2018/12/05

英国航空767退役

Ba767rb211_001_1
BAの767、先月で全機リタイアしたらしい。
日本とアメリカ以外では、どマイナーな旅客機の、
ロールスロイス・エンジン装備というさらにマイナーな存在。
Ba767rb211_002_1
しかもトレントじゃなくてRB211というのが、
なんとも懐かしいような、日本ではトラウマなような。
トレントの名前も、最近はだいぶ泥にまみれているけど。
Ba744rb211_1
そういえばBAは747もRB211を装備。
こちらはまだ使い続ける気まんまんみたいで、
2年前にはインテリアも新しく改修し終えている。

|

2018/11/26

クソまみれ

いまどきクソ万博とは大阪の皆さん御愁傷様ですと、
いまどきクソオリンピックの東京から。
東京も大阪もクソまみれで泣けますな。
Taiyo_69_1
馬鹿みたい。

|

2018/11/15

ニュース原稿の意図

ニュースとかで、「どうしてこう書いた?」と思うことは多い。
たとえばNHKウェブのHTV7小型カプセル回収のニュース。
ISSから「地球に物資を持ち帰る回収カプセルの技術は、
現在、アメリカとロシアしかもっておらず・・・」とある。
有人宇宙船を飛ばしている中国はもちろん
宇宙からの回収技術を確立しているはずだし
(でなければ、宇宙飛行士、帰ってこれないものね)、
「回収」とは違うけどMIRVの技術だってある(笑)。
「ISSから」ではないから除外したのかな。
そんなことに、ミスリードを誘う以外に何か意味ある?
Shenzhou_337_1
あとは、ダイヤモンドバックスのF/A-18F墜落のニュース。
那覇の東南東150マイルで、「北大東島」の南西沖とか。
普通なら、より近い「南大東島」の南西沖って言わないかな。
たぶんそう発表されたからだろうけど、
「襟裳岬の2200キロ沖」っていうのを思い出した(笑)。
Tahiti_279_1
<犬吠埼の南東沖9500キロで撮影。八丈島に近い?>

|

2018/11/10

737のスタビライザートリム

標準化が進んでいるとはいっても、
旅客機のコクピットには機種ごとに個性があって、
737ならばスタビライザートリムのホイールが、
やたらとクルクル回るのがチャームポイントであると思う。
ディスプレイがLCD化して、HUDが追加されても、
この古めかしいホイールはそのまま残されている。
Stab_trim_079_1
オートを切っても暴走が停まらなければ手動で対抗しろとか、
まさかの命令(AD)が現実に出されるとはと驚いたけど、
そういう事態に備えるために残したのだから想定内、、、か。

※写真はMAXではなくてNGですけど。

|

2018/10/04

はじめてサインをもらった人

ダリル・グリネマイヤーさん、亡くなったのか。
そう聞いて驚くような年齢ではなかったとはいえ、
また会えたらお願いしたいことがあったので残念。
Rb51_977_1
僕は、これまで2回くらいしか「有名人のサイン」を
もらったことがないのだけど、
その最初が、十代の頃にグリネマイヤーさんから。
1977年のリノエアレース優勝直後の喧騒の中だった。
意外に小柄な人なんだなと驚いた。

ちなみに、サインをもらったもう一人は、まだ内緒だ。

|

2018/09/27

デマ?

WEBで読めた北海道新聞の記事(9月23日)によると
北海道地震のときに東京都が送った液体ミルク1050本が
道内では、「国内では使用例がない」などとして、
(※実際には熊本地震のときにも使われたらしい)
ほぼ使われることなく備蓄にまわされてしまったのだという。
粉ミルクを溶かせなくて困った人もいただろうに・・・。
記事によると、都は地震3日後の9日には発送し、
道は11日には被災地に配ったそうが、使わなかった。
ま、それだけなら、今後の教訓にしようなという話だったが。
Kutchan_23_1_1
ところが、その記事はデマだと断定する人が出現した。
その人は道地域医療課に電話して事実関係を確認し、
液体ミルクを配布する前に水道が復旧したので配らなかった、
使用例がないから利用を控えろと呼びかけた事実はない、
という回答を得て、道新の記事をデマと決めつけた。
SNSをやっていない僕のところにも伝わってくるくらいだから、
かなり拡散されてしまったのだろうが、違和感を覚えた。
Kutchan_98_1
なぜなら、被災地ではそんなに早く水道は復旧していない。
水道復旧状況は厚真町のホームページで確認できるが、
液体ミルクが届けられたという11日現在では
厚真地区の全域、上厚真地区も過半数が断水していた。
翌日になっても、まだ厚真町では全域が断水したままだった。
これで「水道が復旧したので不要と判断した」と説明されても、
僕ならばとても納得できない。
もしそれが本当なら、その無能さも災害レベルといえるし、
それを鵜呑みにするのも安易すぎる。
どこに嘘や間違いがあったのかまではわからないけど
ならばなおさら安易に拡散していいような話ではなかった。

※写真は本文と関係ありません。倶知安風土館で撮影。

|

2018/09/16

羽田は大丈夫かな

Hnd_05c_1_1
関空連絡橋へのタンカー衝突、「ひょえ~」と驚いた。
僕は船のことはよく知らないのだけど、
錨を降ろしていてもそんなに引きずられるものなのか。
で、羽田のD滑走路は大丈夫なのだろうかと心配に。
なにしろタンカーバース(赤矢印)はD滑走路に近いのだ。
Hnd_23c_1
ただし連絡誘導路橋の両側には場周道路の橋もあって
誘導路橋本体を守る障壁になっているようにも見える。
また滑走路の周辺の着陸帯のスペースも十分に広いから、
その一部が損傷しても離着陸は可能そうに見える。

|

2018/09/07

続・備えるという仕事

Ja05hp_002_1
今年の丘珠航空ページェントの最中にも
道警のAW139がアクチャルのミッションで飛んでいった。
航空ショーの間でも、もちろん備えていたのだろう
Uh60_018_1
台風21号に続いて北海道では地震。
こう立て続けでは、うまい言葉もでないが、
そんな言葉よりも前に飛び立っていく人たちはいた。
もちろん飛ぶ人だけでなく、地上でがんばる人たちも。
Hamanasu2_136_1_1
よろしくお願いしますとしか言いようがないけど、
せめて、自分は災害時の準備をしっかりとする。

|

2018/08/22

そういえばギアードターボファンも

歴史として記録などと書いてしまったので、
その後も機会があればエンジンなしの787を撮っているが、
場所的に展望デッキから撮影するのは厳しいので、
だいたい飛行機に乗ったときに窓ごしに撮る。
787rr_001_1_1
ちなみに前回の、やや高い位置からの写真は
ランウェイ22への着陸機から撮影したものだ。
今回はランウェイ23からスポットへのタキシング中。
A321pw_001_1_1
う、787だけでなく、これはA321neoじゃないスか。
そういえばPW1100Gも・・・(もらい泣き)。
ANAの整備士さん、エンジン交換のスキルは
もう世界トップといってもいいのではないか。
そんなこと言われても、うれしくないかもしれないけど。

|

2018/07/12

うちわ日和

願えばかなう、じゃないけど、
スターフライヤーの取材中に憧れの「うちわ」をいただいた。
暑かったから、使ってくださいって感じで。
ちなみに裏面は真っ黒にSFロゴのみの渋いデザイン。
Sfj_uchiwa_28_1
でも、仕事中にもらったものは読者プレゼントというのが
月刊エアライン編集部の厳しいオキテであり、
それは僕のようなフリーランスにも適用される。
なので仕事中にパタパタあおいだりせず、
未使用のまま大切に担当編集者に送ったですよ。
実際にプレゼントで使われるかどうかは知らないけど。
Kkj36to_74_1
ちなみに前回予告した日は大雨で配れなかったとのこと。
なので、就航当日(今日だ)の午後4時半から
また小倉駅ペデストリアンデッキで配るそうです。
今日は、うちわ(配り)日和みたいでよかったですね。

|

より以前の記事一覧