« プッシャー・パージ船 | トップページ | 天気が悪いと乾きにくい »

2020/06/30

星の王子さまの飛行機

集中的にプラモデルを作っていたのは、
緊急事態宣言の頃だから1カ月くらい前のことだ。
手はつけたけど未完成だったプラモデルは、
目に見える場所に置いて自分にプレッシャーをかけ、
少しずつ作業をしたり、段取りを考えたりしている。
今回仕上げたのはエレールのコードロン・シムーン。
星の王子さまのパイロットならどんな色にするだろうと、
考えてもピンとこないので何年も放置していたものだ。
Simoun_fanry_001_1 
結局、サン・テグジュペリの機体塗装にしたが、
これはこれで面倒なことがてんこ盛りだった。
まず、赤も白もムラなくきれいに塗る技術がない。
エアブラシならマシかもしれぬが、僕は全部筆塗り。
あと、デカールもない。インレタで代用しようにも、
もう、ほとんど売って(作って?)いないみたい。
ならば適当なアルファベットシールでもと思ったけど、
それすらも流用できそうなものを見つけられなかった。
胴体は汎用デカールを組み合わせてごまかしたけど、
主翼はマスキングしたとは思えない歪んだ手書き(笑)、
尾翼の小さな文字は、もはや文字ですらない(爆)。
Simoun_fanry_002_1 
厚塗りの白と厚塗りの赤、デロデロの線。
苦労したわりにはため息が出てしまうような出来だけど、
それこそ星の王子さまの飛行機っぽいかもと思えてきた。
あんなヒツジとかウワバミとかを描くパイロットなら、
飛行機を塗ったって....(※個人の偏見です)。

今日は、サン・テグジュペリの誕生日。
それから、撃墜されたのは7月31日。

|

« プッシャー・パージ船 | トップページ | 天気が悪いと乾きにくい »