2021/11/28

いちばん早く夜になる2週間

Ctr320_083_1 
何度も書いているけど、
今が1年で一番日没の時刻が早い。
国立天文台の暦計算室によると、
11月28日から12月13日までの2週間、
東京の日没時刻は16時28分だ。
Osa_9183_1 
ちなみに大阪ではちょっとずれて、
11月30日からしばらく16時27分日没。
秒単位では、さらに細かく計算できるだろうけど、
僕の実用上はあまり意味がない。

|

2021/11/23

勤労感謝の日2021

Research_195_1 
川の生態系の調査(?)をやっていた。
バケツの中にはナマズとかもいた。
Research_196_1 
こういう仕事も楽しいかも、と思ったけど、
まあ甘いことはないよね。楽しくても仕事だから。

|

2021/11/21

スキージャンプデッキ

前方をはね上げた飛行甲板をスキージャンプという。
カタパルトなしで発艦性能を高める効果があるけど、
スキージャンプというからには、
艦尾側からの助走路を激しく下り坂にしてほしいと思う。
Adelaide_125_1 
それでは着艦が困難になるとか月並みなことを言うより、
ラージヒル級空母とかノーマルヒル級空母とか 
妄想する方が、たぶん楽しい。
Road_9320_1 
最大離陸重量で目一杯加速した場合には、
上向きになるときに脚への負担が大きくなりそうだけど、
艦載機の脚は「制御された墜落」といわれる
着艦のショックに耐えるくらいだから、補強は不要か?
でも、STOVL機の脚はそんなにタフじゃなさそう。

|

2021/11/15

ワクチンを打って原稿をブースト

原稿に行き詰まったので、ワクチン接種をしてきた。
コロナじゃなくてインフルエンザ予防接種だけど。
Ah1_0014_1 
ワクチンは原稿には効かないが、
出歩けば少しは気晴らし、気分転換になるかなと。
幸いに鼻水ズビズビでもなく体調もいいので、
予約もなしにふらりと近所の町医者に行くと、
「ごめん、今年はうちの分はぜんぶ終わった」と。
ゲゲっ、今年はインフルエンザワクチン少ないのか?
Ah1_0057_1 
その足で、別の診療所に行くと「打てますよ」と。
簡単に検温して問診してササッと注射。
「やれやれ」と思いつつ帰ってまたPCに向かった。
・・・・・・
だから、ワクチンは原稿には効かないんだってば。

|

2021/11/14

クレジット

Typewriter_901_1 
記事に名前を出すのは、自己顕示ではなくて
「この文章の責任は私にあります」という意味だ。
もちろん匿名でも、書いたものには責任が生じる、
と言うと、言論弾圧だと思う人もいるのか(苦笑)。

|

2021/11/11

自画自賛以前

3rd_146_1 
日本の技術なら素晴らしいものができる、
という言葉が多くの場合「自画自賛」以前なのは、
実際に画を描く前の、ただの願望だからだ。
いざ描いてみれば、そんなに簡単ではないとわかる。
その反省と教訓こそが成功への糧になるはずなのだが、
「できないのは学術会議のせい」とかいう珍説を聞いて、
アゴが外れそうになった(笑)。

|

2021/11/08

チラ見でもわかる理由

なし崩し的にスタートした都心上空ルートは、
「運動会」が終わったあとももちろん続いている。
チャリに乗っているときにでも音がしてくると、
いちいち見て確認してしまうという困った習性は、
たぶん僕だけではないと思うけど、安全第一で。
Jasdf773er_113_1  
これは進入コースからかなり離れたところからなので、
お散歩カメラ最大望遠(625mm)からさらにトリミング。
それでも瞬時に航空会社や機種がわかってしまうのは、
僕の能力というより、ほぼ同じ顔ぶればかりだからだろう。

|

2021/10/28

名前を覚えるのは苦手だ

Hobbyplaza_018_1 
投票日に仕事が入ったので、不在者投票をしてきた。
選挙については何度も「かぜたん」で書いてきた。
たとえば2007年の記事を読み返すと、
当時はキヤノンの御手洗会長が経団連会長で、
もっともっと消費税を上げて企業減税しろとか、
せっせと政府を後押していたのを思い出して怒り再燃。
いやー、見事にその通りになってご機嫌でしょうな。
そういえば先日の修理代もすっかり10%増でしたわ。
Hobbyplaza_017_1 
今年の新しい知見は、メモの持込みについて。
他人に見えたり声を出して読み上げたりしなければ、
メモを見ながら書いてもいいそうだ。
今さらながらだけど、知らなかったぜ。
とりわけ最高裁裁判官の国民審査、
バツをつける裁判官の名前を覚えきれないから、
いつもけっこう苦労していたのだ。

|

2021/10/27

飛べばどっちでもいい

Itm787_373_1_1 
例によって帰りの飛行機までの時間つぶし、
展望デッキに出ると、空にまだ色が残っていた。
手前の787はすでにPBBも外れていて、
トーイングカーのエンジンもかかっている。
おお、我ながらいいタイミングで来たものだ。
少し待てば赤い衝突防止灯がついて画竜点睛。
が、待っていてもぜんぜん動かなかった。
Itm787_374_1_1 
最初の写真から13分後にようやくプッシュバック開始。
なんかトラブッていたのかな。
伊丹/羽田線にはピリピリしたお客さんが多い。
機内の空気は想像するまいと思った。
僕もすっかり空の色が消えてしらけてしまったし。
まあ、多少は時間つぶしになったからヨシとしよう。
Hnd350_487_1_1 
それからダラダラと保安検査を受けてゲートに。
やっと時間つぶしも終わりと思ったらディレってる(涙)。
最終便だから、伊丹の運用時間ぎりぎり。
結果的には離陸できてよかったな~と思ったけど、
機内では「羽田の運用時間に間に合うように」と
何度も繰り返しおわびのアナウンスがあってトホホ。
「羽田じゃなくて伊丹の運用時間でしょ」と思ったけど、
まあ、どっちでもいいや、飛んでくれたから。

|

2021/10/14

目の愛護デー(すぎた)

Kaeru_435_1 
眼は大切にしているので違和感があれば放置しない。
飛蚊症のザワザワがが急に増えた気がしたので、
久しぶりに眼科に行ってきた。
たいていの飛蚊症はあまり気にする必要はないが、
油断できない年齢でもある。
Solar_eclipse_012_1 
期待通りに、頼みもしない検査をたくさんしてくれた。
視力を測って、眼圧、眼底、あとよくわからんけど。
神経の厚みとかいうのもわかるんだね、すごいな。
それが何を意味しているのかはわからないけど。
時間をかけて撮った眼球の中身も見せてくれた。
すごくクリアーで、高感度性能とか画像処理ソフトとか
いろいろ反映されているんだろうなと思った。
Tokage_433_1 
結果、医師が重々しく「ただの老化ですね」と(笑)。
まあ、還暦もすぎてしまったのだから仕方ない。
それでも視力は左右とも1.2。
昔ほどよくはないけど、恐れていたほど悪化もしていない。
老眼鏡に頼る頻度が増えていたから、少し意外だが。
期せずして、10月10日は目の愛護デーだったそうだ。

|

より以前の記事一覧