« コードネームはクリート | トップページ | 人力式タラップ »

2019/08/17

スキャンしていない理由

スキャンしない本もある、と書いた。
まだ手をつけていないだけ、という以外には、
その理由は大雑把に3つある。
ひとつは、単純に本が大きすぎる場合。
僕の裁断機とスキャナに通せない大型本は
スキャンしたくてもできない。
Cl44mia_007_1 
第二は、まだ読んでいない本だ。
電子化する理由はスペースの節約と、
いま以上の劣化の防止、
それから情報の検索の高速化にある。
「あれ、どこに書いてあったっけ」
「あの本はどこにあるかな」というのを
本の山を崩しながら探すのは大変だが、
検索可能なPDFにして適切に分類すれば早い。
とはいえ、一読でもしていないと、
どういう情報があるのかないのかもわからない。
そして最初に本を読むときには、
僕は紙で読む方が好きなのだ。
D4y1_239_1 
第三は、戦前の古い本だ。
たいして価値があるわけではないけど、
「僕の本」というより「預かり物」という気持ちがある。
前に持っていた艦爆彗星のタブみたいなもので、
持つべき人に託すまでの預かり物。
だから、すでに人にあげちゃった本も少なくない。
電子化すればさらなる劣化なしに記録できるが、
裁断してもいいのかなというためらいはある。

 

|

« コードネームはクリート | トップページ | 人力式タラップ »