« たぶん飛ばない方がいい | トップページ | 足元が見られる飛行機 »

2009/10/08

スパークアレスター

Sl
<昔の蒸気機関車には煙突が変わった形をしているものがある>

これは「火の粉止め」を内蔵しているためらしい。
昔は蒸気機関車から出た火の粉で火事になったこともあるんだと。
だから火の粉が出ないように煙突に網を張ったりしたらしい。
それは納得したが、どうしてこういう形なのかはよくわからない。
鉄ヲタの知人に聞くのも癪だし面倒なのでWEBをさぐり
ようやく日本ではなく海外のサイトで構造とかも調べられた。
例の鉄ヲタに「知ってるか」ってプレッシャーかけてやろうかな(笑)。
たぶん「当ったりめえだろ」ってすごまれるんだろうな(涙)。

でも「火の粉止めを英語で何ていうか」は知らないかもね。
これはスパークアレスター(spark arrestor)というらしい。
スパークといえば特に電気的な「火花」をイメージしていたけど
「火の粉」もスパークなんだね。勉強になった。

|

« たぶん飛ばない方がいい | トップページ | 足元が見られる飛行機 »