2018/04/22

RACのQ300近況

Rac_q300_53_1
機内からの苦しまぎれの証拠写真でしかないけど、
4月20日に那覇で撮影したRACのQ300。
滑走路向こう側の整備地区ではなく、
いつも定期便が使っているエプロンにいた。
もう社名は消してあるけど、予備機で使ったのかなあ。
沖縄には1時間もいないで折り返したから(爆)、詳細不明。 

|

2018/04/21

華のあるアクロ

エアショーとしてのアクロは競技会のアクロとは違う。
競技会は、すごいなとは思っても意外に退屈だ。
難易度の高い課目が一般ウケするとは限らない。
新妻東一さんのアクロには華があったと思う。
S2a_754_1
「むずかしい課目で、わかるやつをうならせたい」
パイロットならそういう気持ちもあったはずだし、
ロック岩崎さんもずいぶんと悩んだと聞いている。
でもエアショーのときにはそんな逡巡を感じさせずに、
観客へのサービス精神に徹していた。
そういうところもプロらしかったと思う。

今日は岩崎さんの命日

|

2018/04/18

4月は737の誕生月

少しすぎてしまったけど、4月9日は737の誕生日、
1967年に初飛行した。今年で51歳。
737_800_3_1
その2年後にはもう747もコンコルドも初飛行するから、
大きさ的にも、タイミング的にもいささか地味だった。
737_200_003_1
高校時代に旅客機の写真を撮るようになっても
737を真剣に、興奮して撮ったという記憶はない。
737_800_1
今はそんなこと言ってたら、撮る飛行機がなくなってしまう。
こんな時代になるとは、まったく想像していなかった。

|

2018/04/16

面白い嘘なら

ローターヘッドのことはわからんのか、と訊かれた。
よくわからん、と正直に答えた。
Dauphin2_36_1_1
<昔の写真だが、どこが古いのかも説明できないし>
あわててWEBで検索して知ったかぶりしても仕方ない。
政治家みたいな、つまらん嘘はなおさら言いたくない。、
せめて笑える嘘でもついてみたいと思うが、
それはそれでなかなかむずかしい。

|

2018/04/10

期限切れマイルの初歩知識

マイレージはよくわからんのだよ、といってた顛末だけど
僕と同じくらい無知な友人たちのために書いておく。
まず期限内に予約すれば、乗るのは期限後でもよかった。
F15_266_1
ただ今回は、余裕がありそうだなと思って予約した時期が、
実際にはとても忙しくなって、のんびりしていられなくなった。
翌日も早朝からの札幌取材。寝ている時間がなくなるので、
期限の切れた後だけど早い便に予約を変更した、できた。
Fa18_543_1
沖縄は3日間の予定だったけど、2日間曇天でうんざり。
最終日の朝も曇天だったので、サッサと那覇空港に行って、
早い便(空席あり)に変更してもらった、できた。
まあ、このくらいできるとわかれば、とりあえず十分かな。
マイラーの人には常識以前なんだろうけど。
F35_213_1
今回はJALだったけど、たぶん会社によっていろいろ。
いろんな会社のルールをいちいち試すの、面倒だな~。

|

2018/04/06

那覇に海自のTC-90

F15j8931_1
那覇発着便では自衛隊機を撮るのが楽しみだが
このときもなかなかよかった。
ま、例によってコンパクトカメラでの手抜き撮影だけど。
P3c5101_1
離陸時にランウェイに入ると後続のP-3Cが見えた。
フルオートではプロペラが停まっちゃうかと思ったけど
適当にブレてくれたのでそのまま撮影。
Tc90_naha_1
上昇中にエプロンに見えたのは徳島からのTC-90×3機。
フィリピンに無償譲渡される途中で立ち寄ったものらしい。

|

2018/04/04

ソフトウェアでなんとかなる

F-35で特にカッコ悪いのは、離陸時のギアアップ中だ。
たいていの飛行機は着陸より離陸の方がカッコいい。
上がりかけのランディングギアも躍動感があると思う。
ところがF-35の離陸ではノーズギアがほぼ隠れても
メインギアはご覧の通りで、個人的にはトホホ。
F35_660_1
<まるで出来損ないのガウォークか、JA849(以下自粛)>
メインギアを収納するのに時間がかかるならば、
ノーズギアを上げるタイミングを少し遅らせてくれれば、
「おー、カッコいいぞ」と思えるかもしれないのに。

|

2018/04/03

カッコ悪くても撮る

F35a_320_1_1
いま日本でF-35を撮るならば、
岩国や三沢よりは嘉手納の方が条件がいい。
ただし昨年11月から半年間の暫定配備だから
せいぜいゴールデンウィークまでがチャンスか。
今回の期限切れマイル消化沖縄にした理由でもある。
F35a_321_1
個人的にもまだF-35はあまり馴染みがないので、
どういう風に撮ったらカッコいいのだろうと四苦八苦した。
四苦八苦しないとカッコよく撮れない飛行機ともいえる。
でも、カッコいい飛行機だから撮るってだけじゃないよなと、
そう割り切ったらお気楽になった。

|

2018/03/24

マスク、どう塗るか

この飛行機をあの航空会社の塗装で見たい、
と思うことはたまにある。
Ac170_49_1
最近は、エアカナダ塗装のA350を見てみたい。
マスクの形をどうするかなと。

|

2018/03/22

オレンジは目立つ色

Orange_suit_104_1
昔、自衛隊の飛行服はオレンジ色のツナギだった。
緊急脱出時などに発見を容易にするためと聞いた。
オレンジ色は目立つ色だが、ゆえに実戦向きではない。
いまは濃緑色になっている。
Ana_ys11_029_1
かつてはANAの整備士もオレンジ色のツナギだった。
こちらも目立つ(安全性を高める)ことを重視したのだろうが、
1988年4月から現在のように水色になった。
その2年前にANAは定期国際線を開設したが、
アメリカでは囚人服にオレンジ色が使われることが多い。
そんなツナギを着てウロウロすると、不審そうな目で見られる。
それも変更の理由のひとつと、当時非公式ながら聞いた。

|

より以前の記事一覧