« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019/09/30

京都は日本海にも接している

Tyoto_5278_1 
鳥取空港の近くで見た案内標識、
「鳥取から京都って唐突すぎない?」と思ったけど、
たとえば舞鶴あたりを想定すれば、まあ不思議はない。

|

2019/09/29

鳥取空港で初飛行機撮影

鳥取空港で飛行機を撮ったのは初めてだ。
以前は鳥取砂丘でのハンググライダー取材が目的。
空港は素通りしていた。
Ttj_deck_98_1_1 
今回も飛行機撮影が目的ではなかったし、
天気もパッとしなかったので外周には行かなかったけど、
展望デッキをチェックするくらいの余裕はあった。
ちなみに無料だし、フェンスのスキ間も悪くないが・・・
Ttj_087_1 
少し沖に「大島」という無人島があって、
離陸機も着陸機もいい感じに絡むのだけど、
いい感じすぎて無念さばかりがつのった。
Ttj_070_1 
ちなみに、手前に見えるガードレールの道は、
空港の制限区域内なので行けない。
スポッティングだけならば、まったく問題ないのだけど。

|

2019/09/28

タノニマス

東京モノレール羽田空港第2ビル駅で見た
怪しいお面の集合体。
Taigart_001_1 
芸術に疎い僕でも、芸術なのだろうとは想像がついた。
近くの説明書きを読めば簡単だったけど、
あとで調べたら「タノタイガ」という人の作品。
Taigart_002_1 
東京都現代美術館の「あそびのじかん」展の
参加型作品「タノニマス」というらしい。
顔は美術館来場者が思い思いに描いたものという。
Taigart_003_1 
なるほど、僕ならばどんな顔を描くだろう。
女性を描いたらすごくかわいくなるに決まっている。
深大寺の楽焼でスライム描いてほめられたこともある。
Taigart_004_1 
でも、空港という場所柄とニュース性からいって、
今ならシンプルにA350XWBのマスクだなと思ってから、
いかんここはT2だよと、妙な忖度(笑)。

※あそびのじかん展は10月20日まで。

|

2019/09/27

ベル・モデル65(1954年初飛行)

C170_028_1 
セスナ170からは主翼をいただいて、
Kh4_004_1 
ベル47からはスキッドをいただきます。
Bqm34_269_1 
ターゲットドローンのファイアビーからは
ジェットエンジンを2機分いただきましょう。
Schweizer2_32_1 
胴体は単座グライダーのシュワイザー1-23から、
でも写真がないから、これは同メーカーの2-32。
Bell_model65_211_1 
以上をテキトーにつなげていくとVTOLができます。
今なら、さしずめ「空飛ぶクルマ」と呼ぶかな(笑)。

|

2019/09/26

裁断機のオーバーホール

Fuji_axe_70_1 
南極観測船「ふじ」の進水式で使われた斧>
刃物というのはきちんと研いで使うものだ。
僕も包丁やハサミは自分で研いでいるけど、
書籍を自炊する裁断機の刃となると自信がない。
数千冊をブッタ切ると、さすがに切れ味は落ちるし、
ホチキスの針に気づかずに切ってしまったこともある。
僕が買ったスタックカッター180DXという裁断機は、
新品の替刃を買って自分でつけることもできるが、
裁断作業のすごい力のかかり方だとかを考えると、
あまり器用とはいえない自分でやるのは不安だ。
メーカーの高崎精機にオーバーホールを依頼した。
刃研ぎだけでなくプロに各部を見てもらえるのは安心だ。
で、戻ってきた仕上がりのすばらしさに唖然とした。
裁断機ビギナーだった新品を使ったときよりも驚いた。
こういう仕事をする人が作ってくれた道具なのだなと、
あらためて、すごく愛着がわいた。
Bonanza_025_1 
ただ、苦労したのは、メーカーに送る箱の調達。
買ったときの箱が手頃だったのだが、処分済。
それなりの重さ(9kg)に耐えて、手頃な大きさの箱。
結果的には見すぼらしく自作した箱で送った。
これから買う人は、箱は捨てないで取っておく方がよい。

|

2019/09/25

最初は「改」だった

Ps1_10_175_1 
現役時代のPS-1はついに撮ったことがない。
水陸両用ではない水上専用の飛行艇だから、
陸上から離着水を撮るのは困難だった。
強いていえば、PS-1改なら撮っているけど。
Ps1kai_020_1_1 
US-1じゃねえかと、若い人は言う(笑)。
高校時代に、厚木で撮った初号機。
ノーズナンバーが「71」から始まっているのは、
第71航空隊で運用したからなんですかね。
Rescue_ivory_06_1 
今は、部隊のエンブレムも変わってしまったし、
US-1A改のノーズナンバーも「01」スタートだし。
Us1a_kai_013_1 
US-2じゃねえかと、若い人は言う(笑)。

|

2019/09/24

スピットファイア来日中

名古屋で開始時間のわからん仕事が入った段階で、
念のために前泊用のホテルを予約したけど、
実際には朝、東京を出れば間に合う時間に決まった。
それでもホテルをすぐにキャンセルしなかったのは、
うまく「銀色の飛行機」の飛来に合うかもとの下心。
※写真は後期型の別個体です。
Science_museum_25_1 
が、台風とのチキンレースに負けて花巻にダイバート。
オルタネートは仙台あたりと予想していたのだけど、
雨風の中、カバーもかけずに駐機する姿が痛々しい。
ため息つきながら名古屋のホテルもキャンセルした。
Osaka_008_1 
「まだ会えるかも」という一縷の望みは残っている。
あくまで「仕事のついでに」という趣味のレベルだけど、
取材だったら、予定変更の連続で毎日泣いていただろう。
ちなみに今回、日本でスピットファイアを見られたら、
学生時代に大阪で見てから40年ぶりになる。
海外にはフライアブル機だけで50機以上もあるそうだが。

|

2019/09/23

秋分2019

毎年秋分は「夏が終わる」という感じで淋しいのだが、
今年はエアコン故障で存分に夏を楽しめなかったので、
例年以上に残念に感じる。いや・・・、
Twilight_094_1 
正しくは、夏を満喫しすぎた、のかな。

|

2019/09/22

フェリーボート

Ferryboat_001_1 
東京湾フェリーのしらはま丸。
フェリーボートといえばこんなイメージ、
というのは、たぶんトミカの影響。
Ferryboat_002_1 
こちらは鹿児島の鴨池・垂水フェリー。
船内にも外光が入って明るい。
Ferryboat_003_1 
先島の貨客フェリー「はてるま」の船内は真っ暗。
ぜんぜん窓とかない。
でも、おかげで波の荒い外海でも
車や貨物が波をかぶったりしないですむ。
今年の正月は、故障のため半月間運休して、
島のガソリンが枯渇するなど大変だったらしい。

波照間への空路再開は、当分は無理そうだけど。

|

2019/09/21

飛ばなかっただけ

Kv107_07a_1 
カワサキワールドに収められている「美濃」の同僚、
KV107Ⅱ「長良」。場所は埼玉県の入間基地。
昔のカラーネガからのスキャンだ。
「こんなの撮ってたのか~」とすっかり忘れていて、
「なんで飛んでる写真がない?望遠なかった頃か?」
一連のネガを見ると、もう望遠レンズは持っていたようだ。
F14nk201_009_1 
ただ、いる間に飛んでくれなかったというだけだろう。
いずれにせよ、このときは他の航空機は影が薄かった。

|

2019/09/20

3日分ではまだ足りないか

我が家では3日分を目安に食料や水などを備蓄し、
非常用電源や非常用トイレなども準備している。
母親に「3日は救援はこない」と言われたからだ。
多くの人にもそうしなよと勧めているけど、
実際に備えている人、余裕のある人は多くはない。
「それと比べればうちは安心」と変な錯覚していたと、
台風被害の千葉を見ていると思う。
Chiba-surf_088_1 
現場の皆さんが努力しているのは承知している。
これだけの被害なら、復旧に時間もかかるだろう。
しかし、台風当日はお祭り気分で浮かれていた政治屋が
「初動対応は迅速かつ適切に行った」
とかしゃあしゃあと言ってのけるのを聞くと、
まともな対応は期待できないだろうなとため息がでる。

|

2019/09/19

どういう状況だったのだろう

Ja8009_018a_1 
撮ったときの記憶はないけど、昔のJALのDC-8。
エンジンカバーが開いている。
ま、そういう写真もたまには撮っているけど、
この直前のカットを見ると悩ましい。
Ja8009_011_1 
たぶん、このあと左に曲がって最初の写真になる。
でも、トーイングカーはついていないから、
左エンジンだけで自力でタキシングしてきたのだろう。
最近は燃料節約で到着時に片発停めることもあるけど、
さすがにエンジンのカバーを開けたままの自走は
やらないのではないかと思う。やることあるの?
撮影時のメモは残っているはずだけど、捜すの面倒くさい。

|

2019/09/18

ザク空港はいずこ

米子鬼太郎空港のフリーWi-Fiマークは
シンプルだけど工夫もあっていいデザインだと思う。
Ygj_012_1 
妖怪アンテナの代わりにAWACSのロートドームとか
いろいろデザインできるのではと考えたけど、
一番しっくりくるのはシャアザクのツノ

問題はザク空港やガンダム空港がまだないことで、
どこがふさわしいだろうと、いろいろ妄想している。

|

2019/09/17

元祖ペリカン便

F_bjcm_pelican_001_1 
カッチョいいエールフランスの707貨物機。
70年代の羽田空港で撮影。
どこが貨物機なんだか、窓もつぶしていないし、
「CARGO」とも「FREIGHTER」とも書いてないけど。
F_bjcm_pelican_002_1 
機首にペリカンのマークと文字がある。
そういえば、窓も全部シェード?が閉じられている。
反対側を撮れば貨物扉もあったと思うけど、
撮ってるかなあ。探すの面倒くさい。

もちろん日通のペリカン便ができるずっと前の撮影。
いまでもエールフランスの貨物管理システムには
「ペリカン」という名前が残されている。

|

2019/09/16

寒いおもてなし

オリンピック、打ち水に続いて人工降雪機か(爆笑)。
この季節の東京は温暖でスポーツに最適ですとか、
くだらない嘘をついて招致した尻拭いで、
恥の上塗りみたいな話が次々と。本当にみっともない。
そんな大会でも基本的人権の制限やむなしかよ?
Torigin_7360_1 
次はどんな奇策が出てくるかと楽しみだが、
やっぱり五輪会場のお化け屋敷化かな。
これは・・・さぶいぜ。

|

2019/09/15

古い旅客機からの脱出

Super_g_muc_001_1_1 
レシプロ旅客機としては最長クラスの脚柱を持つ
ロッキード・スーパーコンステレーション
Tu-114に比べたらぜんぜん短いけど、
やはり緊急脱出用の工夫は必要だろう。
Super_g_muc_003_1_1 
初期型の初飛行は1943年。
スライドシュートの特許は1954年に申請というから
少なくとも初期型にはついていなかっただろう。
後付けされた可能性もあるけど、
ミュンヘンの展示機(L1049G)にはない。
ただし、それが現役当時もなかった証明にはならない。
Ja8001_014_1_1 
たとえばJALが保存しているJA8001のドアからも
スライドシュートは撤去されているけど、
現役当時にはついていたはずだ。
747sr_017_1
ドアにつけなくてもスライドシュートを装備した可能性も。
これは747クラシックのアッパーデッキ非常口。
ドアの前に置いてある箱がスライドシュートだ。

|

2019/09/14

続・ヒッチハイク

ヒッチハイクというのは、乗せてもらうのも乗せるのも、
やったことのない人には敷居が高いだろうし、
やったことがあってもそれなりに気を使うのだけど、
Hawaii_070_1 
たとえばこんな道をトボトボと歩いている人がいたら
「乗りますか?」と声はかけるのは不自然なことではない。
あるいは、それが不自然じゃないときに成立する。

|

2019/09/13

何かがないと不安

Dc8_059_1
なんだろうと考えたけど、たぶん遮断機だ。

|

2019/09/12

続々・いいわけ写真

1979f4ej_010_1 
学生時代に撮った写真を見ると、
「今と同じような写真ばかり撮ってンな~」と思う。
もちろん、進歩していない今の自分が悪い。
手巻きのMFで撮ってる昔の自分の方が偉い。
1979f4ej_020_1 
これも今と同じような理由で撮ったとしか思えない。

|

2019/09/11

オッサンの心得

Dream_bike_003_1 
夢を持つ若い人に資金援助までは無理でも、
せめて足を引っ張らないようにするのがオッサンの心得。
まあ、そうは思っていたんだけど。
Dream_bike_002_1 
たとえばバイクの運転がむずかしいと感じた人に、
コンピューター技術で簡単に乗れるようにしますとか、
制限速度も超過しないように制御しますとか、
熱く語られたら、「あ~、頑張ってね」と、そっと逃げる。
Dream_bike_001_1 
飛行機だって簡単になりますよとか言われたら、
全速力で逃げる。

|

2019/09/10

高校生をなめてはいけない

Ja8110_001_1 
<ノートリミング>
なぜこんな写真を撮ったのだろう。
まだ羽田通いをはじめて間もない頃だから、
なんでも珍しかったのかもね・・・くらいに思ったけど。
Ja8110_003_1 
<3番エンジンをトリミング>
Ja8110_002_1 
<4番エンジンをトリミング>
あ~、これが撮りたかったんだね、新旧エンジンミックス。
初期のJT9Dには補助空気取入口があったけど、
僕が羽田に行く頃にはほぼ見なくなっていた。
このJA8110は新旧両方のエンジンをつけていたのだ。
Ja8114_3engines_1 
<3発エンジンでトーイング中のJA8114>
ひょっとしたら、これも新型への換装中だったのかも。
あの5発目のエンジンも、関係あったかもしれない。
高校生、がんばって撮っていた。 

|

2019/09/09

酷暑順応

故障してからからほぼ1カ月待って、
ようやく僕の部屋に新しいエアコンがやってきた。
Pool_027_1 
さっそく運転してみたが、なんだか調子が狂う。
いや、エアコンは快調なのだけど、僕の調子が。
とりあえず、その夕方と翌朝はエアコンをつけなかった。
1カ月もエアコンなしですごしたので、
すっかり体が酷暑に順応してしまったようだ・・・・
というのは、すぐに誤解とわかった。エアコンは偉大なり。
Wind_4988_1 
最近の暑さは命にかかわると気象庁も警告している。
今回は死ななかったけど、
学校にエアコンは不要とかいうヤツは、やはりクソだ。
新国立競技場はどうだろうね。
設置する計画だったらしいけど、土壇場になって
総理大臣の「なくていい」のひと言で消えたそうだ。
工事費削減を絶賛する産経の記事が検索にかかる(笑)。
日本の夏を満喫してもらおうという、おもてなしの心か。

|

2019/09/08

ガソリン・ジェット

海上自衛隊でも使われたP2V-7対潜哨戒機は
空冷星型のR-3350レシプロエンジンの他に、
補助推進用としてJ34ジェットエンジンを装備していた。
J34_019_1 
一般にレシプロエンジンは航空用ガソリンを燃料とし、
ジェットエンジンはケロシン(灯油系)を燃料とする。
とはいえ2種類の燃料を搭載するのは面倒?なので
P2VのJ34は航空用ガソリンを燃料に使ったそうだ。

・・・物知りの人は知らんが、僕は今さらびっくりした。

|

2019/09/07

あじと改造中

スライド書棚2本と、その上にあったカラーボックス2個、
粗大ゴミに出したあとは、部屋がマヌケになった。
そのままでは落ち着かないが、
海外取材がキャンセルになったので、チャンス。
Koji_53_1 
大雑把に新レイアウトは考えていたけど、
本棚やキャビネットは中身を空にしないと動かせない。
中身を空にするには、とりあえずの置き場所も必要だ。
いつもきれいにしている人なら問題ないのだろうが。
Kandagawa_761_1_1
ようやく動かすと、20数年分の埃が積もっていて、
たじろぎながら掃除機を使い、雑巾がけをして、
動かした後にはまた中味を戻した。
エアコンが壊れているから、汗をかいて気持ちいい(爆)。
Tls_07_1_1 
ついでにプラモデルもマイペットを吹いて水洗いしたが、
ミサイルや爆弾がポロポロと落ちてしまった。
本棚に置いていたHDDは、PCの近くに新しい場所を確保。
しかし、また百円ショップで防振マットを買ってこなくては
・・・などという具合で、遅々として進まない。
Tls_024_1_1 
やっとこさ、なんとかメドがついたかなと思ったけど、
キャパの減った新レイアウトではモノが収まらない(涙)。

|

2019/09/06

MiG-25記念日

1976年の今日、函館空港にミグ25が着陸した。
ソ連のベレンコ中尉が亡命してきたのだ。
Mig25_014_1 
<テレビのニュース画面を撮影したもの>
僕は高校3年生で、翌日学校に行ったら
「函館に行ってるかと思った」と友人たちに言われた。
お金があったら、行っていたかもしれない。
Monino_019_1 
後にソ連崩壊直後のロシアで、
ミコヤン設計局で働いていたという人と話す機会があり、
「びっくりしたぜ」と言ったら、
「びっくりしたのはこっちだよ」と言われた。
そりゃあそうかと思って大笑いした。
ロシア人とそんなネタで笑える時代がくるなんて、
高校時代には想像もつかなかったことだ。
Monino_020_1 
先日会った老人も、ベレンコの名前を出して、
「知ってるだろ」と笑っていた。それから、
「俺は、あれに乗っていた」と指さした飛行機に
「え~っ!」とびっくりしたら、とてもうれしそうだった。
この写真でわかるかな? 

|

2019/09/05

住んでいないと家は痛む

Greenhouse_001 
そうかなあという気持ちは今でもあるけど、
滅多に使わない知人の別荘は確かに痛んでいた。
実家にいた頃は庭の草むしりが嫌いで、
ジャングルみたいでもいいじゃんと思ったけど、
そうもいかないよね、やっぱり。
Greenhouse_002 
しかし、植物の生命力おそるべし。

|

2019/09/04

駆け込み需要を増やすには

車とか、増税前の駆け込み需要が不発だそうだ。
まったく驚かないし、僕も90Dはまだ予約していない
Doha_023_1 
3千万画素も2千万画素も、雑誌レベルでは大差ない。
でも、サイズが大きいから現像や入稿は大変になる。
画素数据え置きで高感度性能を上げたような、
そういう7D3が出ないものかと、まあ出ないだろうけど。
出ないとしても、焦って90Dを買う理由にはならない。
Ana380ctr_017_1 
消費税2%増で駆け込み需要がないのなら、
次はもっと・・・・とか考えていそうでイヤだな。

|

2019/09/03

プロペラで風を送る

結局、故障から1カ月もエアコンなしでしのいでいる。
我慢強いのではなくて、工事が混んでいるからだ。
熱中症対策で「適度なエアコンの使用を」とか聞くと、
なんとなく凶暴な気持ちになってくる。
Typhoon_018a_1 
心配なのはパソコンだ。
画像データの処理をしていると、すごく熱くなる。
そこで、扇風機を僕ではなくPCに向けるようにした。
Dc3br22_048_1 
生暖かい風でも多少は違うだろうかと思ったけど、
けっこう温度は下がるみたい(涼しい、とは言わない)。

|

2019/09/02

トレイル・フォーメーション

T33_001_1 
懐かしいトレイル編隊の写真が出てきた。
たぶん三沢の航空祭で撮ったT-33。
T33_007_1 
撮ったときは、「つまらねえ写真」とか、
「そろってないじゃん」とか思ったかもしれないけど、
T-33であるというだけで、今は面白い。
Okegawa_032_1 
こちらは桶川のフライインで、セスナ172。
この低空で、3機トレイルで、一気に上昇。
しかも2番機以降はスモークもろかぶり(もらい泣き)。

|

2019/09/01

非常食の季節

我が家で備蓄している非常食の保存期間は、
モノにもよるけど主に3年くらいだ。
救援なしで3日はしのげる量を目安にしており、
(3食×3日=9食)×家族分、ということになる。
僕は朝メシはあまり食わないけど、
こういうときにはちゃんと勘定に入れるから、
なかなかの量になるし、保管場所や金額もかさむ。
Cafe_146_1 
約3年ごとの入れ替え時期には、
練習も兼ねて古い非常食をセッセと食べている。
いまが、まさにそのタイミング。
東日本大地震のあと災害食もずいぶん進化して
アルファ米ばかりのときよりはるかにおいしいけど、
連日食っているとけっこうしんどい。
「これ食わないとならない状況ってどんなだろう」とか、
「食えるだけありがたいのだろうな」とか想像しながら
黙々と食べている。
食べきれない分は、某編集部にこっそり・・・(笑)。

|

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »