« 挑戦という名のテキサン | トップページ | エンジンが小さい »

2006/04/29

旅名人?のパッキング術

知り合いの編集者、なんか企画でも考えていたらしい。
「旅名人のパッキング術は?」と聞かれて笑ってしまった。
旅っていうより出張で、普通の旅とちょっとちゃうねん。
なにしろ基本的な荷物は撮影機材だけ。
それだけで十分重いから、もう何も持っていきたくない。
まあ日数分のパンツと靴下、Yシャツはカメラの底に敷く。
空いたところに歯ブラシと電気ひげそりを押し込む。以上。
もちろん日数や季節によっては別にバッグも持つが、
パンツや靴下が増えるだけ。
これじゃ記事にならんね。がっかりさせたかな。
Tags01
以前はよくスーツケースも使っていた。
かさばる機材や山ほどのフィルムを運ぶには必需品だった。
帰り便では本や資料もどっさり持ち帰る必要があった。
重量超過で追加料金をとられたり、キャスターが壊れるほど。
こうなるとスーツケースは消耗品。7~8個は買ったろうか。
ヨーロッパ1往復で割れちゃったのもある。
でも数年前に最後のスーツケースを捨てて、それきりだ。
X線が強化されて、もはやフィルムは預けられなくなった。
海外通販も簡単になったから無理して本も買わない。
もう、スーツケースに入れるようなものはほとんどない。
1ヶ月もかかるような仕事が入ったらまた考えるけど、
スーツケースは持ち歩くのもしまっておくのも難儀だよね。
捨てるにも粗大ゴミとして申し込む(200円)必要があるし。
家族旅行なら仕事用の機材が不要になるから、4~5日なら
全員分をスリーウェイバッグ1個に収めてしまうことができる。
持ち物少ないと、パッキングも工夫がないんだ。

|

« 挑戦という名のテキサン | トップページ | エンジンが小さい »