« やっぱり世界最大の木造建築物 | トップページ | ライト 1902年型 グライダー »

2008/02/24

惜しくもナンバー2

Noshappu_1

北海道の地名はむずかしい。
アイヌ語に、無理に漢字をあてはめたりしているからだ。
たとえば写真の「野寒布岬」は「ノシャップみさき」となる。
「ああ、ノサップみさきなら知ってる」って、それは違うから(苦笑)。
ノサップ岬は根室市にある日本最東端の岬。
たぶん普通のワープロソフトなら納沙布岬と変換してくれる。
が、ノシャップ岬は稚内市だ。僕のワープロソフトでは変換しない。
稚内市の岬といえば日本最北端の宗谷岬が有名だが、
野寒布岬はその西側にある、いわば日本で二番目に北にある岬。
「二番」というのは十分に立派な成績ではないかと思うのだが
やはり「一番」と比べると知名度は雲泥の差となる。
だから日本最東端という別の「一番」に間違えられたり…。哀れだ。

ちなみに稚内からサハリンまでは約40キロという近さ。
経度も変わらないのだが、2時間もの時差がある。

|

« やっぱり世界最大の木造建築物 | トップページ | ライト 1902年型 グライダー »