« 未来はさりげなく | トップページ | 人喰い未遂 »

2007/09/29

フィルムカメラでも駄目なの?

僕の同業者にはまだフィルムカメラを使っている人も少なくない。
フィルムならではの色合いが捨てがたいという理由もあれば、
あのくだらない(とあえていおう)離着陸時のデジカメ禁止のため
空港周辺の景色を撮るために不可欠であるという理由もある。
Zurich01
<フィルムカメラは、まだしばらく大切にしましょう>

ただし、それでも油断はできない。
某カメラマンもわざわざフィルムカメラで撮っていたそうだが
客室乗務員に「ダメです」と制止されたそうだ。
「フィルムカメラなんですけど…」といってもダメだったとか。
僕の認識ではフィルムカメラはOKのはずだが、
最近の若い客室乗務員はフィルムカメラなんか知らんのかも(涙)。
ちなみに航空局の指針ではデジタルカメラは離着陸時は禁止だが
普通のフィルムカメラは特に対象となっていない。
機内放送でいうように「すべての電気・電子機器」を厳密にとれば
電子回路を組み込んだフィルムカメラも駄目だといわれそうだが、
航空局はカセットプレーヤー、電気カミソリ、電卓などについては
離着陸時を含めて常時使用可能であると例示している。
必ずしも「電子回路が入っているから」というわけではなさそうだ。
ならばフィルムカメラも、やはり問題なさそうだと思うのだけど。
少なくともキヤノンF-1ならモードラはずせばオッケーかな?
電池なくても、ぜんぜんへっちゃらだもんね。

ああ、くだらない。いつから旅客機はそんなに軟弱になったのだ。
他にこんなにアホなことをいう交通機関がどこにある?
B787はどうせスケジュールの遅れついでに(苦笑)、
電子機器でもへっちゃらですよ~という飛行機にしてほしい。

|

« 未来はさりげなく | トップページ | 人喰い未遂 »