« 柵を乗り越える | トップページ | 結露ひどくない »

2008/01/30

オランダ風車の羽根

Turbine_1
<アムステルダムにレストランとして現存する1672年製風車>

セールは張られていないし、翼型を云々するものでもないが
回転翼のピッチが先端にいくほど浅くなっていることがわかる。
飛行機のプロペラなどと同じだ。
注目したいのはこの風車が1672年製であるということ。
飛行機が誕生(1903年)する200年以上前のものである。
あるいは最初に蒸気船にスクリューがつくよりも100年以上前。
それ以前の蒸気船は外輪で推進力を得るのが普通だった。
さすがにレオナルド・ダ・ヴィンチよりは200年ほど遅いが
彼が考案したエアスクリューよりははるかに洗練されている。
すごいな~と、しみじみ。

|

« 柵を乗り越える | トップページ | 結露ひどくない »