2021/04/16

先にやられた

C130_047_1 
そういえばプラモデルでデッチあげるよりも先に
去年から本物が次々にC-2風の迷彩になっている。
ちょっと若返って見える。

|

2021/04/02

ニコニコマークみっつ

3月31日は室屋義秀さんが都内を飛ぶというので
その時間に合わせて、早めに夕食の買い物に出た。
とりあえず、狙いやすいのは高井戸上空かなあと。
Muroya331_001_1 
あ、狙ったところとだいぶ違う(涙)。
しかも高すぎて太陽と重なった(涙涙)。
しかし、あの高度ならば荻窪上空のも狙えるか。
Muroya331_002_1 
この川のほぼ延長線上に荻窪がある、はず。
Muroya331_003_1 
微妙に外したが、とりあえず証拠写真にはなった。
Muroya331_004_1 
帰り道に渋谷上空のも見えた。これは失敗顔か。
でも、みんな喜んでましたぜ。ご苦労さま。

|

2021/03/09

SQの777X

Sq777x_007_1 
シンガポール航空もボーイング777Xを発注している。
翼端を折り曲げるとこんな感じ.... に見えるかなあ。
Sq777x_007b_1 
実はA350XWBでした。
やっぱり、あんまり目新しくないかもしれないですね。

|

2021/03/05

機体はまっすぐに停める

Spot_in_020_1_1 
正確な位置に停止するための誘導はともかく、
曲がるタイミングとかまで指示する必要はあるのかと、
マーシャラーの人に聞いたことがある。
ラインは引いてあるのだから、放っておいても来るだろうと。
737_844a_1 
左右のメインタイヤをフォトショップの白線で結んで、
その中央に赤点でマークをつけてみた。
ノーズギア(黄色矢印)はラインに乗っているけれども、
メインタイヤのセンターはラインからずれていて、
機体が斜めに停まっていることがわかる。
あまりずれるとPBB接続や地上作業などに支障が出る。
特に停止位置までのアプローチが短いスポットでは、
曲がるタイミングが悪いと修正する余裕があまりない。
だからちゃんと誘導する必要があるのだと。
なるほど。

|

2021/02/28

満席満席満席・・・

Full_1020 
混んでいて席が取れないとか大変だったけど、
今の航空会社には夢のようだった頃の写真。
ただし、最近は空席だらけのわりに航空券が高い(涙)。
不要不急ではなく外出不可欠の客ばかりだから、
安くしなくても乗るだろうってことかな。

|

2021/02/25

謎のジェット機

Honu_077_1 
飛行機のナビ画面、昔はただのシンボルだったけど、
最近は機種どころかペイントまで表現されている。
Jet_045_1 
では、この飛行機はなんでしょうね。
リアエンジンのT尾翼っぽいけど、
それで個人モニターのついている旅客機なんかあったかな。
あるいは、G550とかサイテーションXとかならば・・・。
A343vs_39_1 
この飛行機でした。ぜんぜん違うじゃん。

|

2021/02/03

コロナ禍での新顔飛行機

Cz_a380_332_1_1 
COVID-19のせいで消えた飛行機もある一方で
意外な飛行機が見られるようになったということもある。
なぜか中国南方航空が成田にA380を飛ばしてきたとか。
A340_941_1 
羽田でルフトハンザのA340-300とかもそうかな。
それぞれの航空会社に、事情があるのだろう。

|

2021/02/01

姿勢を知る

Spin_085_1 
30度バンクでの見え方(うそ)。
VFRでも計器ばかり見て、あまり外を見ない訓練生がいる。
しかし計器の指示には遅れがあるから、
それだけで姿勢を修正しようとしてもうまくいかない。
だから教官は、「しっかり外を見ろ~」と繰り返す。
エンジンのカウリングや窓枠と水平線の位置関係から、
水平飛行ならこんな感じ、30度バンクならこんな感じと
覚えておくと、スムースで正確に姿勢の修正ができる。
Wm85_830_1 
ただし、たとえばハンググライダーのように
リファレンスとなるような部分がない飛び道具もある。
それでも、特に不自由だと思うことはない。
バイクやチャリンコのコーナリングでも、
いちいち車体を見ながら姿勢を修正したりしないよね。

|

2021/01/13

上を向いて飛ぼう

Il76hnd_036a_4_1 
ちょっとチャチなフォトショップ画像だけど、
イリューシンIL-76の航法窓に羽田空港の景色を合成。
はっきり言って、上階のコクピットより見晴らしがよい。
Pitts_034_1_20210112202001 
そういえばコクピットって、たいてい下がよく見えない。
程度の差はあるけど、前や上の視界を優先する。
だから、「離着陸のときに滑走路が見えねえよ」なんて
初心者にはおっかない飛行機もたまにある。
ならばIL-76の航法席のようにコクピットを下に設ければ
操縦しやすいかもよと、適当にウソ言っておこう(笑)。
Nac_070_1_1 
これは珍しく下向きについているコクピット。
飛行機ではなくて、こいつですね。

|

2021/01/05

ジャッキアップされたボーイング777

Jack_up_777_1 
左右の主翼は前桁の付け根あたり(重心より前)で支え、
だから胴体はノーズ側ではなくケツ側で支えている。
ちなみに、タイヤ交換くらいでここまではやらない。
ランディングギアの交換とか、作動チェックとか。

|

より以前の記事一覧