« 少なくとも、墜ちる心配はなかろう | トップページ | 特別な場所から飛行機を撮る »

2011/05/23

PCの値段はなぜか変わらず

海外出張から戻って久しぶりにPCを立ち上げたら
LCDの具合が悪くなっていた(涙)。
冬にも何度か同じ不具合が出たことがあったのだけど、
そのときはしばらくすると自然回復した。
夜の低温が原因で、暖まると回復するのかなと思った。
だけどこの季節になって低温が原因ということもあるまい。
暖まっても、再起動してもぜんぜん症状が消えてくれない。
ディスプレイを修理するのもいいが、最近は力不足も顕著だ。
こりゃあ、そろそろだな・・・と夜中のうちに通販で「ポチっ」と。
L39
面白いのはワープロ専用機の頃から値段が変わっていないこと。
僕の場合は、いつもだいたい20~30万円といったところ。
自動車ほどではないが、耐用年数を考えるとけっこうな負担だ。
もちろん性能あたりの価格は猛烈に安くなっているし、
ベース価格はその何分の1かくらいなのだけど、
CPUやメモリをカスタマイズしていくといつもこのくらいになる。
経験上、買うときにケチって中途半端な性能のものを選ぶと
すぐに陳腐化して役に立たなくなるから泣く泣く。
カメラの高画素化がどんどん進んでいるこの時代、
いったいみんな、どんなマシンを使ってしのいでいるんだろう。
Tiger
翌朝、PCを立ち上げるとLCDは正常に戻っていた。
ちょっと早まったかなと後悔しそうになったけど、
すぐにまた不調になった。あとは、そんな繰り返し。
新PCが納品されるまで綱渡りのような気分の毎日が続いた。
納品されたあとも、親指シフトの設定とかいろいろあるし、
さらにはWindows7では動かないソフトもあって追加出費。
もはやなくてはならない存在とはいえ、面倒な機械だ。

|

« 少なくとも、墜ちる心配はなかろう | トップページ | 特別な場所から飛行機を撮る »