2018/04/08

でっかいハブがいるところ

沖縄では、野生のハブを見たことがない
「まだいるんですか」と聞いたら「いっぱいいる」と。
「じゃあ、このへんもヤバい?」と道路脇の草むらを。
「ここは人通りもあるから大丈夫だけど、あのへんは・・・」
嘉手納基地外周での地元の人との世間話だ。
夏の雨上がりのときなんかも、けっこう湧いてくるらしい。
Kadena_bush_1
「でも、とりわけでっかいのがいるのは那覇だな」
市街地にはネズミが多く、つまりハブのエサも多いとか。
とはいえ、隠れられるような草むらとかは少なそうだ。
「家の軒下のスキマとかさ」
はあ~、やっぱりいるのか(涙)。

|

2018/01/12

ハエトリグモ撮影失敗

机の上にハエトリグモが遊びにきたので、
スライド用のルーペをかぶせて捕獲した。
よし、これで簡単にマクロ写真が撮れるぜと思ったのだが
レンズの裏側に張りつかれては拡大されない(苦笑)。
Haetori_34_1_1
うまいことやったと思ったんだけどなー。

|

2017/10/19

クマんバチ

Carpenter_bee_6895_2_1
駆除されてしまうとイヤなのでくわしくは書かないけど、
都心の、いわゆる一等地で見たクマバチ。
子供の頃は「刺されると死ぬ」とか言われて恐れたけど、
実際にはけっこうおとなしい蜂であるそうです。
とはいえ都会っ子なのでマクロで撮るほど近づけず(爆)。

|

2017/10/07

イヌ捨て場じゃないよ

Koira_p_044_1
ショッピングセンターで見た「コイラ」のパーキング。
フィンランド語でKOIRAは犬だとは知らなかったから、
絵が描いてなかったら、
ゴミ捨て場と間違えたかもしれない。

|

2017/08/03

がんばれスズさん1号

ずいぶんにぎやかだなあとベランダを見たら
今度はスズメが2羽遊びに来ていた。
Suzume_250_1
1羽(右)はまだクチバシの横に黄色が残っている。
親鳥よりも図体はでかいくらいだが、まだヒナだ(笑)。
このところ子連れのお客さんが多くて、うれしい。

|

2017/07/23

がんばれヒヨスケ2号

ベランダから部屋をのぞきこむ顔があった。
おー、5年ぶりにヒヨドリのヒナだ~!
Hiyosuke2_001_1
近くにいるはずの母鳥が緊張しないように
レースのカーテンを閉めて
遠くからそっと観察していたら、母ヒヨもやってきた。
でも今回は母ヒヨが呼んでもなかなか飛ばない。
なんだかんだと1時間くらいはいたかなあ。
母ヒヨがエサを捜しに(?)どこかに飛んで行っている間に
そっとカメラを構えたらちゃんと目線をくれた。
Hiyosuke2_002_1
大きくなったら、またいつでも遊びにおいで。

|

2017/07/09

レース鳩

Racing_pigeon__001_1
7月4日に南の離島の空港でみた鳩。
カメラを向けても逃げないなと思ったら脚環をつけていた。
これが、いわゆるレース鳩ってやつなのか。
しばらくこちらの様子をうかがっていたけど
飼い主でもなく、エサをくれるわけでもないとわかったのか
どこかに行ってしまった。
Racing_pigeon__002_1
あとで画像を拡大してみたら「TAIWAN2017」の文字。
続く数字は「3375・・・」か?
台湾からの距離は500kmくらいの孤島だ。
最近はレース鳩の帰還率はどんどん下がっているらしい。
元気に飼い主のもとに帰れていたらいいのだけど、

|

2017/05/03

B-1B(けも耳つき)

今日は憲法記念日か。
不思議なのは、憲法をないがしろにしている政治家ほど、
憲法改正を声高に叫んでいるように見えること。
とっくにないがしろにしているのだから、
あらためて改憲に執着するすることもなかろうにと思うが、
やはり現状ではやましい気持ちがあるのかな。
B1b_532_1_2
日本ではあまり見る機会のないB-1B。
実は立派な耳がついている。

|

2017/03/03

ヘビだけでなく恐竜もいる

それもスネークセンターの魅力のひとつ。
Stegosaurus_30_1_1
素敵なディスプレイ、
マンションの非常階段でマネしたい。

|

2017/01/01

酉年スタート

Tera_59_1
喪中だったから、年賀状用の写真撮ってないんですよ。

|

より以前の記事一覧