« 洞窟フェチに対抗する | トップページ | ブログでアリバイ »

2007/06/14

月着陸船のハシゴ

Lm07b
アポロ計画の月着陸船(LM)はNASMの実機をはじめ
あちこちにレプリカとかが展示されている。
で、いつも不思議に思うのはハシゴ最下段の高さだ。
ご覧の通り、宇宙服の腰くらいの高さなのである。
ゴツい宇宙服を着て、これを登れるのだろうかと思う。
子供の頃は、伸縮式になっているのだろうと思っていた。
だけど、そんな機構はない。
Lm03
もちろん月の重力が地球の6分の1ということは知っている。
筋力はそのままだから、ジャンプ力だってすごくなるだろう。
だけど、やっぱりあの宇宙服である。
重さは約80キロもあるから、6分の1としても約13キロ。
もちろん正座するほどにヒザを曲げられるわけでもなかろう。
宇宙飛行士はピョンピョンと跳ねるように歩き回っていたが、
猛烈に高くジャンプしている映像は見たことがない。

実際、あの高さでも問題なく登ることはできたそうだ。
それでもやはり、もっと低くした方がよかったのではないか。
ショックストラットとの問題があるなら、折り畳み式でもいい。
そんな気持ちを、ぬぐいさることができない。

ああ、地球の重力に縛られる生活が長すぎたか…。

|

« 洞窟フェチに対抗する | トップページ | ブログでアリバイ »