2021/08/24

広義のインスタントコーヒー

Fish_174_1 
魚が切り身で泳いでいると思っている子供がいる、
というのは都市伝説、デマだそうですよ(だろうな)。
しかし、それが本当であっても、僕自身は笑えない。
農産加工品とか、元の姿や製品化までの工程とか、
よく知らない食材は少なくない。
切り身が泳ぐと思うのと、五十歩百歩だ。
Coffee_131_1 
コーヒーも、実際に農園を訪ねるまではよく知らなかった。
もちろんスーパーで売ってるコーヒー豆はよく買うし、
生豆を焙煎するとああなるというのは知っていたけど、
その前に果実から果肉を取って種だけにして、
さらに天日干しにするところを見たのはほんの数年前。
ハワイ島、スコールきたりするだろと思ったけど、
遠くに見える赤い屋根は可動式だそうですよ。
さらに脱穀して、異物を取り除いて、焙煎する。
Coffee_132_1 
ちなみにインスタントコーヒーは抽出液を乾燥して粉にする。
そこに粉砕した豆まで含んでいる場合には、
ソリュブルコーヒーだのいろいろ名前が変わるらしい。
そこまでいくと、「知るかそんなもん」って感じになるし、
スーパーで売り場を分けられたら普通に面倒くさい。

|

2021/07/17

プロ意識で選ぶビール

以前、何社かの相乗り海外取材でメシを食いに行った。
いろいろな種類の地ビールのあるお店で、
みんなそれぞれにどれにしようかと悩んでいたけど、
「お試しセットがいちばん写真映えするだろう」という、
「好み」よりも「プロ意識」で選んだのは僕だ。
Kona_beer_385_1 
実際には、これがいちばん量がありそうだからというのは、
もちろん秘密でもなんでもない。

|

2021/07/09

ビワ

社会人として一人暮らしをはじめて、
ビワが想像以上に高価な果物であることを知って驚いた。
Biwa_001 
小学生の頃、友人のM君の家にビワの木があって、
遊びに行ったときには適当にもいで食っていたから、
そんなに高価な果物だとは思っていなかったのだ。
ちなみに我が家にも柿の木とブドウ棚があったけど、
柿は渋柿で、ブドウは食えない品種?だったようだ。
F360s125_1_1 
毎日走るチャリ10㎞コースの途中にも2本のビワがある。
実がなるとムクドリが群れて食っているけど、
たまにヒヨドリが来てムクドリを蹴散らして食っている。
Biwa_002 
スズメも来ていて「オメエ食えるのかよ」と思ったけど、
ムクドリやヒヨドリが乱暴に食い散らかすので
その残骸をあさるだけでもお腹いっぱいだろう。

|

2021/02/11

最初は直立していた

空港の取材では、
飛行機ばかり撮っていればいいわけではない。
たとえばその空港スタッフのオススメ品とかも。
そういう撮影は、あんまり得意じゃない。
Softcream_003_1 
う~む、なんか背景がうるさいなとか、
じゃあ、こっちで撮るかなとか言っているうちに....
Softcream_015_1 
ひゃ~、早く撮らないと....(冷汗)。

|

2020/10/12

キノコは好物ですが

スーパーに並んでいるキノコと、
お友達さまから送っていただくマツタケは好きだけど、
そこいらに生えているキノコはちょっと苦手だ。
自分では毒キノコかどうか見分けがつけられないから、
摘んで食ったりしたことも.....あったけど。
Kinoko_031_1 
昔、美幌航空公園のあたりに生えていたキノコを
みんなでどっさり摘んで宿に持ち帰って、
味噌汁に入れてもらって食ったことがある。
「よくぞ食ったもんだな」と今では不思議だけど、
「だから東京の人間はイヤだね」とか言われるかな。
Kinoko_032_1 
ま、見かけたら写真には撮る。同定まではしないけど。
「食える」と言われても食欲をそそる感じではないし。
Kinoko_033_1 
※部分拡大。ほえ~、なんか糸ひいてる。
食うどころか、顔を近づけて見るのもちょっとこわい。
最近の雨でまたワケのわからんのが生えているかな。

|

2020/08/28

ウシの団体戦

Kgo_beef_34_1 
空港に掲げられていた鹿児島黒牛の広告、
「日本一」っていうのは何となくわかったけど、
「団体総合優勝」は「どういう団体戦なんだ?」と。
調べるのは簡単だが、調べずに妄想する方が楽しそうだ。

あいにく、もう調べちゃったんだが(涙)。

|

2020/03/16

宇宙用チョリソードッグ

取材であっこち行っているから、
各地のうまいモンをたくさん食っているかというと、
まあ、そんなこともない。
変わったモンは食っているかもしれないけど・・・。
たとえば宇宙用に真空パックされたファミマのパンとか。
Space_meal_346_1 
もちろんウソですけど、
食う暇なくてカメラバッグに突っ込んでおくと、
だいたいこんな感じになります。
空気がきれいに抜けて真空パックのようにペッタンコ。
味はたいして変わらんです(個人の感想です)。

|

2019/09/01

非常食の季節

我が家で備蓄している非常食の保存期間は、
モノにもよるけど主に3年くらいだ。
救援なしで3日はしのげる量を目安にしており、
(3食×3日=9食)×家族分、ということになる。
僕は朝メシはあまり食わないけど、
こういうときにはちゃんと勘定に入れるから、
なかなかの量になるし、保管場所や金額もかさむ。
Cafe_146_1 
約3年ごとの入れ替え時期には、
練習も兼ねて古い非常食をセッセと食べている。
いまが、まさにそのタイミング。
東日本大地震のあと災害食もずいぶん進化して
アルファ米ばかりのときよりはるかにおいしいけど、
連日食っているとけっこうしんどい。
「これ食わないとならない状況ってどんなだろう」とか、
「食えるだけありがたいのだろうな」とか想像しながら
黙々と食べている。
食べきれない分は、某編集部にこっそり・・・(笑)。

|

2019/08/14

ぢべたタマゴ

ヨード卵「光」を買わなくなって久しいが
それでも「卵」は選んで買っている。
ブランドではなく「平飼い」の卵を選んで。
我が家では「ぢべたタマゴ」と呼んでいる。
Egg_vendor_535_1 
割ったときにぷっくり立派なことが多いが、
味のよしあしや栄養価まではわからない。
ジャンク育ちの僕にそういう評論を期待してはいけない。
ただ、卵を使うたびに平飼いでウロウロする
ニワトリたちをほのぼのと思い浮かべている。
それだけで、買おうという理由にはなる。


※写真は本文と関係ありません。

|

2019/05/17

大ジョッキがいい

Asahi_beer_361_1
名古屋小牧空港R/W34に着陸するときに見える
アサヒビール名古屋工場。
ずらりと並ぶタンクはビール何杯分なのだろうと調べたら
それはよくわからなかったけど、
参加費無料の工場見学もやっていることを知った。
試飲もできるそうで、
「お一人様20分間で3杯までお召し上がりいただけます」
だそうだ。

「3杯といっても、グラスの大きさがわからないとな」などと、
しばし真剣に妄想してしまった(笑)。

|

より以前の記事一覧