« 様子がわからず逃げ遅れるのはイヤだ | トップページ | 続・目がふし穴だった »

2012/12/13

パリのアクセサリー工房

Flower_018_1
有名デザイナーの依頼も多いというパリの飾り職人の工房。
ボスは普通のオッサンという感じだったけど
きれいなお嬢さんたちが造花や羽根飾りを作っていた。
Flower_067_1
僕がほしいと思うものではないけれども、その手間には感嘆した。
こういう工房には、長く生き残ってもらいたいなと思う。

|

« 様子がわからず逃げ遅れるのはイヤだ | トップページ | 続・目がふし穴だった »