2022/08/04

たかが「揚力」の読み方

F16_529_1 
「揚力」なんて漢字、普通は読みを間違ってもかまわん。
しかし僕が「揚力」を「あげりょく」とか読んだとしたら、
それで職業人としては終わりだろう。
そんなヤツが飛行機の記事なんか作るなよと。
Su26_91_1 
「たいも」云々(でんでん)も、そのレベルだろう。
小学生くらいならば、許される。
中学生は、僕はそこまでなめてはいない。
職業人なら、せっせと弁護してくれる人がいたとしても、
「やめて、恥ずかしいから」とお願いするレベル。
まあ、恥ずかしくないんだろうけど。

|

2022/07/12

MowとMooとMu

草ボウボウで標識が見えないッス。
梅雨が早く終わっちゃったのと関係あるのかな。
草刈り(mow)にもスケジュールがあるだろうから。
Mow_021_1 
ちなみに牛の鳴き声は「moo」で、ムー大陸は「Mu」。

|

2022/07/01

和製英語ですらなかった

ファントムを撮ったわけではないけど、
ファントムいないとつまらん写真。
こういうの、名脇役っていうの?(たぶん違う)
Flightline_219_1 
そういえば昔、「バイプレイヤー」という言葉を聞いて
「なにそれ?」と思ったけど、実は和製英語どころか、
ただのドラマのタイトルだったと知ったのはつい最近。
知らないうちに変な言葉ができて、
定着する前に(したの?)消えていった。
振り回されなくてよかったな、というのが感想。

|

2022/06/15

世代ごとに共有するイメージ

昔、Gメン75というドラマがあって、
観ていなかった僕でも滑走路を歩くシーンは知っていた。
撮影のときに「Gメンみたいに」といえば、
被写体となる人にもだいたいイメージが伝わった。
いまは、ほぼ通じないですね。
Umbrella404 
「人間モドキみたい」というイメージも、
還暦以上の人にはかなり共有されていそうだけど、
若い人には「ゲロみたい」という方が手っ取り早い。
ゲロは、世代を越えたリアルですね。

|

2022/05/28

イラキーにはアイを忘れずに

Aa727_004_1_1 
アメリカン航空はAmerican Airlinesだが、
日本航空はJapanese AirlinesではなくてJapan Airlinesだ。
国名を冠する航空会社にはどっちもあって、
ChinaやSingapore、Qatarなど国名のままのこともあれば、 
CanadianとかKoreanとかBritishとかにすることもある。
実用的には同じにしても、ニュアンスの違いはあるのかな。
けっこう語呂のよさで決めているような気もするが。
Iraqi707_003_1_1 
Iraqi Airwaysは「アメリカン航空型」(勝手分類)だが、
日本語ではイラキー航空ではなくてイラク航空になる。
「日本ではイラキーなんて通じないからな」と思ったけど、
ダンスをやる人にはポピュラーな言葉らしくて驚いた。
あいにく「Iraq dance」と書く人もいて惜しいのだけど、
ケツにアイ( i )をつけなくてはいかんのでは。
Lx777_040_1 
ちなみにスイス航空も「アメリカン航空型」といえる。
国名そのままの「日本航空型」のようだけど、
英語で国名を言うときにはSwitzerlandになる。

|

2022/05/13

外国交通標識を解読する(挫折)

Doha_007_1 
アラビア文字は右から左に読む。
「ρ0.0」みたいなのは、たぶん「5.5m」のはずだ。
ならば「0」みたいなのは「5」で、「ρ」は「m 」だ。
上の▼マークは高さ制限を意味するのだろう。
運転しながらではとても解読できないにしても。
Doha_018_1 
奥の「50」は制限速度だろうが、「0」は「5」のはず。
あれ?数字は左から右に読むのだったかな。
ならば「・」みたいなのは「ゼロ」ですかね。
で、手前の「STOP」は、ひとつながりでお手上げ。
そもそもアラビア文字で「STOP」と書いてあるのか。
日本の標識だって日本語で「止まれ」だものね。
それを「STOP」と読もうとすると闇に落ちる。
Dubai_187_1 
「ネットで調べればすぐにわかるだろ」とか言うなよ。
遊んでるだけなんだから。

|

2021/12/18

サンドバッグがわりにしてやる

土嚢(どのう)のことを英語でサンドバッグという。
ボクシングのサンドバッグは和製英語だ。
Sandbag_293_1 
「サンドバッグがわりにしてやる」と言われたら、
日本ではボカスカにされることを意味するが、
アメリカでは積み重ねられるという意味だ(一部うそ)。

|

2021/08/26

英語苦手意識の克服

海外の雑踏で周囲の人たちの話の内容がわからない。
英語の歌を聞いても、ぜんぜん聞き取れない。
いつかは何とかなるかと思ったけど、ほぼならない。
だからいつまでも英語に苦手意識があるが、
若いころのようには焦らなくなった。
Dc1977_309_1 
日本の雑踏でも、周囲の話は断片的にしか聞き取れない。
あるとき意識してみたけど、ほぼザワザワしているだけ。
日本語の歌も、間違って聞いていることがよくある。
正しく歌詞を確認しても、意味不明の言葉の羅列。
ましてや英語、わからなくて当然と、あるときに気づいた。
Tram_018_1_1 
たぶん日本でも海外でも、周囲の雑踏の会話とか
歌の歌詞とかしっかり聞ける人もいるのだろう。
それはもう特別な才能と割り切れば、高望みはしない。

|

2021/08/21

笑う猫

猫、笑ってるなと思ったら、
イタリア語でそういう名前のお店だった。
Chat_qui_rit_137_1 
で、「Self Service」は英語で書くのかよ、
モロに観光客向けの店なんだなと思ったけど、
イタリアでも普通に使われている言葉なのだった。

|

2021/05/02

似て非なる道

Twoway_023 
TWO WAY (対面通行)に対して
Oneway_022 
ONE WAYs(一方通行の複数形、たぶん)。
なんでTWO WAYは複数形じゃないのですかね。

|

より以前の記事一覧