« レッカー移動 | トップページ | 捨てるくらいなら »

2006/04/07

アメリカ出国のレシート

アメリカは入国審査はあれこれとうるさい国だが
出国手続はうんと簡単だった…、かつては。
入国書類の半券をチェックイン時に航空会社が回収。
ただ、それだけだ。気をつけなければならないのは、
航空会社スタッフが半券を回収し損ねること。
「ねえ、これちゃんと取っといてよ」と、指摘したのも何度やら。
そんなくだらないことが原因で次回の入国でトラブると困る。

Usvisit01

ところが去年あたりから新しい出国手続きがスタートした。
自動チェックイン機のような機械にパスポートと指紋を登録し、
出てくるレシートを次の入国まで大切に保管せよという。
この手続き、自分で機械を捜して勝手にやらなければならない。
英語のわからない人、旅慣れない人だって多いだろう。
やり損ねて次回入国を拒否される人がきっといる…、
そんな予感のする、ちょっと危うげな手続きだなと思った。

ところが次の入国審査(別空港)ではレシートを無視された。
「これがないと入国できないっていわれたんですけどね」
わざわざ自分から申告したのだが、
「ああ、そういう空港もあるらしいな」
という感じ。いいのか、そんなんで。

さらに次の渡米(また別の空港)でも、やっぱり無視された。
「これ、この前も使われなかったけど、どーすればいいの?」
すると入国審査官、まわりのブースの同僚に大声で、
「ねえ、これ何だか知ってる?」
やれやれ。同僚も知らないみたいだったし。
「あんた、アメリカに住んでるの?」
ちがうけど、そういう問題なのか?

で、結局レシートはまだパスポートにはさんだまま。

|

« レッカー移動 | トップページ | 捨てるくらいなら »