« チンクェチェント | トップページ | TSUNAMI »

2007/04/19

交通事故防止システム?

Dltaxi01

日産とドコモ、新しい交通事故防止システムの実証試験を開始。
これは歩行者の持つGPS携帯電話の位置情報をクルマに伝え、
必要と判断されればドライバーに警告を与えるのだという。
???????????????????????
ダイジェストのニュースを読んだだけでは、よく理解できなかった。
日産のプレスリリースも読んでみたが、やっぱりわからなかった。
書いてあることは簡単なんだが、本当にそれだけのことなのか。
そこから読み取れる内容はあまりにもくだらなすぎるように感じる。
交通事故ではコンマ数秒、数センチの差が生死を分ける。
それを誤差数メートルのGPSの位置情報に頼ろうというわけだ。
測位頻度や通信頻度はよくわからないけど、
予測不可能な動きをする歩行者や自転車に対応しきれるのか。
百歩譲って有効な警報を実現できたとしよう。
だが、それは誰もがGPS携帯を持ち歩くという無茶を前提とする。
ヨチヨチ歩きの幼児、耳の不自由な人、あるいは外国人旅行者も、
皆このシステム対応の携帯電話を持たないと命が危ないわけだ。
バッテリーがへたっていたりしたら大変だね。
中途半端な安全装置でドライバーを油断させるのはむしろ危険、
ということはないんだろうか。
事故のあとで「警報は鳴らなかった」とかいうヤツ、いそうだな。
だけど開発しているのは天下の日産自動車とNTTドコモだ。
あんまりアホな技術に大金をかけるとは思えない。
だからきっと、まだ何かすごい可能性を秘めているに違いない。
ただ、それが僕にはどうしても思いつかなかった。
はい、どうせ頭わるいです。想像力が乏しいです。
だから、もうちっとわかりやすく説明してほしい。

Crossing01
歩行者「ケータイ持ってるから大丈夫~」
運転者「警報なってないから大丈夫~」

|

« チンクェチェント | トップページ | TSUNAMI »