2022/05/09

買えばフトコロは細る

カメラやレンズを買ったあとのカードの引き落としは、
もちろんタメイキが出るような金額になる。
Iwashita_c_201_1 
しかし、仕事道具なのだから必要ならば買う。
フリーランスは、みんなそのために備えている
.....まあ理想的には、ということになろうが(苦笑)。
もちろん備えていても悲しい気持ちにはなる。
だから「カメラ買うために仕事しているんじゃねえ」とか
ボヤきたくなったりするわけだ。
Bjt_158a_1 
ちなみに最近のL-39飛行訓練の費用を見たら、
1時間で40万円を越えている。円安を歓迎したりとか、
アベノミクスなんてやっているうちに世界は遠くなったな。
まあ体験搭乗じゃなくて訓練ならば身にはつくけど、
ほぼ役には立たないから贅肉に近い(笑)。
カメラが安く感じられる効果もある(ない)。

|

2022/05/07

趣味じゃないけど寺巡り

豪徳寺の招福殿は「4月頃まで工事中」とのことで、
そろそろできているのかなとチャリで行ってみたけど、
4月28日現在ではまだ工事中でしたね。
なるほど、こんなことも見越しての「頃」であったか。
Gotokuji_2422_1 
ここの招き猫は小判を持っていなくて、
右手(右前足)を上げているのが特徴だ。
これって、ひょっとして敬礼?とか、ふと。
猫に敬礼を教えても、たぶんこうしかできない(笑)。
Kamadera_2386_1 
それから以前、地元の広報誌か何かで読んだことがある
東運寺(通称・釜寺)というところにも初めて寄ってみた。
ここは屋根の上に大きな釜を載せているのだ。
「ぶんぶく茶釜にゆかりの寺だったかな」とか、
「でも狸バヤシはしょうじょう寺だよな」とか、
曖昧な記憶で適当なことを考えながらペダルをこいで、
帰って調べたら「安寿と厨子王丸」由来であるそうだ。
どんな話だか忘れていたので調べたら泣いた(うそ)。
Metro_2405_1 
そういえば、ツツジとかサツキとかが満開だった。
新1年生の皆さん、彼女はできましたか

|

2022/05/05

登りたい気持ちの尊さ

古い木造アパートの解体現場、
最後に外階段だけ残されていた(その後すぐに撤去)。
Stair_1752_1 
子供の頃なら、こっそり忍びこんで登ったかもしれない。
登ったからといって何があるわけでもないが、
それでも登りたいのが子供の尊さ(今でも登りたい)。
Koinobori_2331_1 
さてこどもの日だ。また、がんばって寄付の手続き。

|

2022/04/30

向い風もあれば向い風もある(謎)

Koinobori_2349_1 
毎日10数㎞のチャリコースは、自宅から出て自宅に戻る。
だから上り坂があれば、同じだけの下り坂もあるし、
北向き経路もあれば、同じだけの南向き経路もある。
つまり向い風経路もあれば、同じだけの追い風経路もある。
Koinobori_2362_1 
ところが行きの向い風でしんどい思いをした後で、
帰りも「なんで向い風?」と泣けることがけっこうある。
単純往復経路ではないにしても、不思議だ。
「走ってるんだから常に向い風で当たりまえ」とか、
そういう次元の低い話じゃなくてさ。

|

2022/04/13

夏に休めば夏休み

とりあえずマイル期限はコロナ延長されたのだけど、
毎度ギリギリになってアタフタするのは面倒なので、
適当な思いつきで夏の特典航空券を予約してしまった。
どこに行っても、飛行機でも撮っていれば楽しいでしょ。
Hnl_022a_1 
そのときに都合がつくかどうかもわからんけど、
もともと期限切れで捨てていたかもしれないマイルで、
どこかに行けるというだけで気持ちに張りができる。
たとえ1日でも2日でも、夏ならば夏休み、だ。
F15dj350_002_1_1_20220410092601 
ちなみにGWはもともとフリーには関係ないが、
最初に考えていたのは5月下旬のエアメモin鹿屋。
でも、中止のお知らせが出ちゃいましたね。
「ワクワク」でまた感染増加なら、夏も怪しいかな。
まあ、「行ければラッキー」程度のものだから、
駄目でも周囲に八つ当たりとかはしない....といいですね。

|

2022/04/12

女性の背中に

「なに見てるんだジジイ」とか言われると困るので、
あくまで一瞬なのだけど、本当に一瞬なのだけど、
バスで前に座った女性のうなじあたりの背中に、
思わず「うっ」と、身悶えしてしまった。
Waxdoll_071_1 
※大げさなイメージです。ハリウッドの蝋人形館で撮影。
そこには蚊に刺されたばかりらしい腫れがあって、
見ているだけで(だから一瞬ですってば)
こっちまで痒くなりそうで、そろそろ虫よけの準備だ。

|

2022/04/11

もう後悔はしないだろう

Cts_319_1 
冬物衣料をしまっちゃった事ですけどね。

|

2022/03/28

おたんこナース

久しぶりに採血される機会があった。
献血では「立派な血管ですね」とほめられるくらい
針を刺しやすい血管であるようだが、
今回は思うように血管が浮きでてこなかった。
上腕の縛りが弱いんじゃないかなと思ったけど、
素人がプロに口を出すことじゃないよね。
Iwashita_338_1 
それでも血管の位置は明確なので先生が針を刺したが、
いつものように元気に血が出てこない。
「あんまり出てこないですね」と、
たぶんみんなが思っていたことを言葉にしたのは僕だ。
刺した針をグリグリと探られるのは愉快ではないけど、
佐々木倫子さんの「おたんこナース」を思い出したので、
笑いながらそう言ってみた。
場をなごませるつもりだったのだけど、
先生も助手さんもその漫画を知らなかったようで、
むしろ気まずい雰囲気になってしまった(爆)。
Pima_295_1
最初に刺した左腕はあきらめて、右腕に刺しなおした。
今度はまあまあ血も出てきて、無事に採血完了。
おたんこナース、僕はかつて歯医者の待合室で読んだ。
医療関係者にはポピュラーかと思っていたのだけど。

|

2022/03/26

ぼちぼち陽炎がひどい

E175fuk_246_1 
3月に入って陽炎の影響がひどくなってきたけど、
1月、2月でもモヤモヤする日はあったから、
あまり気にはしない。暖かくなる方がうれしい。
Del_116a_1 
ただし暖かい季節には、マスクが汗で濡れて呼吸困難に。
周囲に人がいないときには外しちゃうつもりだけど、
十分に離れているから大丈夫だろうという状況でも、
相手の心情を考えると外せないこともあるよね。

|

2022/03/24

続・脊髄反射

取材では「ここは撮影禁止」と言われることもある。
撮らせてもらう立場だから、まあ従う。
なるほどという理由もあれば、くだらない理由もある。
正直に、「それはクソな理由ですぜ」と言うこともある。
「だって御社の印刷物にしっかりと書かれていて、
客には読めよと毎度指示しているじゃないですか」とか。
絶句する様子を見ると、社員は誰も読んでないな(笑)。
Mlg_up_066_1 
※写真はイメージです。
「安全のため」とか「保安上の」とかいう類の理由は、
言っている本人は絶対正義に酔いやすいのだけど、
実は見当外れの自己満足でしかないことも多い。
まあ、アホが決めた一見もっともらしいクソルールに
ただ従うのがコンプライアンスとか思っているのだろう。
安全を思う気持ちを疑うつもりはないけれども、
そんなことで安全が守れるのかよと不安にはなる。

|

より以前の記事一覧