« 煙が目にしみる | トップページ | 続・花をいただく »

2023/03/01

誰の造語なんだ?

G91_160_1_1 
カメラ業界はコッ恥ずかしくないのかなと不思議なのは、
カメラのグレード分けで使われている言葉。
プロ機とかハイアマチュア機とかエントリー機とか。
昔はそんな分け方していなかったと思うし、
特にハイアマチュアとかワケのわからん和製英語だけど、
いったい誰が言い出して、定着させてしまったのか。
B773er_026_1 
たとえばバイクなら、オフロードとかスクーターとか
アメリカンとか、あと排気量でもわかれば、
だいたいの性格やターゲットは想像がつくし、
欲しいバイクを絞り込むときの参考くらいにはなる。
でもプロ用とかで分類したら、「はあ?」って感じでしょ。
強いていえば、スーパーカブとかジャイロキャノピーか。
ハイアマチュア用のバイクになると.....想像もつかない。
Mig15ji2_0971_1 
飛行機用カメラならガンカメラはエントリー機で、
偵察用カメラはプロ機なのでしょうかね。
やはりハイアマチュア用がさっぱり.....(笑)。

|

« 煙が目にしみる | トップページ | 続・花をいただく »