2017/09/30

HAC設立20周年

Hac_949_1
今日でHAC(北海道エアシステム)は設立20周年だそうで、
おめでとうございます。
昔から北海道にはかなりの頻度で行っていたのだが、
実はレインボーカラーの時代には乗ったことがないどころか、
「いつの間にこんな会社が?」という程度の認識だった。
設立20周年と聞き、ああなるほどなと。
僕が育児にも追われて、けっこう大変だった時期と重なる。
子供が保育園に入れるかどうかは深刻な問題だったし、
なんだかんだで円形脱毛症になったりもした。

しかし、あいかわらず解決しない保育園不足の問題とか、
そうした無策を擁護する無神経な声とかにはゾッとする。
「保育園がダメなら親に頼ればいいだろう」とか、
保育園に預けるなんて、かわいそう」とか、
「奥さんに仕事を続けさせるとは情けない」とか、
馬鹿な声を聞くたびに円形脱毛症が広がりそうになった。
そりゃあ少子化が進むわけだぜ。
若いお父さんお母さんには「がんばって」というしかない。

|

2017/08/18

重さ160キロの乳幼児

2歳以下の乳幼児連れで旅客機に乗るときには、
子供の航空券は無償だけれども座席も確保されない。
子供は親のヒザの上に抱っこするのが基本だ。
そしてシートベルトをするときには、
子供も一緒にシートベルトをしてはならない。
少し前にも話題になっていたけど、飛行機の常識だ。
まず親が普段通りにシートベルトを締めたうえで、
子供はしっかりと抱いておけと指示される。
ま、それでは緊急時には子供は助からんだろうとは、
CAもうすうす気づいているだろうけど言わんよね、わざわざ。
Mmim_057_1
シートが壊れるような衝撃ならあきらめるしかない。
しかしシートは前方向16Gの動荷重にも耐えられる。
そして、この荷重までは乗客も生存の可能性が高い。
しかし体重10キロの子供は16Gで160キロにもなる。
とても親の腕では安全に支えきれないだろう。
ではどうすればいいのか。
ちゃんと子供用にも1席確保して(運賃を払って)
FAAなどで認可された後ろ向きチャイルドシートを使う。
NTSB(米運輸安全委員会)はそのように推奨している。
貧乏人には厳しい話だけど、
だから自動車のように義務化はされていないし、
航空会社の対応もまちまちなのだろう。

|

2017/05/05

こどもの日に条件づけ

Koinobori2017_1_1
例年より少し早いが
「こどもの日」に恒例の寄付を条件づけようかと考えた。
4月と5月はムカつく国民健康保険の引落としがないから、
精神的にも少しは余裕があるし。
Sirocco_841_1
もう6年もたったのか。バブバブだった子も小学生?
小学生だった子は、そろそろ大学に入れる歳か?
年にたった2回、微々たる金額だけど、
勉強したい気持ちを応援したい。

|

2016/11/29

待機児童問題は続いている

自分自身が苦労したから、
保育園の待機児童問題には注目している。
でも、「それは首都圏とか一部の大都市圏だけの問題」
とかいう人がいた。そうなのか?
Hanoi_743_1
そこで少し調べたら、いまは東京、名古屋、関西の
三大都市圏だけで全人口の半分以上を占めるそうだ。
つまり大都市圏に住む人は「一部」どころじゃない。
さらに三大都市圏以外の、たとえば福岡について調べれば
待機児童が2年連続増加などという報道にヒットするし、
札幌でも仙台でも、どこも待機児童がうじゃうじゃだ。
な~にが「一部の問題」だよ。デマ流すな。

|

2016/05/23

続・心を無にして

また無事に、わずかながら寄付を行うことができた。
なんとか継続はしているけど、まだ総額でも微々たるもの。
それを思うと情けなくなるけど、そんなときは心を無にして
Syd_016_1
勉強してねー。でも、ときにはサボってもいいよー。

|

2016/05/13

逃げられた

自転車に乗っていたら、目に虫が飛び込んできた。
家の近くだったので、すぐに帰宅して目を洗った。
普通なら流水を使うが、カップ式の洗眼液で。
それから慎重に液面を観察したのだが虫の姿はなし。
浮いてたら写真を撮ろうと思ったのだが、残念(笑)。
Ams_188_1
そういえば子連れでママチャリに乗っていた頃にも
よく小僧の目に虫が入ってしまって困った。
そこで遠出には低刺激の子供用目薬を常備するようにした。
いつでもきれいな流水が確保できるわけではない。
春先には浮遊する虫が増えるから、あると便利っすよ。

|

2015/06/06

素敵な年中行事

ドーハのハマド国際空港に座り込んだテディ・ベア。
高さ7メートル、重さ15トン、値段は680万ドルだそうです。
最近のレートだと、ざっと8億円といったところか。やれやれ。
6_8m_usd_1
もうそんな季節かと思いつつ、また寄付したことをうざく報告。
なんだか年中行事として定着してきたのかなと思う。
「俺が働くから、おまえは学校に行け」って、悪くない。
そんな大それた金額じゃないから、「俺たちが」かな。
半年後の自分、またよろしく。震災の日を忘れないためにも。

|

2015/03/29

早めに鯉のぼり

毎年スーパーで小さな鯉のぼりを買って掲げる。
もはや小僧は喜んでもいないと思うから、僕の趣味。
吹き流しはいつだって飛行機のよき相棒である。
出はじめの頃は「まだ早いだろ」と思うが、
そのくらいで買って飾った方が最後はボロボロになって
ちょうどいいタイミングで惜しげもなく捨てられる。
Koinobori2014
<去年のは、ちょっとデカすぎた。今年は自重しよう>

|

2015/03/19

お大臣さま多すぎ(笑)

Kinder_garden_at
最近やたらと「担当大臣」が多くてワケわからん。
要するに政府がなにかやってるフリするためなのだろう。
あるいは単純に「お友だち」の経歴に箔をつけてやるため。
少子化担当大臣なんか第1次安倍内閣で作ったけど
それから少子化に歯止めがかかったとは聞かない。
保育園不足とかマタハラとかの問題も相変わらずで、
小僧がバブバブだった頃とまるで同じニュースが流れている。
要するに、やる気がないのだろう。
つけるのは箔よりも無能のレッテルこそふさわしい。

|

2015/02/26

勧誘されるのは嫌いだが

Book_shop_1_1
僕が通った高校は、大学への進学率がほぼ100%だった。
そういう環境にいると、大学に進むことがごく普通に思えた。
だから当時の大学進学率が30%台と知ったときは驚いた。
大学に進学するということは、ぜんぜん普通ではなかったのだ。
改めて大学で学ばせてくれた親に感謝したし、
子供が生れてからは僕もセッセと学資保険を払い続けた。
大学に行くかどうかは本人次第だが、備えはあった方がいい。
そして知人に子供ができたと聞くと、
保険のオバサンみたいに、まず学資保険を勧めてしまうのだ。

|

より以前の記事一覧