2021/09/26

カブト(残骸)

Kabuto_049_1 
カラスやタヌキはカブトムシもよく食うそうだ。
メスよりもオス、そしてツノの長いカブトムシの方が、
よく食われる傾向があるそうだ。
しかし、こうやって残しているところをみると、
「ツノが美味いから」という理由ではないのだろう。

|

2021/09/16

続・スピードバード

XB-70バルキリーの外翼部は、
高速飛行時に65度ほど折れ下がる。
Aosagi_989_1 
ほぼピッタリだ。やはりアオサギ、タダ者ではない。

|

2021/09/07

迷い猫の日

Lostcat_039_1 
トゥールーズで見た迷い猫さがしのチラシ。
フランス語はわからなくても、
だいたいの内容と、飼い主の必死の気持ちはわかる。
9月7日にいなくなりました、ってことかな。
僕も作って貼ったことがある、オカメインコで。
もともと迷い込んできた保護鳥だったけど。

|

2021/09/02

双子パンダの名前

Panda_u002_1 
上野の双子パンダの名前募集、締め切りをすぎていた。
「しまった~」と、心にもない後悔の言葉を口にしてから、
どうせ選ばれないだろうけど、
絶対に応募されていただろうなという名前を推測。
時節柄、「ワクワク」と「チ■■ン」は多かっただろうね。

|

2021/08/18

スズメくらい、黄色

よく知らない鳥の鳴き声がしたので見たら、
スズメくらいの鳥がいたので、とりあえず撮った。
こういうときは、やはりカメラの性能よりも速射性だ。
この段階では「スズメじゃない」としかわからない。
Kawarahiwa_003_1 
「スズメくらい、黄色」で検索かけたら、
どうやらカワラヒワという鳥であることがわかった。
黄色は、ちょっと混じっている羽根の色だ。
全体の色は形容しがたかったので、とりあえず。
こういうズサンな検索語でもひっかかるのは、
鳥好きの先人たちの努力の賜物だろう。
だから見慣れない鳥を見るのは楽しい。
Ga_0901_1 
たまに虫でもやるけど、ほぼ確定にはいたらない。
蛾に絞ったところで、似たようなのがたくさん。
だからサッサとサジを投げてしまう

|

2021/08/11

カラスと縄張り争い

ベランダにでっかいカラスが来たらしい。
カミさんが気づいて追い払おうとしたけど、
なかなか逃げなくてふてぶてしかったそうだ。
Karasu_0195_1 
見たかったなあと思ったけど、
頼んだからといって来てくれるものではあるまい。
が、翌日に「また来た!」とカミさん。
そっと見に行くと、2羽めがドスンと降り立ったところ。
Karasu_0511_1 
2日連続っていうのは、何か狙いがあるのだろうか。
ひょっとして、外で会ったことのあるカラスかな。
逃げないようにそーっと近づきながら、
網戸ごしではあるけど、火薬ピストル3連射(笑)。
Karasu_0575_1 
「仲良しになったんじゃないのかよ」と言われそうだが、
「親しき仲にもテリトリー」って(言わない?)。

|

2021/07/20

初・セミのぬけ殻2021

梅雨明け前から少しずつ聞こえてはいたが、
梅雨明けと同時にミンミンゼミがよく鳴きだした。
そこで去年見つけた大量羽化の場所を注意していたが、
7月16日に初めてぬけ殻を確認した。初日は3個。
Cicada_exuviae_0881_1_1 
ミンミンゼミが鳴いているのだからミンミンゼミのぬけ殻、
と勝手に思い込んでいたけど、そうとは限らない。
で、調べてみたけど断定するほどの自信も愛情もなし。

ちなみに翌日はそのままの場所にくっついていたけど、
その翌日はきれいになくなっていた。

|

2021/07/03

場数を踏めば見えてくるもの

最近、カラス語が少しわかるようになったので(誤解)
「?」という声がするとチャリを停めて周囲を偵察する。
Karasu2_0386_1 
見つけたら、とりあえず写真に撮って、帰ってから調べる。
口の中が赤いカラスは幼鳥であることも知った。
鳴き声も成鳥とは違うし、近くでは親鳥が怒っている(笑)。
Karasu3_0404_1 
これも、クチバシは閉じているけど赤みが残っている。
近くには「カラスに注意」という看板もあった。
もちろん怒った親鳥の攻撃に対しての「注意」だ。
Karasu1_0282_1 
こうしてみると、カースケ1号のハゲチョロ具合は、
他の幼鳥では見られず、何か事情があるのかもしれない。
Snake618_001_1 
カラスに限らず、いろいろなものが「見える」ようになった。
この写真は川を上から見おろしたものだけど、
瞬間的に「?」と感じた。それからアオダイショウを発見。
Snake618_002_1 
コロナ自粛生活の運動不足対策として、
夕食の買い物でチャリ10km以上を日課として1年以上。
去年は気づかなかったものに気づくことが多くなったのは、
「いつもと違う」とわかるようになったからだろう。
それは「いつも」という基準ができたからこそで、
場数を踏むことの大切さを実感している。
たぶん、なんでもそうなんだろう。

|

2021/06/27

カワセミとか

Kawasemi611_001_1 
最初はカルガモの青い羽が落ちているのかと思った。
でもよく見たら、青い宝石、翡翠(ひすい)だった。
Kawasemi611_002_1 
見えるかな。コンパクトカメラで撮れたのは初めて。
しかし、なんとも色気ない場所。まあ、都内だからね。
Littlegrebe_617_1_1 
こちらは最近見かけたカイツブリ、
という名前も帰って調べるまで知らなかったけど。
ヒナが生れると、背中に乗せて泳ぐらしい。
ぜひ見たいけど、姿を確認できたのはこのとき一度きり。

|

2021/06/16

スピードバード

Aosagi531_003_1 
まるでロッキードF-104かダグラスX-3のように
高翼面荷重の翼を持つ高速タイプのアオサギ。
Aosagi531_001_1_1 
というのはもちろんウソですけど、
一瞬、どうなっているのだろうとは思った。
Aosagi531_002_1 
一瞬どころか、しばらく見ていてもよくわからん。
このまま飛んだら、感動して鼻血でるだろう。飛んでくれ。

|

より以前の記事一覧