« 世の中は陰謀に満ちている、か? | トップページ | 古着感覚のカメラバッグ? »

2011/10/12

APUゆらゆら

このまえ「APUゆらゆら」と書いたのだが、
空港で飛行機の写真を撮らない人にはピンとこなかったらしい。
APUというのは飛行機のケツに収めてある小さなエンジンだ。
主エンジン停止時の電力や空調の供給に使われる。
つまり空港に停まっているときなどによく運転している。
その排気が流れている場所では、シャープな写真を撮れないのだ。
ま、百聞は一見にしかずで・・・
Apu_shimmer_002
※クリックすると拡大します。わかりやすい写真でしょ(苦笑)。
光は密度が異なるところでは直進してくれないから
排気熱で空気密度が変化するとこんなふうになってしまう。
理屈としては、かげろうや蜃気楼と同じだ。

|

« 世の中は陰謀に満ちている、か? | トップページ | 古着感覚のカメラバッグ? »