« モノクロームの世界 | トップページ | 象牙の翼 »

2013/08/01

親しみを感じる街

Local_001
80年代に僕がよく海外に出るようになってからも
友人はかたくなに「国内を制覇してからだ」と言っていた。
そして没個性化した全国の地方都市をまわったあとで、
「結局、個性として残るのは歴史しかない」と結論づけた。
Local_004
当時はあまり実感がなかったけど、ひとつの卓見ではあった。
日本に限らず、世界中の都市が没個性化するなかで
やはり歴史を感じさせる街は歩いても面白さが違うからだ。
Local_003_2
さらに30年もたつと、個人的には違うタイプの面白さも。
子供の頃の友人たちは転勤やら結婚やらで全国散り散りに。
「そういや、あいつはこの街で暮らしていたんだな」とか
「このへんの住所で年賀状をくれたっけ」などと考えると
初めての土地でも、妙に親しみがわいてくるのだ。

|

« モノクロームの世界 | トップページ | 象牙の翼 »