« 撮影機材は少ない方がいい理由 | トップページ | 続・うちわ日和 »

2018/08/06

スーパーグッピーのカーゴドア

特殊輸送機グッピーの一族は、
作られた数が少ないわりにはよく残されている
ただしカーゴドアを開けた状態で展示されているのは
比較的新しいアエロスコピア(トゥールーズ)くらいだろう。
F_bppa_001_1
エアバス本社があるから行く機会はそれなりにあるけど
せいぜい1~2泊でとんぼ返りすることが多いから
なかなか見に行くチャンスがなかった。
今回は先方が気を利かせて提案してくれた市内観光を
仮病でパスして(うそ)、一人でタクシーで往復してきた。
F_bppa_002_1
やはり外から見るだけではわからない発見がいろいろ。
ドリームリフターでは特殊車両を使うカーゴドア開閉も
電動式補助輪を出して自力でやったらしい。
F_bppa_003_1
それから、操縦索とかはドアの開閉ごとに外したり、
また繋いだりしていたようだ。これは大変そう。
※クリックすると拡大。
ちなみに街の中心部からタクシー往復+入場料で1万円弱。
石垣から波照間に遊びに行くのと同じくらいだね。
お友だちと一緒ならタクシー割り勘で安上がりにできるけど
エアバスグッズ山盛りの売店もあるので浪費には注意だ。

|

« 撮影機材は少ない方がいい理由 | トップページ | 続・うちわ日和 »