2020/03/29

がんばっていると応援したくなる

なんだかワケのわからない写真かもしれないが、
わからない人には見つけられないだろう。
Hangers_135_1 
僕も意図せず、間接的に協力していることになるが、
これだけ集めて組むの、ものすごく大変だと思う。
こんなに頑張っているならと、応援したくもなる。
「もっと要りますか?」とか訊きたくなる。
・・・・・あげないけど。

|

2020/03/27

うれし悔しい

ベランダに干していた洗濯物のTシャツが落ちていた。
また風で飛ばされちまったのか思いつつ、
もしやと捜したら、やはりハンガーがなかった。
Hashibuto_004_1 
またそういう季節になったのかと、ちょっとうれしい。
今年は負けないよん。

|

2020/03/07

カモン・グース

1990年代に、ビル・リッシュマンが撮影した
カナダガンの飛行を直近から捉えた映像には驚いた。
刷り込みをしたカナダガンをULPから空撮したのだ。
日本でも対抗してより多くのマガンを刷り込みして、
旅客機と編隊飛行をさせる試みが行われているが・・・
Goose_116_2_1 
なんてことは、もちろんないです(※クリックで拡大します)。
空港上空を渡りのマガンの群れが横断しているときに、
ヤバいタイミングでFDA機がアプローチしてきて、
すごすごとゴーアラウンドしていきましたとさ。
マガンの方が優先順位が上だものね(それは嘘だ)。
Goose_110_1 
このあと群れは去っていき、FDA機も無事に着陸。
FDA機のお客さん、鳥たちを空撮したかなあ。

|

2020/02/02

友だち候補

歩いていたら、そばの街路樹にカラスが飛んできた。
カラスは人に見られるのが嫌いと聞いていたから、
歩きながらガン見してやったのだけど、
むしろ興味を持ってこっちを見返してきた。
Karasu_11_1_1 
「カメラも嫌いだよね」と立ち止まってコンデジを出したが、
これも一向に動じる気配がなく、カアカアいってくる。
こっちが立ち去るときには「カ~ア」と鳴き声が変わった。
ひょっとして、お友だちになってくれるのかな。

|

2020/01/09

鳩、ゴキブリ、ETC

神戸空港のポートライナー終着部、
ここまでは車両が来ないというところの柵に、
鳩がふてぶてしくたむろしている。
鳥としては例外的に、まったくかわいくない
Kobe_70_1 
自転車で通るときにも、鳩はギリギリまで避けない。
そのまま突っ込む根性はないから減速するけど
(たまに鳩の死骸が転がっているよね)、
それでもぎりぎりでようやくあわてて飛んでいく。
その飛行方向がゴキブリのように先が読めず、
「ひえ~」と思いながらさらにブレーキ。
そのタイミング、何かに似ていると思ったらETCだ。

|

2019/12/04

笑う鳥、泥棒鳥

若いころ、ある女性が「本当に知らないの?」と言って
「わらいかみせみに話すなよ」を歌ってくれた。
その歌も、ワライカワセミも知らなかったけど、
その名前の響きと、女性のうれしそうな歌い方と、
いろいろな気持ちが膨らんでいたから、
初めてシドニーで見たときには、ちょっと感激した。
Pie-bavarde_4612_1 
これはヨーロッパに多い(たぶん)カササギで、
見るたびに「泥棒かささぎ」という言葉が思い浮かぶのは、
ロッシーニじゃなくて村上春樹のせいだろう。
歌劇を楽しむような趣味はないが、
「泥棒かささぎ」という名前は、唐突すぎて素敵だ。

|

2019/10/31

アルマジロの腹には毛がある

Torypeutes-matacus 
あまり見る機会がないから知らなかった。

|

2019/10/21

猫最強

No_dogs_030_1 
<ビーチは犬禁止>
昔、スヌーピーががっかりしているアニメを見たことがある。
No_dogs_178_1 
<ビーチ沿いの芝生も犬禁止>
さらに上の方には、動物、スケートボード、自転車、
原チャリ、酒、ガラス容器、たむろすこと、喫煙、
ドラッグ、眠ること、ポイ捨ても禁止とある。
No_animals_173_1 
<近くのショッピングテラスの禁止事項>
自転車、スケボー、ローラーブレード、動物・・・。
それぞれごもっともなんですけど、なんだか息苦しい。
せっかくのビーチリゾートなのに、楽しくない。
そのうちブラック校則みたいにパンツの色も指定されそう。
Cat_allowed_167_1 
<その、動物禁止のショッピングテラスにいた猫>
半野良かな。
人間の都合なんか知るかって感じで、最強。

|

2019/05/19

オオゴマダラ

Ogomadara_1
ガキの頃には野球帽でチョウチョをつかまえては
結果的に何匹も殺してしまったかもしれないけど、
虫ピンで刺して標本にするのは、ついにできなかった。
なんだろうね、その違い。

|

2019/05/10

愛鳥週間2019

Sarcoramphus-papa
こちらを見ているような気がする。
Haliaeetus-albicilla
こちらを見ていないような気がする。
Eudocimus-ruber
よくわからない。
Sumow_087_1
見ていないようでも、視野が広い鳥は
けっこう見ているのかもしれないし。

ちなみに、うちで飼っていたオカメインコは、
目が合うとすぐに飛んできて肩にとまったので、
面倒なときには目を合わさないようにしていた。
向こうは、こっちが見ているかどうかわかるんだね。

|

より以前の記事一覧