2022/08/03

アゲハ蝶は幼虫もかわいい

Ageha_90a_1_1 
「黒いアゲハ蝶はクロアゲハ」という認識だったのだが、
調べたらこれにも色々あるらしい。
僕には識別不能だけど、まあまあかわいい。
実はアゲハ蝶の幼虫のフィギュアも持っている。
Kimadara_27_1_1 
なんかいるなと思って620mm相当で撮って、
さらにトリミングしたら交尾中のカメムシだった。
これにも色々あるんだろうかと調べたら、
どうやら月並みに嫌われモノのクサギカメムシではなくて、
外来種のキマダラカメムシであるようだ。
どっちにしろ、かわいいとは思わないけど。

なんだろうね、この違い。
まあ、好き嫌いは理屈じゃないから。

|

2022/07/10

お声はかねがね

初対面でも、声で誰かわかることがある。
想像したのとぜんぜん違って驚くこともある。
Hibari_012_1 
これがヒバリ?
飛行場にはよくいるのだが、
これまでは忙しく鳴きながら飛んでいるのを遠望しただけ。
羽ばたきの様子からもっと小さな鳥を想像していたし、
「すかいらーく」のマークとも全然ちがう(苦笑)。
でも、目の前で鳴いている声は間違いようがない。
Oojurin_017_1 
こちらは草むらの中で聞いたことのない声。
シジュウカラ?」と思ったけど羽根が茶色い。
調べたら、「オオジュリンの繁殖期のオス」っぽい。
こちらは名前すら知らなかったから、
たぶんしばらくしたら忘れる。

|

2022/06/28

カルガモ一家2022

今年はさっぱりカルガモのヒナを見なかったので、
ちょっと寂しい気持ちでいたのだけど、6月26日に初見。
Kamo2022a_1 
お母さんは顔出しNGだそうです。

|

2022/06/26

「飛ぶ」と「跳ぶ」のちがい

Karasu_2548_1 
「飛ぶ」のは揚力か、せいぜい浮力までだろう。
でも、跳んでるカラス、予想外にかわいい。

|

2022/06/22

たぶん何かの幼虫

虫は苦手というほどじゃないけど、得意でもない。
まったく無害とわかっていればともかく、
なにしろ識別能力がないものですから。
Mushi_2594_1 
なんだかわからんけど、とりあえず撮った。
マクロが弱いカメラだから思い切りトリミング。
それ以上追求する気もなかったけど、
画像をじっくりチェックしてからは、少し気になる。
イモムシみたいだけど、産毛みたいな毛もある。
なんだか不自然にパステルグリーンじゃないですか。
黄色っぽい塊は何?そもそも、本当に幼虫なのか?

|

2022/06/11

ミケ

三毛猫を見るとオスかもしれない、と気になる。
たぶん中学理科の遺伝の授業で、
三毛猫にオスが少ない理由も学んだ。
「だからオスの三毛猫がいたら高く売れるぞ」とも(笑)。
Notnora_2274_1 
「そんな知識は一生使わない」とかいう
教養のない国会議員や実業家もたくさんいるけど、
「高値で売れる」と聞いたら飛びつくんだろうな。

|

2022/06/04

イソヒヨドリ

Isohiyodori_039_1 
旅先の街灯の上で鳥がかわいい声で鳴いていて
いちおう撮ったけど識別は厳しいかなと思った。
PCで拡大したり露出を変えたり彩度をいじったりして、
画像としてはボロボロになったけど、
識別できるくらいにはなった。
Isohiyodori_039a_1 
どうやらイソヒヨドリという鳥みたいです。
そういえば、海まで2kmほどしか離れていない場所。

|

2022/05/31

野生でも腹はこわす

コンパクトカメラでは採餌の瞬間はなかなか撮れないけど、
このへんのサギは魚よりザリガニをよく食っている。
もっと、どんどん食ってくれと思うけど。
Aosagi_2511_1 
都市河川のザリガニを生で食うのは怖いけど、
野生の生き物でも腹をこわしたり死ぬことはあるらしい。
でも、食わなければ死んでしまうのだから選択の余地なし。

|

2022/05/19

ペットとしてはどうか

Fukurou_24_1 
東京でフクロウを飼えると思ったことはないけど、
単純に興味で育て方を調べたことはある。
ヒナに与えるエサの準備の大変さを知ったあとは、
たとえ田舎でも飼えないなと思った。
Baku_004_1 
バクもよくわからないけど、なつくのだろうか。
想像できないけど、すごくなついたら、たぶんかわいい。
Godzilla_0098_1 
私たちがペットになるのです、ってセリフがあったっけ。
人間はペットとして、どうなのだろう。

|

2022/05/15

ヘビ年か?

Hebi2022_003_1 
今年はアオダイショウの当たり年のようで、
チャリンコに乗る日はかなりの確率で目にする。
懸垂公園でもイチョウの木に上っていた。
Hebi2022_004_1 
妙に白っぽくて、痩せた感じのが川に1匹。
「死んでるのかな」とのぞきこんだら、真下にもう1匹。
Hebi2022_005_1 
「あの白いのは、こいつが脱皮した皮か」と思って、
こっそり降りて回収しようかと思ったけど、
よく見たらちゃんと動いていた。回収作戦は中止です。
Hebi2022_006_1 
別の日には、流されながら自主的に泳ぐ個体も。
その下流、進路上にいたカモはそそくさと逃げていった。
成鳥が食われることはないだろうけど、
卵とかヒナは狙うだろうから、仲良しではなかろうね。
Kamo528_1a 
ヘビは子供時代の吉祥寺でもまず見なかったから、
正直なところ「どうだ」って自慢したい気分なのだけど、
23区内でこれだから、全然珍しくないのかもしれない。
東京でも青梅の親分あたりには熊自慢とかされそうだし。

|

より以前の記事一覧