2020/01/10

いつの間にか腫れてる

ほとんどの旅客機ではキャビンに送る空気を
エンジンのコンプレッサー部から抽出する。
ところが787は胴体につけたエアインテークから
外気を取り込んで電動コンプレッサーで圧縮する。
787ecs_001_1_1 
緑矢印がそのためのエアインテークで、
前方のガードは可動式だ。
青矢印は圧縮されて熱くなった空気を
冷やすための熱交換機用のエアインテーク。
787ecs_002_1_1 
いずれもJALの787だけど、下は最新の機体。
なんか膨らみが追加されている(赤矢印)。
「細かいことなんか気にしない」とか言いながら、
見えてしまったものは気になる。
取材ついでに整備士さんに「なんスか?」と訊いたけど、
何か入っているわけでもないそうだ。ただ、腫れてる。

|

2020/01/08

液冷ディーゼル航空エンジン

Jcg172_006_1_1 
クイズには答あわせが必要だろと怒られた。
そりゃあ、そうだ。
答は「液冷」です。新型の「JT-A」型だから、
ターボディーゼル・エンジン装備。
Asahi172_019_1_1 
ちなみに、「普通」のセスナ172は「空冷」で、
ディーゼルではなくアブガス仕様。
もはや大戦機のように、外観で一目瞭然とはいかない。
今後ディーゼル機が増えたら、僕もとぼける。
Ae300_019_1_1 
おまけはダイヤモンドDA-42に装備されている
液冷のターボディーゼル・エンジンAE300。 
ベースはメルセデスの自動車用OM640だそうです。

|

2020/01/05

ダサいクイズ

クイズというのは、しばしば答える側の無知よりも
質問する側のセンスのなさが嘲笑の対象となる。
くだらん問題を作って「答えられないだろ」と笑う、
バカはそっちだよ。
Jcg172jta_030_1 
で、このエンジンは空冷?液冷?

|

2019/12/28

たまには正面の離陸カット

Itm14_178b_1_1 
・・・などと狙って撮ったわけではない。
つーか、これ使えないだろ(涙)。
Itm14_178a_1_1 

|

2019/12/25

吸気口の直前に排気口

ついにJACのサーブ340Bは退役してしまい、
国内で普通に乗れるのはHACの3機だけになった。
Hac340_077_1 
これから乗りに行こうという人は、
大きいバッグは持ち込めないから注意。
Jac340_257_1 
サーブ340Bでよくわからないのは、
エンジン下の小さな空気取入口の前に、
排気口が設けられていること。
一度訊いたことがあるのだけど、「?」だった。

|

2019/12/20

素性がいいのか悪いのか

Ja3508_685_1 
ビーチクラフト・ボナンザの胴体を細くして
タンデム複座と通常尾翼にしたのがT-34。
軍用練習機だから、もちろん曲技飛行もOK。
T34_026_1 
そのあとボナンザにも通常尾翼のモデルができて、
まあ強度はT-34ほどではないけど、
曲技飛行のポテンシャルはあるのではないかと。
だからF33Cなんか、ぜんぜん驚かない。
A36cac_108_1 
ただ、VボナンザもT-34も主翼前縁はクリーンなのに、
その後のボナンザには後づけのストールストリップとか
ボルテックスジェネレーターとかのデバイス満載。
よっぽど素性が悪いのかと思ってしまうけど、
だったら練習機としてあんなに使われなかっただろうし、
遠い派生型のT-7の主翼前縁もクリーンだ。

|

2019/12/18

あとひと息の信頼性

Lx220_043_1 
A220は、取材して惚れた飛行機のひとつだ。
取材後にモデルプレーンを個人輸入したほどに。
ただし、まだGTFエンジンが少し頼りない。
スイス航空は、今年10月にも、
全機を地上に降ろして緊急点検を実施した。
Hal717_200_1 
ハワイアン航空の717の後継機にも最適と思うが、
高温環境下での多頻度運航に、
エンジンがどう対応できるかが鍵だという。
日本の航空会社やメーカーも他人事ではない。
A320neoとかMR・・・スペースジェットも同系列エンジン。

|

2019/12/12

8枚ペラ

いずれこういうプロペラをつけたエア・レーサーが
リノにも出てくるんじゃないかと楽しみにしている。
E2d_247_1 
勝てなくても目立ちたいチーム向きかな。

|

2019/12/07

脚フェチの皆さんに

とっておきの、ほれぼれするやつ。
An124mlg_003_1_1 
なにこれ、どーなってるの?と少し考えてしまった。
HOWがわかったあとは、WHYを考える。なるほど。
An124mlg_002_1_1 
でも、いい脚は理屈ぬき。見ているだけで幸せなのは、
人間でも飛行機でも同じだろう。
An124mlg_001_1_1 
ちなみにAn-124をさらに大型化したAn-224は、
同様の脚をさらに片側2本ずつ増やして対応している。
なら小型モデルは1~2本減らすだけで流用可能とか、
そういう狙いもあったのかどうかは不明。

|

2019/12/05

渡りの季節

訪ねた先の飛行場で、整備士さんが
「今日、××さんのところの飛行機が来るよ」と。
「何をしに来るんだろう」
「さあ、でもそろそろ雪の季節だから移動かな」
Super-_dimona_703_1 
おお、飛行機にも「渡り」があるのか~。

※本当にそういう理由で来たのかは知りません。

|

より以前の記事一覧