2020/03/31

色の合成

回すと、何色に見えるんですかね。
Propeller_116_1 
で、どうして黄色だけ2つあるんですかね。

|

2020/03/22

上空では外すと思う

Masked_pilot_056_1 
デコンプしたときに酸素マスクできないもんね。

|

2020/03/11

スピード命

シミュレーターで旅客機の操縦をしたときには、
軽飛行機の延長でいけると思ったけど、
本物の小型ジェットを飛ばしたときには、
「違うということをいつも意識しろ」と強く指導された。
F15d_993_1 
<あいにくF-15なんか飛ばしたことはないけど>
高速ゆえの忙しさには、慣れると思う。問題は、重さだ。
これも普段は意識しないですむけど、だから厄介だ。
不用意に速度を切ったら、簡単に墜ちてしまう。
たとえばペーパークラフトの飛行機を風に当てれば、
なんとなく飛びそうな感触があるけど、
プラモデルの重さになると、もう飛びそうな気がしない。
プロペラ機とジェット機の違いは、そんなイメージ。
重いものを無理にでも飛ばすには、スピードが命だ。
Atr72_708_1 
<F-15って、この旅客機くらいの重さがあるのよ>
軽飛行機ならば多少は粘ってくれるような状況でも、
速度を切ったジェット機は粘ってくれない。   
それが理解できない人の訓練は、死ぬ前に中止された。

|

2020/02/22

バスの窓ごしに

Tls_034_1 
バスの中からガラスごしで撮れたA350XWB。
下心を持って望遠レンズをつけていたので撮れた。
大きく伸ばせるものではないけど、
「バスからこれなら立派なもんだ」と喜んだあとで、
「外で撮りたかったと残念がるべきだったか」と反省。

|

2020/02/13

先を越された

Nrt34app_001_1_1 
成田へのアプローチ中にJALの777を発見。
平行滑走路の同時進入機かなと思って見ていたら、
だんだんと接近してついに高度差をつけて交差。
「おいおい、そんなのありかよ。ズルいよ」
Nrt34app_002_1_1 
この写真で160mmレンズ相当の距離。
思った通りに、こちらは34L、向こうは34Rに着陸。
もうとっくに乗客を降ろしているんだろうなと、
AランからT2まで延々とタキシングしながら悔し泣き。

|

2020/02/07

続・三発機の双発化

Falcon7x_07_1 
ダッソー・ファルコンには三発型と双発型がある。
比べてみると、本当にエンジンの数が違うだけ。
Falcon2000_20_1 
もちろん厳密には色々と違っているけど、
フォトショップでやったのとたいして変わらん程度。

|

2020/01/26

親を質入れしてでも

飛行機が好きだから大学でも学び
卒研の1年間は航空技術研究所でお世話になったけど、
卒業するまでにはフリーのカメラマンになっていた。
自分には飛行機作りは向いてなさそうだと、
4年間を通して学んだ結果ともいえる。
Voyager_1987_91_1 
卒業して数年後に初めてオシコシに行って、
やはり自分でも作りたいなとは思わなかったけど、
ライト兄弟の時代から一貫して、この国の連中は、
「飛行機は自分で作るもの」だったんだなと実感した。
だからスペースシャトルを747の背中に乗せたりとか、
相棒の足が臭そうなボイジャーで世界一周したりとか、
そういうことを実行できてしまう。
Paris_158_1 
初めてル・ブルジェの航空博物館に行ったときは、
アメリカとはまるで違う流れだけど同じような人たちが、
やっぱり飛行機を作ってきたんだなと実感した。
それで自分でも作る気になるかどうかはわからんし、
行けば何かを感じる、と断言するほどの自信もないけど、
まあ、世界は広がる。
もし値がつくならば、親を質入れしてでも(笑)。

|

2020/01/10

いつの間にか腫れてる

ほとんどの旅客機ではキャビンに送る空気を
エンジンのコンプレッサー部から抽出する。
ところが787は胴体につけたエアインテークから
外気を取り込んで電動コンプレッサーで圧縮する。
787ecs_001_1_1 
緑矢印がそのためのエアインテークで、
前方のガードは可動式だ。
青矢印は圧縮されて熱くなった空気を
冷やすための熱交換機用のエアインテーク。
787ecs_002_1_1 
いずれもJALの787だけど、下は最新の機体。
なんか膨らみが追加されている(赤矢印)。
「細かいことなんか気にしない」とか言いながら、
見えてしまったものは気になる。
取材ついでに整備士さんに「なんスか?」と訊いたけど、
何か入っているわけでもないそうだ。ただ、腫れてる。

|

2020/01/08

液冷ディーゼル航空エンジン

Jcg172_006_1_1 
クイズには答あわせが必要だろと怒られた。
そりゃあ、そうだ。
答は「液冷」です。新型の「JT-A」型だから、
ターボディーゼル・エンジン装備。
Asahi172_019_1_1 
ちなみに、「普通」のセスナ172は「空冷」で、
ディーゼルではなくアブガス仕様。
もはや大戦機のように、外観で一目瞭然とはいかない。
今後ディーゼル機が増えたら、僕もとぼける。
Ae300_019_1_1 
おまけはダイヤモンドDA-42に装備されている
液冷のターボディーゼル・エンジンAE300。 
ベースはメルセデスの自動車用OM640だそうです。

|

2020/01/05

ダサいクイズ

クイズというのは、しばしば答える側の無知よりも
質問する側のセンスのなさが嘲笑の対象となる。
くだらん問題を作って「答えられないだろ」と笑う、
バカはそっちだよ。
Jcg172jta_030_1 
で、このエンジンは空冷?液冷?

|

より以前の記事一覧