« パイロットとお話しできる電話 | トップページ | Cのつく滑走路 »

2008/02/10

ペットにも「水伝」をひろげるか(笑)

数日前のNHKのニュースで紹介していたんだが、
ペット用のミネラルウォーターというのがあるそうだ。
うへぇ~と思ったが、まあ、人の商売にあんまりケチつけてもね。
ペット用なら人間用ほど厳しく衛生管理を求められないだろうから
お気軽に作ってお気軽に売れるのかと思ったら、
人間用のミネラルウォーターの倍以上の値段なんだという。
どうしてだろうとWEBで調べたら
「赤城高原の自然水」に「特殊な磁場」を通した磁気処理水だとか。
どっひゃ~、意外なところで地雷でも踏んじまった気分(笑)。

曰く、「獣医学博士の大久保隆行博士に指導を仰ぎ、
多様な犬種の飲料水として3ヶ月間の導入実証テストを行い、
その結果ペットの健康維持に良い影響を及ぼすことが確認された」
とか、そういうものらしい。
いわゆる条件付き特定保健用食品のペット版ってところかね。
でも厚生労働大臣の許可を受けられるほど厳密な試験なのかな。
ああ、そうじゃないからペット用にしたんだね、きっと(笑)。
本当にそんなにご立派なものなら人間用で儲けた方がいい。

で、これを「評価した東急ハンズ(新宿店)」で9月から販売…って、
去年の情報じゃん。ハンズのWEBでは確認できなかったけど。
それが本当ならハンズでは「幸運の壺」とかも売ってそうだ。
その壺に入れた磁気処理水に「ありがとう」って声をかけると
凍らせたときにきれいな結晶ができるかも…。
ただしペット用だから犬に「ありがとう」って言わせるんだぜ(爆笑)。
Monkey08
<犬猫用の次は、ぜひ猿用のミネラルウォーターもお願いします>

しかしNHKは、どういうつもりでこれを紹介したんだろう。
そのうち教育番組で「水伝」の実験でもやるかもしれないな。
もちろん「理科」じゃなくて「道徳」の番組で(タメイキ)。

なおニセ科学については「かぜたん」よりも
「水商売ウォッチング」や「kikulog」の方が参考になります。
だまされたくない人は、一度ご覧になっておくといいかと。

|

« パイロットとお話しできる電話 | トップページ | Cのつく滑走路 »