2021/01/25

スズメバチの巣の跡

Hornet_nest_333 
去年見つけた公園小屋?のスズメバチの巣
今年に入ってから撤去されてしまっていた。
落ち葉と一緒に処分しちゃったのかな。
Hornet_nest_334 
どうやって壁にへばりついていたのか、
拡大してもよくわからん。

|

2021/01/04

泥よけで空からのウンチは防げない

Mtb_359_1 
チャリのリアフェンダーがボロリと落ちた。
もう10年くらい乗っているから、
1点支持の樹脂製ステーが劣化して折れたようだ。
幸いモノタロウで売っていたので取り寄せて修理した。
モノが壊れるのはうれしくないけど、
すっきり直るとむしろ気分がいい。
Karasu_7117_1 
(ステーだけ)新しいフェンダーをつけた初日、
いい気分で走っていたら手袋に何かが当たった。
げろげろ、カラスのフンだ。
「ウンチが当たって運がいい」というスカトロ趣味はない。
でも、いつもいじめている(誤解です)カラスの中に、
「やったぜ」という気骨あるのがいるのなら(これも誤解)、
それはそれで楽しみだ。

|

2020/12/26

見られている

Dolphin_168 
以前訪ねた日本ドルフィンセンターのイルカ、
ショータイム以外は派手な動きをするわけでもなく、
けれども顔を出して近くをゆらゆら泳いでいた。
Dolphin_169 
人間を観察しているんですよ、と飼育員のおねえさん。
空気中でも、いちおう見えているらしい。
値踏みされていた、のかな。
Dolphin_170 
フロートの上で姿勢を低くしてみると、
すーっと泳いできて水しぶきがかかるほどに。
こっちが驚くのを楽しんでいるのだろうか。
Dolphin_171 
エサをあげるわけでも、遊んであげるわけでもないのに、
無闇に呼んではいけないなと思いつつ感激するのは、
双方向コミュニケーションの手応えを感じるから。
次はこちらが向こうの意志を理解しなくては。
Dolphin_172 
カラスより賢そうだなあと思うけど、
賢さの尺度は動物によって異なるから比較はできない。
カラスの智恵は水中では役に立たず、
イルカの智恵もカラスには役に立たない。
人間の智恵は、イルカとカラスのどちらにも役に立たない。

以前ならば買わなかっただろうなというデザインの
イルカのタオルが、そのときから我が家にはある。

|

2020/12/14

ろくろ首のような

Goisagi_002_1 
「おっ、新顔だな」などと思ってしまってから、
「な~にを偉そうに」と自分で突っ込んでしまった。
スーパーへの買い物がてら発見した鳥は
胸ポケットに入れているコンパクトカメラで撮影して、
家のPCで拡大して識別を試みるのである。
Goisagi_003_1 
どうも、これはゴイサギという鳥ではないかと思う。
そんな名前を聞いたことがあるような気もするが、
オイハギと混同している可能性もある。
サギといいつつ首が短いように見えるけど、
普段はたたんでいるので本当は長いそうだ。
Aosagi_001_1 
そういえば首が長いのも見たはずと、11月下旬の写真。
でも、これは首の後ろに黒い模様がついている。
ゴイサギじゃなくてアオサギっていうヤツっぽい。
たくさんの鳥カメラマン、見向きもしていないけど。
Aosagi_008_1 
アオサギは7月にも見ていたけど、ずっといたのかな。

|

2020/12/03

最近見つけたモノ

スズメバチの活動期は11月までだそうだ。
とはいえ巣にカレンダーなんか貼ってないだろうし、
旧暦を使っているかもしれないし。
Hornet_261_1_1 
標準コースの近くだが、まだしばらく近づく勇気はない。

|

2020/11/27

電車ネコ

Gotokuji_502_1_1 
招き猫、心の目で見ると、吊り革が見えてくる。
今日も通勤、ご苦労さまです。

|

2020/11/23

そろそろ名前を

Karasu_8183_1 
久しぶりに、すぐには逃げないカラスがいたのだけど、
これまたずいぶん顔つきが違う。
そろそろ名前をつけないとわからなくなりそうだけど、
いっぱいいるから、やっぱり識別は無理だろう。
Karasu_753_1 
ここの集団には「いかにもなハシブト」が多いのだけど、
こいつはハシボソでいいのかな。
どこまでが種の差なのか個体差なのかよくわからん。

|

2020/11/04

なんでも「カモ」ですませる

Fuk_018_1 
昔と比べれば没個性になったとはいえ、
飛行機の識別は簡単だ。
細かな派生型はともかくとして、まあ、わかる。
越冬のため飛来するカモたちを見ているとそう思う。
Kamo_145_1 
こいつは、夏の間からおなじみのカルガモと思う。
本当は違うのかもしれないけど(以下同)。
Kamo_149_1 
う、なんか頭が黒くて、よく潜っているのが登場。
「頭、黒、カモ」とかで検索して、
キンクロハジロとスズガモというのが近いけど、
後頭部に寝グセが伸びているのでキンクロハジロだろう。
Kamo_148_1 
これも10月に入ってから見たカルガモじゃないやつ。
たぶんオナガガモってやつではないかと。
Kamo_146_1 
こういうのがいちばんわからん。
「カモの見分け方」とかの、どれにも似ている(涙)。
しかもカモはオスとメス、成鳥と若鳥とで色が違ったり、
季節によっても変わったりするというから途方に暮れる。
Kix_0071_1
空港で、なんでも「ジャンボ」という人にもやさしくしたい。

|

2020/10/31

おねむのカラスさん

上野公園入口のカエルの噴水にカラスが1羽。
足も尾も水に浸したままでジーッとしていた。
Karasu1012_001 
そっと近づいても逃げる様子もなく動かない。
寒くもないけど、水浴びしたいほどの陽気でもなし。
Karasu1012_002 
見ていたら、どうも眠くて眠くて仕方ない様子。
小さな子供が必死に眠気と戦っているみたいに、
体を揺らしながら目をショボショボさせている。若鳥かな。
Karasu1012_003 
「おねむなのか~」とか話しかけたかったけど、
近くのヤニ場には人がたくさんいて視線を感じたし、
起こしてはかわいそうなので、
写真を撮っただけでそっと退散。

|

2020/10/29

お菓子のお家みたいな?

Yagi_273_1 
普段、自分が踏みつけている草が
みんなごちそうって、どういう気分なんだろう。

|

より以前の記事一覧