2019/04/30

グスタフの脚

Me109は着陸の難しい飛行機だったそうだ。
確かに車輪の幅が狭くてひっくり返りやすそうだ・・・
というのは、たぶんちょっと違う。
Me109_007_1
同じくトレッドの小さいスピットファイアの経験者
「幅が狭いからむずかしいんでしょ」と聞いたら、
「翼を水平にすればいいんだから」とあっさり。
確かにトレッドの小さな機体は他にもいくらでもあるし。
ただMe109の場合、脚とタイヤの角度がクセモノで、
接地したあとの癖が悪そうだ。

|

2019/04/22

貯金100万円

独立したての頃には貯金する余裕なんてなかった。
撮影機材やワープロ、留守番電話(高かった)とか、
揃えなくてはならないものが多かったからだ。
もちろん取材に行くにも金がかかる
だから「フリーなら貯金100万円くらいないと」と言われ
「あるわけないよな」と同業者にボヤいたときに、
「俺はあるよ」と言われたときにはショックだった。
Vulcan_021_1
確かに、舞い込んだチャンスをつかむためには
そのくらいの金が必要になることはある。
「取材を許可します。3日後にテキサスへ」と言われて、
「行く金がありません」では相手にされない。
よほど才能に恵まれた人ならば援助もされようが、
借金したところで若いフリーには返せるアテもないし、
僕ら凡人は自腹でチャンスをつかむしかない。
以来、「貯金100万円」はひとつの目安になった。
Mia77_022_1_1
この金額の妥当性については、正直わからん。
新車ならば軽自動車すら買えない
金額。
貯めるのは大変でも、消えるのはあっという間の金額。
でもキリがいいし、「余裕」としてはそこそこ心強い。
運転資金とは別に、チャンスをつかむための虎の子。
Race_092_1
フトコロの潤沢な人なら鼻で笑うような話だろうが、
だからこそ、なければそういう連中とは勝負もできない。
昔の僕には、やはり「貯金100万円」とアドバイスする。

|

2019/03/27

空飛ぶバナナといえば

Banana_797_1
まず思い浮かぶのはH-21ヘリコプター
黄色くもないのに、バナナと納得できる。
それは、なかなかすごいことだと思う。
Banana_021_1
ヒューズエアウエストのDC-9-10。
これは黄色いからバナナ。とてもわかりやすい。
Banana_251_1
黄色くても、誰もバナナと呼ばないFDAイエロー。
せめて今日からでも「空飛ぶバナナ」と呼びますかね。
本当は北九州のプロモーションで使えばよかったけど、
それは銀河鉄道のイメージでパープルになってしまった。
Banana_009_1
ちなみに、これが移設前のバナナ叩き売り発祥の地の碑

|

2019/03/05

ダックエッググリーン

たぶん多くのオッサンがそうではないかと思うけど
僕がダックエッググリーンという色を知ったのは
子供の頃に英軍機のプラモデルを作ったときだった。
塗装指示を見て、「どんな色なんだよ、これ?」と思った。
Dackegg_green_09a_1
しっちゅう出てくる色だから、すぐに馴染んだけれども、
「そういえばアヒルのタマゴって本当はどんな色なんだ?」と、
この歳になって初めて疑問に思って検索。
いろいろな写真がヒットしたけど、
本当にグリーンっぽいのもあって驚いた。
「ダックエッググリーンか?」といえば、うなってしまうけど。

|

2019/01/04

飛ばすだけなら簡単

アメリカでレプリカ零戦を飛ばしたことがあるパイロットに
「どうだった?」と聞いたら、「え?まあ、普通」と。
なんだよそれ、と拍子抜けしたけど、そうだろうね。
ちなみに整備後の試験飛行を頼まれたとのことで、
特に零戦を飛ばすための訓練なんか受けなかったそうだ。
Zero_012_1_1
その男はスホーイSu-27も飛ばした経験があった。
アメリカに輸入されたNレジの機体。
「やっぱ、むずかしいの?」と聞いたら、また「え?」と。
「戦闘機って、飛ばすだけなら簡単なんだよ」
まあ、そうだろうね。
空中戦に勝つむずかしさと、操縦のむずかしさは別の話。
Snj_77_1
POFの零戦を限られたパイロットしか操縦できないのは、
それがむずかしいからではなくて、貴重な機体だから。
だから、その他のレプリカ零戦なら敷居はぐっと下がる。
テキサンを20~30時間も飛ばせば、問題ないはず。
あのへんのクソ生意気な若造どもなら楽勝でこなすだろう。
昔だって、そういう若造どもが飛ばしていたのだし。

|

2018/12/08

隼と飛燕の面影

Fa200_002_1
スバル、というより富士重工は、
「隼」戦闘機などを作った中島飛行機の流れをくむ。
戦後に作られたFA-200のラインには面影も感じられる。
設計陣の顔ぶれは変わっても、
こうして会社のDNAが受け継がれているのかなと思う。
Kal2_049_1_1
ところが川崎重工、というか川崎航空機が、
戦後になって作ったKAL-2には、
「飛燕」など戦争中の飛行機の面影が感じられない。
そのあまりの垢抜けなさに、驚いてしまうほどだ。
こうしてみると、会社のDNAとかもアテにならない。
Fa300_710_1
富士も、米ロックウェルと共同開発のFA-300になると
「う~む、どっちの血が濃いんだろね」という感じで悩む。

|

2018/12/01

空飛ぶヒッピー

H111hippie_112_1
LAK-16よりも早い時代のH-111ヒッピー>
初飛行は1974年というから、
命名としてはちょいと時代遅れだったかもしれない。
ゲバゲバ90分ですら、1971年に終わっている
・・・って、それがヒッピーのイメージかい(苦笑)。
空虚重量50kgでフットランチ可能というけど、
崖みたいな斜面で補助輪でもないと厳しそう。

|

2018/11/16

ドアを開けて機動飛行

Ka26asahi_001
以前紹介した写真と同じときに撮ったKa-26。
農薬散布に使われるくらいだから、低空機動もお得意。
でも、なによりいいなと思ったのは、
パイロットがドアを開けたままで飛んでいること。
ヘリコプターだからキャビンドアなら開けても珍しくない。
でもコクピットのドアを開けて飛ぶのはあまり見ない。
たぶん暑かったからだと思うけど、気持ちよさそう。
Ka26asahi_002
ちなみに、ソ連製のヘリ(80年代だからロシア製じゃない)は
飛行機と同じく左席が機長席、なぜか。

|

2018/10/26

MiG-29よりも高い

OV-10ブロンコは、昔から欲しかった飛行機だ。
ダンデム複座はカッコいいし、後部胴体に荷物も入る。
何なら友だちを押し込んで宴会させておくこともできるし、
後部のコーンを外せば素敵なカメラ機になる。
速度レンジはそこそこ広いし、不整地運用も可能。
そのうちに捨て値になるかな~と半分本気だったけど、
まだすんごく高い。このまえ見た中古機は、5.6億円(驚)。
価格応談と書かれていたけど、新品のキングエアより高い。
あるいはNレジのMiG-29なら5.2億円で出ているのに。
Ov10_005_1
学生時代にモノクロで撮ったブロンコとスタリオン、
まるでベトナムの前線飛行場みたいな雰囲気だけど、
右に写っている昭和なミニサイクルが木更津仕様(笑)。
まあ、これはこれで80年代っぽくて風情かも。

|

2018/10/23

双尾翼のビーバー

第一印象では、DHC-2ビーバーかと思った。しかし、、、
Mh1521_78_1_1
あえて見づらくトリミングしたが、双垂直尾翼だった。
発音は自信がないが、マックスオルストMH1521。
DHC-2ビーバーよりも数年後に作られて、
デ・ハビランド・カナダは「フランスのビーバー」と呼んだとか。

|

より以前の記事一覧