったUAの747。
少しでも反射を消そうという努力すら感じられないのは
どうせ色つきガラスごしでは仕方ないと思ったからだろう。
20年もたてばデジタルで簡単に色補正できるとか
想像もしていなかったものね。

でも、この無造作な感じは、
当時の成田の日常を切り取った感じで嫌いじゃない。

|

2017/03/27

DC-8-70の顔

Ua_dc8_73_1_1
日本ではおなじみだったDC-8だから
この写真を見て「えっ?」と驚いた人もいるかもしれない。
60シリーズのエンジンをCFM56に換装した70シリーズ。
エンジンだけでなく、顔つきまで変わっていた・・・って、
撮った本人が今さら驚いていてどうする(冷汗)。

このUA機が僕が乗った最後のDC-8、だったはず。

|

2017/02/15

スーパーコンステレーション

Vh_eag_1_1
20年ほど前にシドニー近郊で見たスーパーコニー。
そういや、まだ置いてあるのだろうかと
グーグルアースでチェックしたけど、なくなっている。
さらに調べたら、別の空港をベースに活動中。
・・・飛べたのか。

|

2017/01/25

ペリスのスカイダイビング母機

カリフォルニア州ペリスはスカイダイビングのメッカで、
1983年に飛行機を見に行ったらDC-3が整備中だった。
スカイダイビング用の母機として使われているポンコツだ。
その数年後にまさか、ここで訓練を受けることになるとは。
Perris_002_1_1_2
ハンググライダーには緊急用のパラシュートがあるし、
飛行機でアクロをするときにもパラシュートを装着する。
ただし緊急用だから実際に開いてみたことはない。
だからイザというときに焦ることがないようにと
飛行機の操縦訓練の合間に通ってみようかと。
アメリカではスカイダイビングも日本よりずっと安いのだ。
Perris_001_1_1
とりあえず説明と様子見のつもりで訪ねてみたのだが、
「いま座学がはじまるところ」と急かされて、そのまま入学。
初日はまずみっちりと座学を受けなくてはならない。
朝から夕方までの英語の講義は苦痛だったけど、
そのあと「さあ、跳ぶぞ」といわれたときにはビビッた。
座学だけと思っていたから、心の準備ができていなかった。
Perris_003_1_1
どうせならばDC-3に乗りたかったけど、いなかった。
でもかわりに用意されていたのはC90キングエア。
これ、日本で借りたら1時間何十万円かかるのやら。
しかも与圧機のくせにドア外してあってびっくり。
こんな高級な飛行機、ボロボロにしやがってと思ったけど
そこからジャンプできるというのもちょっとうれしく。
Perris_004_1_1
2回目以降のジャンプではツインオッターを使った。
ADFの受信するラジオ局がバナナボートを流していて
でもやっぱりDC-3に乗りたかったなーと思った。

|

2016/12/13

将来の楽しみに撮るんじゃない

Dc9tda_003_1_1
<レッド&グリーンだった時代のTDAのDC-9-41>
そりゃあ、今なら「なつかしいねー」とは思うが
そんな40年後の楽しみのために写真を撮るわけではない。
Cx777old_94_1
<だから、やはり旧塗装だとがっくりくる>

|

より以前の記事一覧