« サン・テグジュペリとつながる | トップページ | 自称国技 »

2010/03/01

空き缶に浪漫

Amoi_can
<名も知らぬ遠き場所より、流れよる空き缶ひとつ>
よく見ると中国の厦門(アモン)の会社の住所が書かれている。
どこで捨てられたのかはわからんけど、たぶん大陸だろう。
柳田國男は海岸に流れついた椰子の実を拾って
遠い南の島に思いをはせたという。
それと同じようにこの空き缶にもロマンを感じないではないが…
ゴミは迷惑だよね。

ちなみに柳田國男が学生時代に椰子の実を拾ったのは
渥美半島のほぼ突端にある恋路ヶ浜というところらしい。
同じような地名がたくさんあるもんだね。
で、こちらの地名の由来となった恋物語も悲しい結末らしい。
そんなところを一人でブラついていた柳田國男も、
やはりせつない恋でもしていたのかな。

|

« サン・テグジュペリとつながる | トップページ | 自称国技 »