« おかげさまで、美味 | トップページ | ごみ箱 »

2008/01/04

スティープターン

スティープターン(急旋回)は飛行機操縦の基本のひとつ。
普通はせいぜい30度までのバンクで旋回するが、
45度とか60度とかのスティープターンも練習する。
47度とか56度とかっていうのは、あんまり練習しないかな。
45deg
<45度バンクの左旋回>
飛行機はずいぶん傾いているけど、
力が釣り合っていればパイロットは横向きの力は受けない。
1.4Gの加速度で座席に押しつけられはするが、
すごく傾けたなという実感はあまりない、かも。
45deg2
<45度バンクで旋回中の機内>

ただし60度になると、ずいぶん印象が変わる。
相変わらず横向きの力は受けないが、加速度は2Gに増す。
慣れないと下の翼が地面に突き刺さるような気持ちになる。
「これでもたった60度?」と思うかもしれない。
60deg
<特に地面の近くでは、見ている方が怖い(笑)>

|

« おかげさまで、美味 | トップページ | ごみ箱 »