2019/10/17

リニアモーターカーへの挑戦(読了)

JALが開発していたリニアモーターカー、HSST。
僕が高校時代に01号機が完成して、
人の乗れる02号機は大学時代だったか。
国鉄時代のウンチ化石のような
JR東海の超伝導リニアモーターカーよりはずっといいし、
名古屋のリニモとして実用化されたのはすごいけど、
いやいやHSSTがめざしたのってこれじゃなかったでしょ、
どーなってるの?という長年の疑問に、
当事者の一人がようやく書き記してくれた貴重な本だ。
※今日の話題社 長池透著
Hsst01_023_1 
技術的な解説も少ないし、文体も少し疲れるけど、
あ~、そういうことだったのか~と、だいぶわかった。

JR東海リニア、ウンチ化石どころか生ウンチだな。

|

2019/09/11

オッサンの心得

Dream_bike_003_1 
夢を持つ若い人に資金援助までは無理でも、
せめて足を引っ張らないようにするのがオッサンの心得。
まあ、そうは思っていたんだけど。
Dream_bike_002_1 
たとえばバイクの運転がむずかしいと感じた人に、
コンピューター技術で簡単に乗れるようにしますとか、
制限速度も超過しないように制御しますとか、
熱く語られたら、「あ~、頑張ってね」と、そっと逃げる。
Dream_bike_001_1 
飛行機だって簡単になりますよとか言われたら、
全速力で逃げる。

|

2019/06/10

錆びたビット

Bit_86_1
錆びまくっていた波照間港の鉄製ビット(係船柱)。
精度よりも強度を重視されるものだから、
これでもまだ十分に耐えられるのだろうけど、
いつまでも使えるというものでもあるまい。
Winch_59_1
北大東島西港で見たウインチ、の残骸。
現役当時は錆対策もされていたことだろうが、
潮風にさらされて60年以上はたっているはず。
そろそろ強度も心配。

|

2019/05/29

続・列車の連結部

Coupler_002
もし胸ポケットにカメラが入っていて(入っている)
連結器が見えたら、なんとなく撮るでしょ?(撮る)
特に興味があるわけではなくても(つい)。
Coupler_001
しげしげ眺めるほどではないけど、
たまに知らないタイプを見ると、ふ~んとか思う。
Coupler_003
今までで一番気になったのは、これかな。
連結器そのものではなくて、ホームの障害物。
なぜこんなものを設置したのか?
線路への転落防止というのがもっともらしいけど、
酔っぱらいが連結器に乗るのを防止するため、
という理由だったら面白い。

|

2019/05/11

その後のGPS腕時計

相変わらずいろいろ驚かせてくれる。
先日はモスクワでサッサと受信に成功したが、
実際の現地時刻とは1時間ずれていた。
Gum_1_1
この時計の仕組みは、GPSで現在位置を測り、
データベースに記憶されているその場所の時刻に
(サマータイムも含めて)自動設定する、らしい。
ロシアは2011年にサマータイムを廃止したけど、
それ以前のデータで設定しているのだろうかと
手動で切り替えてみたが、今度は2時間ずれた(爆)。
Mow_040_1
結局、そのときはマニュアルを見ながら
手動でタイムゾーンを設定して帳尻を合わせた。
それができるということは、
日本を出るときから現地時刻を表示できるなと、
買ってからだいぶたってからの新発見。
Mow_051_1
ちなみに、このときはスマホ時刻も自動設定されず
手動で設定した(涙)。

|

2019/03/04

やっぱりカメラつき

No_drones_089_1_1
アメリカの公園で見たドローン禁止の標示。
やっぱりカメラを吊っている

|

2019/01/19

「広場の儀式」も終わりか

GPS腕時計、ふと着陸前の機内で操作してみたら
ちゃんと「天啓」を受けて時刻が変わったのでびっくり。
最初の「にぶい」という印象が強すぎたので、
高速で移動中に二重のアクリル窓ごしでは
受信できないと思い込んでいたのだ。
Gps_watch_93_1
もはや、「広場」に出ての儀式も必要なくなるのか。
さらに欲をいえば、出発時から到着地の時刻を表示したい
(それは僕の時差ボケ予防法のひとつだ)。
「シチズンなら可能ですぜ」といわれたけど、
値段を見て鼻血が出そうになったので却下。
ブランドだけで高値をつけてる腕時計よりはマシとはいえ。

|

2018/12/16

キャッシュカード、割れた

ATMでお金を引き出そうと思ったら、
キャッシュカードが割れていることに気がついた。
ゲゲゲっと思ったけど、駄目もとで機械に通してみたら、
ちゃんと引き出せた。
※ 駄目だったらどうするつもりだったんだろうねえ(笑)。
Cashcard_001_1
IC部分が無事だったからだと思うけど、
運が悪いと機械の中でジャムってしまうかもしれない。
いずれにせよ、そのままでいいはずがない。
窓口に行って再発行の手続きをして(ハンコがいるよ)
ついでにカードも回収されてしまうのかと思ったら、
「新しいカードが来るまで注意して使ってください」と。
※どう注意すればいいのだろう(冷汗)。

幸いにして新カードが来るまでしのいで(2週間くらい)、
そのあと古いカードは切り刻んで処分した。
もちろんIC部分にはしっかりとハサミを入れた。

|

2018/12/07

言葉でわからなければ痛い目に

飛行機の機首あたりについているアイスディテクター。
通常は突き出した棒の部分が細かく振動しているのだが、
着氷すると振動が疎外されるのでわかる、そうだ。
それをパイロットに警告すると共に、
自らは熱を発して着いた氷を溶かす。
だから手で握って振動を疎外しても熱くなる、そうだ。
Icedetector_131_1
「触ってみてもいいですか」とお願いして了承してもらった。
どれどれと、そっと握ったら、すぐに「あちちち・・・」と。
温かくなるどころではなく、すぐに過激に熱くなる。
言葉で説明されただけではピンとこなかったけど、
痛い目にあうと学習するところが、我ながらイヌ年だ。

|

2018/12/02

電話機のスピーカー

最近は、固定電話を持たない知人も増えているが、
我が家にはちゃんとある。
もう二次バッテリーを何度も交換したくらい古いけど、
まあ最近の電話機もデザインは似たようなものでしょ。
スピーカー部分がスリットだったりピンホールだったり。
Telephone_61_2
このところ受話音量が小さくて相手の声が聞こえにくい。
そろそろ寿命なのかなと思いながら、
ふと取り出してみたのが極細綿棒。
スピーカーのスリットに通したら
中に耳垢だかゴミだかがびっしり詰まっていた(冷汗)。
昔の電話機ではそんな不具合はなかったから、盲点だった。
汚い話で恐縮だけど、音量、しっかり回復しましたですよ。
お宅の電話は大丈夫ですかね?

|

より以前の記事一覧