2020/03/04

漁ってみたいゴミ

あれって、金庫じゃないスか?
Safe_232_1 

|

2020/01/29

「止まれ」は命令形

Stop_signal_7356_1 
歩行者用信号機は、だいたいこんな感じ。
最近はLEDの方が多くなっているけど、
赤信号のデザインは止まって立っている人物、
青信号は歩いている人物というのは共通。
Stop_4633_1 
しかし、赤信号の「止まれ」は命令形だ。
ならば、こういうデザインの方がより的確であると思う。
フランスのトラムの線路を渡る信号機。
フランス語ではなく英語で「STOP」とあるのにも驚いた。

|

2019/12/23

しょんべん小僧ではなく小便小僧

Manneken_pis_2019_1_1 
JR浜松町駅の小便小僧、
久しぶりに寄ってみたら場所が少し変わっていた。
Manneken_pis_2007_1_1 
<2007年撮影>
どちらもサンタ服なのは、狙ったのではなく偶然だ。

ちなみに僕は「しょんべんこぞう」と呼んでいるが、
これでは漢字変換しない。
ただし、そのまま検索してもちゃんと小便小僧が出る。

|

2019/10/23

同じ言語の異国

京都ではよく住所に「上る」とか「下る」とか使うけど、
大阪も同じなのかと思った泉佐野駅前。
・・・・いや、やっぱり違うような。
Sagari_477_1_1 
京都で「下る(さがる)」といえば南に行くこと。
でも、ここの「下り(さがり)」は意味が違いそうだ。
だって、この交差点は泉佐野駅の北にある。
また南には「上り」があるかなと思ったけど、なかった。
ちなみに、駅まではほぼ平坦で、坂の上下でもない。
沿線には、いくつか「○○駅下り」という交差点があるが、
駅の北ではなく西にある場合もある。
「下り」は、方位ではなく「海側」を示すのかも、というのが、
現状の推論だけど、大阪の人に聞けばわかるのかな。
London-uj_1_1 
そんなことをつらつらと考えながら、
イギリスとアメリカみたいに同じ英語を使う異国同士でも、
こういう「?」ってあるのだろうなと思った。
・・・って、大阪は異国かよ。

|

2019/08/05

魂が安らげない

フランスのラディソンブル・ホテルのノブにかける札、
「FEED MY SOUL」と英語で書かれている。
Feed-my-soul_38_1 
なんだ?俺のソウルにエサちょうだい?(笑)
まあ、「魂を満たしてね」ってところかな。
でも、これって「DO NOT DISTURB」と同義なの?
そう推測はできても確信できないと使えない。
考えたヤツは自己満足しているかもしれないが、クソだ。
こちとら、それほど英語が達者じゃないんだよ。
ホテルなら、そういう外国客がたくさん来るだろ?
だからフランスのホテルなのに英語なんだろ?
悩んじゃって、魂がぜんぜん安らげないんだよ。

|

2019/05/22

アホの文科省がまたくだらん

名前をローマ字表記するのは、準英語として、
国際共通語としての意味がある。
F35a_124_1
とりわけ航空業界では英語が最強の共通語だ。
そして英語では名→姓の順に表記することが多いから、
それに合わせる方が混乱や間違いの余地が小さい。
ローマ字では住所を番地から表記するのと同じことだ。
Foreign-city_074_1
だから僕は、くだらん連中が文句をつけても、
ローマ字表記は名→姓の順にするつもりだし、
出版社などにも対しても、そのように要請している。

|

2019/02/16

浦賀水道

Uraga_channel_45_1
最も狭いところの幅は6.5kmだそうだ。
1日平均の通航量は600~800隻。

・・・通行量じゃなくて、通航量なのか。

|

2018/12/28

不快指数が低いのは快適?

夏になると不快指数という言葉をよく聞く。
たとえば気温35度C、湿度80%なら不快指数は約90。
たいていの人は「蒸し暑くてたまらん」と思う数値だ。
Delhi_117_1
では不快指数が低ければ低いほど快適かといえば
もちろんそんなことはない。
不快指数は温度と湿度で計算される目安の数で、
不快に感じる人の割合ではない。
快適とされるのはだいたい60から75くらいで、
それよりも低すぎると「寒くて不快」ということになる。
Paris_003_1
これからが冬本番だというのに、
個人的には、もう十分に不快だ(涙)。

|

2018/08/20

言葉を探した

F16_014_2_1
たまには、こういう写真も悪くないと思う。
雲とかの具合で、狙って撮れるもんじゃないし、とか。
F4ejk_326_1
青空は見えても、機体には光が当たっていない(涙)。
でも、ディテールがつぶれなくてよかった、とか。
Uh60_022_1
天気がパッとしなかった航空ショーの現像をしながら、
沈みがちになる気持ちを奮い立たせるというか、
自分を言いくるめるというか、
そういう言葉をいろいろと探してみたけど、
「飛んでくれただけマシ」と、それに尽きる、

|

2018/08/09

リシアムアイアン

787のバッテリー事故が相次いだ頃から
航空関係の取材でもバッテリーの話題がしばしば登場。
でも海外では、発音が悪くて通じなかった苦い思い出も。
「リチウム?いや、リティウム?まだ違うの?(涙)」って感じ。
こういうときにはスペルを書くか(これも怪しい)、
「ほら787で燃えたじゃない、バッテリーが」とか言うと
「ああ、リシアムアイアンバタリィか」とか気づいてくれる。
あとは適当に真似するしかないが、一難去ってまた一難。
「で、ニッカド電池はどう言うんだろ(涙)」とか。
Battery_case_014_1_1
発音を知らない単語は山ほどありすぎるので、
とりあえず恥をかいてからでないと覚えきれない。
だから、変な名前で普及させてほしくないんだよね。

で、どうして日本では「リチウム」になったんだろう?

|

より以前の記事一覧