2019/01/24

こんな天気では・・・

C2_mlg_001_1_1
この空と光では、正直ロクな写真を撮れる自信はない。
どうあがいても厳しいけど、あがいてはみる。
C2_mlg_002_1_1
ギアアップ~
C2_mlg_003_1_1
ほお~
C2_mlg_004_1_1
そっか~

|

2019/01/16

半開きですよ

たぶん、多くの人が一度は「むっ」と思ったであろう
ボーイング767のノーズギアのドアのだらしなさ。
ギアダウンのときに、ピッチリと閉まらないのだ。
767nlg_door_136_1
積極的に閉じない理由があったわけではなく、
メカニカルな都合でこうなってしまって、
しかし支障もないし、かまわんだろといったところか。
もちろんかまわんけど、カッコよくない。

|

2019/01/10

物忘れが激しい

Radial_engine_184_1
博物館の壁掛けになっていた星型エンジン。
いちいち説明を読んでいる余裕はないのだけど
「お~、あったよね~、確かに、こういうエンジン」
とか知ってるつもりでサッサと次の展示へ。

今でも何のエンジンだか思い出せないのだが、
あったよね、確かに、こういうの(苦笑)。

|

2018/12/31

それでも飛行機は飛ぶ

航空機は、ぎりきりまで重量を軽く作られる。
強度のいるところでもヤワに見えるのが普通なので
見てくれからして頑丈で重そうな構造にはショックを受ける。
Lcf_076_1
以前、月刊エアラインで取材したドリームリフター。
いかにも重々しい圧力隔壁にビビッた。
An124_047_1
やはり、月刊エアラインで取材したアントノフAn-124。
2本のノーズギアが前に折れていく様子に口をポカンとして、
ゴツい貨物ランプを開いていく様子にはアゴがはずれた。
なぜこんな重そうなものが、空を飛べるのか(笑)。

来年は、どんな航空機が見られるでしょうね。
では皆さま、よいお年をお迎えください。

|

2018/12/27

タービンライン

F4ej302sq_020_1_1
昔のジェット戦闘機は、胴体に赤い帯を描いていた。
(これ、今も使っているんですか。へえ~~~)
エンジンのタービン位置を示すもので、
タービンがスッ飛んだ場合の危険範囲の目安となる。
最近はあまり見ないけど、北海道警察のAW139。
Ja05hp_577_2
ただし同じ道警のEC-135には描かれていないし
同じAW139でも海上保安庁機には描かれていない。
そのへんの基準や根拠は知らない。

|

2018/12/25

続・PC共通化

P1_752_1
翼とコクピットまわりの設計を共通化したP-1とC-2。
一度は納得したつもりだったけど、やはり信じがたい。
C2_645_1
まあ、どこまでを「共通化」というかってことだ。

|

2018/12/20

ターボプロップ四発機

P3_038_1
ロッキードP-3オライオンとビッカース・バイカウントは
同じターボプロップ四発機とはいっても
機体規模が1.5倍ほども違う。
Viscount_002_1
ただしスパンは同じくらいで、意外に差がない。
イギリス四発機は写真の印象より小さい傾向があるので
もっと違いがあるのではないかと思っていたのだけど。
Viscount_35_1_1
バイカウントがもっと小さいのではと思った理由は
コクピットの狭さにもある。
なんとも窮屈そうではないか。
P3_266_1
P-3なんか幅が広すぎてパワーレバーが2セットある。
対潜哨戒機では視界のよさが重要だから
旅客型から改造するときに左右に寄せたかなと思ったけど
ベースのL-188エレクトラも同じような感じだ。

|

2018/12/17

キングエアはF-35に似ている

Lc90_010_1
どこが?って、離陸を撮りながらそう感じただけ。

|

2018/12/13

飛行機愛の値段

羽田からセントレアへの便を取ろうと思ったけど
特割なら1万円以下のところ2万円のビジ割しか残ってない。
ちなみに新幹線だと名古屋まで1万円ちょっと。
2万円ならあきらめるか、という程度の飛行機愛である。
Jl738ctr_62_1_1
翌日にまたチェックしたら、1万円くらいのやつが1席復活。
「おっ、なんだよこれ」と思ったら特割のクラスJだった。
普通席は相変わらず最安がビジ割の2万円で、
クラスJがその半値というのも珍しい。
迷わず予約して、いつもより得した気分。

|

2018/12/09

タイヤがゴロゴロ

Fa18_f35_160_1
<さて、タイヤは全部で何本でしょうか?>
後ろに隠れているけど、F-35が3機と、FA-18が1機。
FA-18だけノーズがダブルだから、合計13本ですね。
An124_31_1
<こっちは、ただ1機で24本>

|

より以前の記事一覧