« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018/07/31

天啓を待つ

このまえ修理した腕時計は国内用で、海外用は別にある。
海外では思い切りおしゃれをしたいからだ、
などと書いても誰からも本気にされないのが我ながら立派だ。
Mow_026_1
実際には、「電波時計は現地時刻に手動で合わせられない」
という致命的な欠点に買ってから気づいたからだ。
その土地の電波を受信すればいいじゃんと思うだろうけど、
経験上、電波を受信できないところは多い。
帰国するまで日本時間のまま、というのも珍しくない(怒)。
仕方ないので海外用には電波じゃないのを買ったのである。
Doh_007_1
国内用とほぼ同時に買ったので、二次電池も寿命がきた。
でも、電波の正確さに慣れてしまうと非電波は耐えがたい。
そろそろ海外でも使える電波時計もあるのではと物色して
GPS電波も受信できる世界仕様というやつを新調した。
GPSならば世界中、どこでも簡単に受信できるだろう・・・。
Tls_068_1
ところが、受信条件が想像以上にシビアなのだ。
窓ごしとかホテルのベランダとかでは、まず受信できない。
スマホのGPSならば難なく受信できるのに、駄目なのだ。
仕方なく広場のようなところを探して中央に立ち、
両手で持った腕時計を天高く掲げて、
「どうか受信してください」と3回お願いすると、
おもむろに現地時刻に合わせて針が動き出すのである。

天啓って人工衛星からの電波のことだったんだね。

|

2018/07/30

新しい景色

僕も国内の空港にすべて行ったわけではないけど、
ボーイング777が就航しているようなところならば、
たいていどこで撮ったのかはわかる。
ただし、景色というのは少しずつ変わっていくものだ。
Oka_078_1
これも新しい景色だと思うけど、
拡張されたあとも同じように撮れるのかどうかは不明。

|

2018/07/29

鳩のねぐら

Pigeon_061_1
これは明るくなってから撮ったホテルのヤニ場。
ずいぶん糞が多いなと気づいたのは未明のことだ。
時差ボケで暗いうちから目が覚めてしまったので、
ホテルの中庭にあるヤニ場まで出てきた。
そこで大量の糞を見つけて、上を見上げたら・・・
Pigeon_062_1
やっぱり鳩は好きじゃない

|

2018/07/28

いつまでたっても新型機

海上保安庁の救難デモといえばベル212という世代だ。
いまだにAW139が飛ぶと、「おお新型か」と思ってしまう。
でも、もう導入から10年だよ。
Jcg139_027_1
そりゃあ、歳をとるわけだ(定型文)。

|

2018/07/27

神経質すぎるのでは?

航空各社は定時性向上に力を入れている。
もちろんスケジュール通りに飛んでくれるのが一番だが
5分や10分は誤差の範囲ではなかろうか。
このくらいは上空の風向や風速、空港や空域の混み具合、
あるいは滑走路の方位やスポットによっても簡単に変わる。
さらに言えば座っている座席によっても、
飛行機を降りられるまでの時間はぜんぜん違う。
Delay_77_1_1
だから「1分遅れ」なんて、実用上はほぼ意味がない。
黙っていても文句は言われないと思うけど、
言われるから掲示しているのだとしたら、いよいよヤバし。

|

2018/07/26

いずれ歴史になる

787_trent_05_1
ロールスロイス・トレント1000エンジンの不具合から
羽田にはエンジンなしの787がゴロゴロしている。
しかし今回の騒ぎの前から何年も、ずっとずっと
羽田では珍しい光景ではなくなっていたのは、
要するになんだったのだろう,。
787_trent_06_1
もう慣れちゃったけど、やはり歴史的には
異常な光景として記憶されるのだろう。
そういえばこんなことあったね~と、
早く笑い話になればいいのだけど、それにしても長い。
ロールスロイスの名前も、だいぶ色あせてしまった。
Medama_35_1
ところで錘を吊っていないのだけど、大丈夫なのかな。
前方貨物室に子泣きジジイでも入れてるのか。

|

2018/07/25

道路標識をパラパラマンガに

Roundabout_15_1
これでもか、というくらい立てられた工事標識。
「ひょっとして、パラパラマンガ?」と、
しばし目をこらしてしまった。

|

2018/07/24

なぜ飛行機は飛べるのか

何を今さら、などと言えたのは数日前まで。
こうクソ暑いと、飛べなくても不思議はないと思える。
Ana788_056_1
滑走路が長くない空港からの長距離便では、
すでにペイロードを減らしている可能性もある。
Jal777_040_1
こんな時期にオリンピックをやるというのはどーでもいい。
もともと興味ないから、勝手にやってろよって感じ。
ただ、クソ暑い時期とわかっているのに「温暖」とか
しゃあしゃあと嘘ついてまで招致した連中が気持ち悪い。

|

2018/07/23

タンタンロケット

マンガ「TINTINの冒険」は
日本ではチンチンで紹介されたこともあったけど
いまはタンタンになっているのは、
まあそういう事情だろうなと勝手に納得していた(誤解)。
Tintin_rocket_086_1_1
もともと原作のフランス語(ベルギーだからワロン語?)では
「タンタン」の発音が近いようだから
わざわざ英語読みをして赤面するまでもなかったのだ。

|

2018/07/22

60歳定年の由来、かも

風呂の中で読んでいる「遠野物語拾遺」の中に、
どっひゃーとのけぞってしまうような記述があった。
「六十歳を迎えた老人はこのデンデラ野に棄てられた」
老人棄ての話はしばしば聞くが、
具体的な年齢まで書かれているのは珍しいのでは。
やべえ、阿施光南、あと何年で棄てられる?(笑)
F4ej_ferris_85_1
フェリス迷彩だよ。こいつも原型機初飛行から60年
そろそろデンデラ野行きだね。

ちなみに「数え年」では、誰もが正月に歳をとる。
めでたいはずの正月に、
毎年大量の棄て老人が発生していたということか?
あとは正月ごとに大量の定年退職とか?

|

2018/07/21

東京の梅雨明け

東京では、今日が梅雨明けの平均日だ。
「あ~、そうですか」くらいしか思わんね、今年は。
F16_450_3_1
ちなみにジェットエンジンはクソ暑いと推力が下がるが、
アスリートは最高の状態でパフォーマンスを発揮できるそうだ。
楽しみですね(棒読み)。

|

2018/07/20

「好況」時の最低賃金

アメリカ西海岸からの客人、株をやっているせいか
ナントカミクスが成功して日本は好景気と思っている。
「そんな実感ないけど。給料だって安いみたいだし」
「じゃあ最低賃金いくらだよ」
「1000円はいってないよ」(※正確には東京で958円)
「うぐっ」っと、喉につまるような声で絶句したのがわかった。
絶句するほどヤバい金額なのだなあとしみじみ思った。
Sfo_247_1
後で調べたら、サンフランシスコの最低賃金は15ドル。
アメリカの中でも高い水準にあるとはいえ、
東京だって日本では最も高い水準である。
なのに、1ドル110円換算で1.7倍もの開きがある。
言いかえると、東京の時給はサンフランシスコの6割。
もっと時給が安い県では、2倍差(半額)だ。
そりゃあ絶句もするだろうし、
こちとらサンフランシスコではひもじい思いをするわけだ。

|

2018/07/19

ジャギュアのノーズギア

Jaguar19_1
プラモデルで正確に再現されていたとしても、
「ダルいモールドだなあ」とか思いそう。

|

2018/07/18

相変わらずのマイレージ初心者

2年に一度の丘珠航空ページェント、
前回はマイルの浪費に使ったが、ホテルが馬鹿高かった。
その教訓から今回は早めにホテルを押さえることにしたが
日程が出るのが遅い。前回同様かと7月下旬で予約したら
8月のお盆休み真っ盛りの12日と発表があった。
げ~、最低だな。泣く泣く、最初のホテルはキャンセル。
いろいろ事情はあるのだろうが、
なぜホテルも航空券も高くて取れない時期にする?
Okdbi_033_1_1
※今年はブルーインパルスも来ないそうですよ。
それでもなんとかホテルは取れたので、あとは航空券。
マイルのタダ券の予約がスタートするのは2ヶ月前から。
「これは激戦だろうからがんばって取ろう」と待っていたが、
「その日」になっても予約がスタートしない。
「あ~、これがブラックアウト期間ってやつか~」などと、
今さら気づいているところが、やはりマイレージ初心者。
Uh60_004_1
マイルじゃない航空券は、LCCも含めて高いし、
そもそも期限切れ対策なのだから買ったら意味がない。
「では千歳航空祭ならどうだろう」とチェックしたら
なんと、こちらは往復ともにタダ券に空席があった(当時)。
ただし宿泊は必要で、それが去年にも増して馬鹿高い。
ビジネスホテルで1泊2万円以上とかでは、
マイルでお得に旅行というルンルン気分も台無しだ。
・・・などとジタバタしている間にマイルの期限切れが迫り、
「じゃあ、もらうね」と、あっさりカミさんが(涙)。

|

2018/07/17

夏の短パンを2本ゲット

Darwin_019_1
また2本ジーパンのヒザが抜けてしまったから、
切って短パンにした。これで今夏もなんとか乗りきれる。

|

2018/07/16

レベルの低い嘘

民と官で力を合わせるといっていたプロジェクト、
初期段階から共同で作業を進めていたというが、
だいぶ進んでから設計の不備が発覚して大幅遅延。
表向きは主体となる民の力不足ということになるが、
では一緒に作業していたという官は何をしていたのか。
「どうするつもりなのかと思って見ていた(笑)」だそうで。
3rd_202_1
こんなのと力を合わせるというのも大変そうだな。
※写真はイメージですよ。

|

2018/07/15

移動式ラプコン

美保基地のラプコン用レーダーが工事中なので
百里から移動式ラプコンが展開している。
Miho_rapcon_04_1
どうもレーダーとかは苦手で上っ面の知識しかないので
電気に強い大学時代の友人にいろいろ聞いたけど、
「こいつと、本当に同じ学部で勉強したのだっけ?」と
信じられないほど、よく知っていて感心した。
・・・・聞いてもよくわからないくらい(爆)。

|

2018/07/14

僕が疑問に思うことくらいは

はじめてトゥールーズでA380を取材したとき、
まだ実機どころか工場すら完成していなかった
正直、「本当にこんなもん作るのかよ」という気持ちもあり
いろいろな部署の人に山ほどの疑問点をぶつけていった。
「A380のために、わざわざ空港を改修しろってこと?」とか。
Falcon900lx_126_1_1
「羽田とか成田とか、いつもどこか工事していない?」
「そういえば、している」
「わざわざA380のために工事をすると考えると大変だけど、
どうせ工事するなら、ついでにA380も考慮しておけばいい」
なるほど、それなら何とかなりそうだ。
また、そういう答えがよどみなく、すぐに返ってくるのは、
僕が疑問に思うようなことくらいは、
それまでにもさんざん議論されていたからだろうと思った。

|

2018/07/13

雨あがりの空から

台風7号には僕も痛い目にあわされたが
それは予定した取材を断念して逃げ出しましたという程度。
家族を失ったり、家が浸水することと比べたら屁でもない。
Haneda_40_1
<羽田空港。7月9日撮影>
久しぶりに雨がやんだ日に空から見た東海以西の景色は
どこも川や湖が茶色く濁っていたし、
河口付近では海の色が大規模に変わっていた
Kurashiki_24_1
<倉敷。同日撮影>
一方で、あれだけ広範囲に激しい雨が降ったことを考えると
深刻な被害を受けた場所は局所的なのかもと思った。
断じて被害が小さかったという意味ではない。
そういえばニュースで伝えられる被災地の映像も、
どの局もほぼ同じ場所ばかりだったなと。
Hiroshima_60_1
<広島。同日撮影> 
ちなみに破壊されたソーラーパネルを見て
ほらみろクソだ、だから原発じゃないとという人もいたけど、
被害を受けても放射能の心配がないだけマシなのでは。
原発が破壊したら、救助活動や復旧活動もままならなくなる。
まさか「原発は壊れない」とか思っていないよね、いまさら。

|

2018/07/12

うちわ日和

願えばかなう、じゃないけど、
スターフライヤーの取材中に憧れの「うちわ」をいただいた。
暑かったから、使ってくださいって感じで。
ちなみに裏面は真っ黒にSFロゴのみの渋いデザイン。
Sfj_uchiwa_28_1
でも、仕事中にもらったものは読者プレゼントというのが
月刊エアライン編集部の厳しいオキテであり、
それは僕のようなフリーランスにも適用される。
なので仕事中にパタパタあおいだりせず、
未使用のまま大切に担当編集者に送ったですよ。
実際にプレゼントで使われるかどうかは知らないけど。
Kkj36to_74_1
ちなみに前回予告した日は大雨で配れなかったとのこと。
なので、就航当日(今日だ)の午後4時半から
また小倉駅ペデストリアンデッキで配るそうです。
今日は、うちわ(配り)日和みたいでよかったですね。

|

2018/07/11

A120とか

精力的に四発旅客機を追いかけている知人、
「もう飽きたでしょ」と冗談半分で聞いたら、
「飽きました」とあっさりと言われてびっくり。
いまは航空ショーで取材したCシリーズ推しという。
その気持ち、わかる。
僕も取材したあと、惚れてオモチャを取り寄せた。
それは僕なりの、けっこう上位の「愛情表現」である(笑)。
Lxcs_110_1
でも、これからはエアバスA220だって?
ならばひょっとしてエンブラエルEジェットは
ボーイング・・・・・とか?(数字を思いつかない)
で、某国のエム・・・・・・

|

2018/07/10

コンクリートに防水性はあるか

「コンクリートは水を通さない」と聞いて驚いたのは大昔。
「だって、わざわざ防水工事しているじゃん」
「それは施工が悪い。本当は水を通さないのだ」
といったのは建築を学んでいた友人だ。
釈然としなかったのは、そんなに施工が悪いのならば
水漏れだけでなく強度にも影響するのではと思ったから。
Water_leak_001_1
上野公園の一角のコンクリ壁。
濡れているのは立ちションの跡ではなく水漏れ。
継ぎ目から、立ちションの終わりくらいの勢い(笑)で。
雨の翌日、壁の向こうは高い地面になっている。
千丈の堤も蟻の一穴から、とか、なんとなく。
Water_leak_002_1
こちらは桜が散っていた頃の神田川。
濡れた川床部分だけに花びらがこびりついている。
堤防の下から水が染み出ているようにも見える。
千丈の堤も・・・(以下略)。大丈夫なのかなあ。

土木方面はとんと疎いので、よくわからぬが、
同じような景色は特に珍しくもなく発見できる。

|

2018/07/09

航空大学校でも使っている

アマゾンの評価で「中国製だから」という理由で
☆ひとつだけにしている人は珍しくない。
いまどきそんなこと言ってたら、買うものがなくなっちゃう。
Cirrus_sr_090_1
日本の航空大学校の新しい訓練機として採用された
シーラスSRシリーズはアメリカ製ベストセラー小型機だけど、
メーカーのシーラスエアクラフトは中国企業に買収されている。
2011年だから、もう7年も前の話だ。もちろん当時でも
「飛行機メーカーを中国企業に売るのはよくない」
という声もあったけど、現実に破産の危機にあったときに
アメリカの資本には救おうとするところがなかったし、
対米外国投資委員会も審査のうえ問題なしと承認した。
そうして息を吹き返したシーラスSRシリーズは、
2013年以降は世界で最も売れる小型機であり続けている。
もちろん、そのノウハウはしっかり中国にも吸収されただろう。
そうでなくても中国の航空宇宙開発の勢いはすごい。
そんな話に反発してくるのは、飛行機を知らない素人ばかり。

|

2018/07/08

僕なら脱力する

たぶんまた外泊禁止だったのではなかろうか。
もちろん恋人や家族との約束もみんなキャンセル。
だから要請を受けてすぐに出動できたのだろう。
Sandbag_8293_1
でも、その間に親分連中はチャラい宴会をやっていて、
せめてこっそりとやってくれればよかったものを、
わざわざその様子をSNSにあげるおめでたさ。
で、翌日にはしれっと「救命救助に全力をあげろ」だとさ。
もうとっくに、クタクタになるまでやっておりますがと、
僕なら脱力してスコップを放り出したくなるところだ。

|

2018/07/07

今日は5月24日

だそうですよ、旧暦では。つまり、まだチャンスはある。
だいたい、晴れたら会える年に一度の日が
梅雨のシーズンだなんてかわいそうすぎる。
Kkj_tanabata_69_1_1
ちなみに、今年の旧暦7月7日は新暦の8月17日。
お盆に帰省して友だちと会えるかもしれないのは、
だいたい七夕のタイミングということになる。
東京育ちにはあんまりピンとこないけど、
晴れるといいですね。

|

2018/07/06

どちらにしろ見られなかった

1ヶ月の暫定配置でF-22が嘉手納にいるタイミングでと
何度か沖縄行きを画策したけど、
ようやく梅雨明けと思ったら台風7号が来てしまったり。
で、ついに撤収しちゃったのか~と見た記事と一緒に
台風8号発生のニュースも・・・。
F22_50_1
たまらんね。皆さまも、お気をつけて。

|

2018/07/05

エルロンの動き

飛行機のエルロンは片側が上がれば反対側は下がる。
それで揚力がアンバランスになって機体が傾く。
でも地上では両方下がっていることもある。
「フラッペロンだろ」という茶々は無視するとして、
油圧が抜けているときには自重で下がってしまうのだ。
それを見て「変だ!」という人も、ときどきいる。
787aileron_024_1
油圧を使わないメカニカルな機構でも、
「普通」とは違った動きをするものはある。
オリンポスのSP1も、左右のエルロンは連動していない。
ここで説明するのは面倒くさいので、気になる人は
四戸さんが暇そうなときにでも聞いてください。
F4f_nasm_132_1_1
ワイルドキャットが主翼を折り畳んだときには、
両側のエルロンが上がる。
そのへんのリンク機構の説明はどこかにありそうだけど
自分で捜すのは面倒くさいので、
皆さんの暇つぶしのネタに提供するだけにしておく。

|

2018/07/04

2次元渋滞から3次元カオスへ

日本ではドローンの飛行を禁止しているところが多い。
運用だけでなく作る側でもすっかりドローン後進国だ。
Vtol_018_1
近所の公園では子供の模型飛行機すら禁止だ。
MRJの遅れがそのせいだとまでは言わないけど。
Vtol_019_1
で、どうして唐突に「空飛ぶクルマ」なんだろう。
JAXAの万年SST研究(笑)と一緒で、
人気取り、客寄せパンダの常套ネタとはいえ。
Vtol_020_1
早く官民協議会というやつの顔ぶれを見てみたい。
あの大学教授とか、あの会社とか、あの評論家とか・・・
ある程度は予想できるけど、さらにどんなのが出てくるやら。
Vtol_021_1
渋滞解消って、こんなの街中で飛ばすことを想像してみなよ。
暴走チャリンコどころのカオスじゃないぜ。
もし街中で飛ばすことは想定していないというなら
ヘリ飛行機の活用しやすい環境を整える方が先でしょ。

|

2018/07/03

奄美空港新名物

展望デッキから、変わったものが見えた。
どうあがいても、ここまでしか見えないのだが、
これはもう、「あれ」しかないよね(笑)。
Folded_rotor_84_1
6月4日に緊急着陸をして、かれこれ1カ月。
もう、すっかり奄美空港名物といってもいいオスプレイ(笑)。
しかし、見えにくいところに置いてあるなあと右往左往。
その様子を監視カメラで見ていたのか、警官も上がって来た。
毎度おなじみの職務質問でもされるかなと思ったけど、
こちらをひとにらみして、
あとはデッキからの見え方をチェック?して降りていった。
「よしよし、見えないな」とか、安心したのかな(笑)。
Cv22_24_1_1
こんなもん、秘密でも何でもないだろ。
さんざん報道されて、飛行機からも丸見えなんだし。

|

2018/07/02

天狗にしてみればひとっ飛び

いま風呂の中で読んでいる本は遠野物語拾遺。
遠野物語は学生のときに読んだからほぼ40年ぶり。
お化けとか超常現象とかは「ケっ」と思っているけど、
信じるとか信じないとかを超越して、
日常の中の不思議を素直に受けとめられるようになる。
Shui_002_1
はじめて遠野に行ったのはハングの大会に出るため。
ワクワクしたけど、意外に「普通」のところで拍子抜けした。
山沈でもしていれば、怖い思いをしたかもしれないが。
Shui_001_1
久しぶりに読んで「あっ」と思ったのは、
しばしば二戸とか、かなり離れた地名も出てくるところ。
天狗にしてみればひとっ飛びの距離であるとはいえ、
遠野物語の舞台は現在の遠野市よりもかなり広いようだ。
学生時代は、そのへんの距離感がまったくなかったから
ただ何となく読み流していただけだったけど。

|

2018/07/01

やっぱり似合わな・・・

A330neo_542_1
今回はフォトショップじゃないんですけどね。

|

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »