2018/10/11

女性パイロット

1990年代から多くの女性パイロットを取材してきた。
それ以前はぜんぜん取材していないのは、
航空会社も自衛隊も女性には門を閉ざしていたからだ。
いずれもパイロットとしての資質を備えているだけでなく、
「女にパイロットが務まるかよ」という偏見を跳ね返すだけの
強さを持った優秀な人たちだった。
それでも戦闘機への搭乗が認められたのはようやく今年。
ずいぶん長くかかってしまったなあと思うけど、
またひとつ壁が取り払われたことを素直に喜びたい。
F15j_033_1
残念ながら、まだ女性に偏見を持つ人は少なくない。
たとえば「女性には生理、出産があってアテにできない」とか。
そのへんの事情も採用担当者に何度か聞いてみたけど、
「男も毎年の航空身体検査でけっこう不合格になってますし」
と笑われるのがオチだった。
組織としては、それでも大丈夫なように備えているのである。
そうした議論が何度も蒸し返され、検証されてきたが、
偏見を持つ人には関係ないのだろう。やれやれと思うけど、
そういう人はパイロットにはなれないだろうな。

|

2018/10/09

サンタにオフィシャルなんてない

Santaclaus_018
<このサンタは偽物ですかね?>
もちろんサンタクロースに本物も偽物もあるまい。
子供にとってはプレゼントをくれる人がサンタだ。
夢を与えてくれる人がサンタだ。
そういう存在というか、概念がサンタだ。
そこに本物も偽物もない。
誰もがサンタになれるし、どこにもサンタはいる。
僕だって、なったことがある。
Santaclaus_019
<このサンタも偽物ですかね?>
もしニセのサンタがいるとしたら、
たとえばオフィシャルとか自称する人ではないだろうか。
そもそも、サンタを公認できるなんて何様のつもりなのだろう。
で、公認されていないのは偽物なのか?
子供たち相手に、「キミにプレゼントを持ってくるのは、
非公認のニセサンタなんだよ」とでもいいたいのだろうか?
Santaclaus_020
夢を与えるフリをして、実は夢をこわすヤツこそ偽物だ。
そんなつもりはないというなら、
オフィシャルだとか何だとか主張しなければいい。

|

2018/10/01

なんとなく敗北感

朝、「雨ですけど、行った方がいいスか?」とメールしたけど
返事がなかった。これは、「来い」ってことだな・・・。
仕事でもない、雨の航空ショー。駅からは、3kmくらい歩く。
どうせ飛ばんだろと思うと、重い機材は持っていきたくない。
かといってカメラなしで航空ショーに行くほど潔よくもない。
久しぶりにオリンパスのSTYLUS-1をひっぱりだした。
ヘリコプター相手とはいえ航空ショーで使うのは初めてだ。
雨の中で設定を詰めていくのも面倒で、ジタバタした。
Tachikawa_018
それから、格納庫に親分と若い衆の顔を見にいった。
「メールは、しかとですかい?」
「あ、ごめん、ついさっき読んだばかり」
そのくらいじゃないと自称ブラック社長は務まらないのだろう。
先日も、「モノを大切にしないと、アモコが出ますよ」と、
ワケのわからん説教をされたので、
ガラクタを押しつけようとバッグに詰め込んでいたのだが、
渡すのを忘れたことに帰り道で気がついた。
なんとなく敗北感な1日。

|

2018/09/24

大きいと風船も重い

8月に、セントレアで見た巨大風船の787。
見たときには特になんとも思わなかったけど、
改めて写真を見直すと、いろいろ疑問点が。
Sq787balloon_001_1
主翼とか、空気圧だけで保持できているのだろうか。
小さいとはいえ、タタミ数畳分くらいはあるだろう。
もちろん機体全体の重さも相応になると思うのだけど、
それを支える腹のあたりは特にへこんでいない。
空気圧が、かなり高いのだろうか。
Sq787balloon_002_1
あるいはヘリウムを入れて、浮力も利用?
だとすると、それだけでけっこうな金額になりそうだし、
せっかくならばもっと浮かせた状態で展示しそうなものだ。
Sq787balloon_003_1
骨を入れた方が簡単そうだけど、
風船の中に骨組みを作るのは面倒くさそうだし、
どうせ骨を入れるなら、もっと翼をピンとはりそうなもの。
やっぱり、空気圧だけなのかな。

|

2018/09/23

秋分2018

Nh738_2367_1
早朝の飛行機に乗ると、日の出の時刻から
季節の変化をリアルに感じる。今年も、もう秋分。
今年はひどい天気に振り回されて消化不良の夏だった。
Ex300_153_1
命の危険を感じるような災害に見舞われなかっただけ、
被災地の皆さんよりは幸運だったとはいえるだろう。
ま、いろいろ言いたいことはあるにしても。

|

2018/09/18

ジェット機だから速い、という評価

他人の作った記事でも、もちろん
「おっ、やったのか、しゅごいな~」と感心することは多い。
同業者として「やられたな~」という気持ち以前に、
飛行機好きの一人として、わくわくする。
ましてや普段の仕事ぶりを感心して見ている人のオススメ。
さっそく取り寄せて読んでみた。
Jet_810_1
※写真はイメージですけど。

金を払った分くらいは言わせてもらうと、
久しぶりにアゴがハズレそうになった。
ジェット機だから着陸時のスピードが速いのが醍醐味・・・って、
いくら航空が専門ではない一般誌であっても、
新型機の評価コメントとしては痛すぎる(涙)。
新型バイクでも、「自転車よりも速い」とかほめないでしょ?
わくわくしていなかったら、(苦笑)程度ですんだのだけど。

|

2018/09/04

知ったことか

僕がしばしばキヤノンに苦言を呈するのは、
45年来のキヤノンユーザーとして、
できればもっといいカメラにしてほしいと思うからだ。
Jd727_002_1
だから、「キヤノンに言うならニコンにも言えよ」とか
絡んでくるヤツがいたら、そいつは大馬鹿だろう。
使ってもいないカメラのことなんか、知ったことか。
Foreign_016_1
日本のいろいろなことに苦言を呈したときに
「じゃあ××国はどうなんだ」とか絡んでくるヤツも同じ。

|

2018/09/02

その手があったか!

Flying_car_115_1
MRJを「空飛ぶクルマ」ってことにしたらいいんだよ。
そうしたら、面倒な型式証明なんか取る必要なくなる、かも。
いまの政権なら、特区とか、岩盤規制突破とか、
官僚の忖度云々(でんでん)で、なんとでもなるでしょ(笑)。
とりあえずウインカーとバックミラーつければいいんじゃない?
ただし、文章の記録は残さないように厳重注意ね。

|

2018/08/29

翼をください

中学時代には校内の合唱コンクールがあった。
僕のクラスが何を歌ったのかは忘れてしまったけど、
隣のクラスのは覚えている。しょうじょう寺の狸ばやしだ。
よく一緒に遊んでいたトモヤスやチョンガー(あだな)が
「ポンポンポン、ポンポンポン」と腹を叩いて、
「俺たちはこれだけ」とゲラゲラ笑っていた。
Tanuki_13_1
定番の「翼をください」を歌ったクラスもあった。
当時から飛行機が好きだった僕は、うらやましいと思った。
だからという訳ではないけど、僕の懐メロ満載のiPodにも
「翼をください」は入っている。
T400_077_1
iPodを見ると、よく「なに入っているの?」と聞かれる。
「懐メロばっかりですよ」というと、
「まさか、翼をください、とか入ってないでしょうね」と、
にこやかな女性が突然怖い顔になってビビッたことがある。
合唱コンクールの練習で嫌いになるほど歌わされたらしい。
Cat_52_1
あとは、「中島みゆきとか聞いてないでしょうね」とも。
「うるせー、放っておいてくれ」などとは
阿施光南は特に女性に対しては言えないのだが
以来、ランダム再生で中島みゆきが流れてくると、
なんとなく後ろめたいような気持ちになってしまう。

|

2018/08/27

赤い雲、接近中

Lane_001_1
写真も飛行機もお天気商売なので、
もちろん出張先でも天気予報はよくチェックする。
アメリカにも「お天気お姉さん」がいるんだねー。
Lane_003_1
しかし、この日はニュースでも天気情報ばっかり。
なにしろカテゴリー4の強烈なハリケーンが接近中だ。
風速155mphって、時速250km、秒速70mだよ。
瞬間最大風速は190mph(時速306km、秒速85m)。
これはスカイダイビングでも経験したことのない風だ。
Lane_002_1
で、このとき僕がいたのは矢印のあたり(冷汗)。

|

より以前の記事一覧