« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005/04/30

緊急用タバコ

cigarette01

IN CASE OF EMERGENCY, BERAK GLASS !
…と、書いてある。

ガラス管の中に煙草とマッチを1本ずつ封入。
緊急時にはガラスを割って中身を取り出す。
マッチは単体で着火できるタイプである。

買ってから20年くらいたつので、
中身はかなり怪しい様子。
怖いものみたさで、ちょっと吸ってみたい気もするが。

まだ国際線が飛んでいた頃の大阪伊丹空港で購入。
けっこう評判がよかった(?)のだが、
次に行ったときは店頭から姿を消していた。
当時、煙草は専売制だったし、たばこ税もどうしていたのか。
そのあたりが問題とされてひっこめたのかも。

|

2005/04/29

海上空港

meitetsu01

関空やセントレアなど海上空港はいくつもあるが
実は、どれもあまり海上空港という実感がない。
考えてみれば、東京湾沿岸の埋立地なんか
みんな海上都市みたいなもの。別に珍しくない。
沖合移転を繰り返した羽田だって、立派な海上空港だし。

唯一、なるほどと思うのは橋をわたるときくらいか。
とはいえ橋そのものは、やっぱり珍しくないけど。

セントレアへは名鉄の特急ミュースカイが便利だが
この前は指定席が取れずに普通の急行に乗った。
ちょっとタルかったけど、前がよく見えたので小吉。
東京だと、事前に指定券を取るの面倒なんだよね。
まあ、東京の住人なんか利用想定外なんだろうけど。
今日も、半分あきらめてるよ。

*******(追記)**********

それ以前に東京からの新幹線、満席じゃん。
「世間」はゴールデンウィークだから当然か。
とほほ…。

|

2005/04/28

空へ

blusky01

水戸まで行ってきました。
最後まで晴れ男でしたね。

|

2005/04/27

小僧の子分

bruno01

小僧がまだ2歳か3歳のときにいただいたもの。
いささか強引な経緯で申し訳なかったが、
まだ大切にされていて健在、ということで勘弁。

「男の子もぬいぐるみで遊ぶんだねえ」と、カミさん。
少し意外そうだが、女の子の遊び方とはだいぶ違う。
この犬は友だちというよりも子分らしい。
本人は否定しているが、扱いを見ているとそう確信する。
そして親分は威張るだけでなく、子分を守らねばならない。
その覚悟を確かめんと、父親はしばしばぬいぐるみ虐待。
小僧はなかなか男気のあるところを見せてくれる。
父はうれしいぞ。
その調子で、将来はカノジョも大事にしてやれ。

|

2005/04/26

オプティカ・スカウト

optica01a

異形のわりにはカッコよく、映画「風の惑星」にも使われた。
もうちっと売れるかと思ったのだが、さっぱり。
アメリカでは中古機が10万ドルで売りにでていたけど、
実用性ならR44あたりを買った方が無難かも。

個人的にはOV-10あたり、自家用機にほしい。
ときどき払下げ機が中古市場にでている。
短距離離着陸性能や運動性に優れ、
しかも胴体後部がちょっとした貨物室になっている。
ここを活用すればカメラ機としても面白そうだ。
で、維持費は「秘密任務」のアルバイトでもするか。
もぐりの宅配便とか、その程度しか思い浮かばないけど。
…ただし親書は扱えません、あしからず。

ov1001a
ひょっとして、離島の救急患者輸送には使えるかな?

(画像処理でプロペラまわしてます。やっぱ不自然)

|

2005/04/25

スタンダード・ステープラー

stapler01

海外旅行でわざわざ買ってきたいもの…、
意外に少ない。

煙草以外は免税品も国内の量販店より高いし、
ブランド品にはぜんぜん興味がない。
巨大スーパーマーケットに売っているオモシロ日用品も
たいてい東急ハンズとかで手に入る。
多少の価格差は、持ち帰る手間を考えれば帳消し。
電気製品は規格が合わないし、食い物は検疫が面倒。
しゃれたカレンダーも休日が日本とは合わず使いづらい。
昔は航空関係の書籍とかどっさり買い込んだけど
いまはけっこう通販で手に入るしなあ。

それでも、ときどき海外で補充してくるものはある。
たとえばアメリカのスタンダード(標準)ステープラー。
要するにホッチキスだが、ホッチキスは商標である。
アメリカでは日本の標準(10号)よりもやや大型が中心。
日本の中型(3号)相当だが、これはやたらとゴツくて高い。
しかしアメリカでは、コンパクトなものが安く買える。
スーパーの文房具売り場などで、交換針も一緒に。
オモチャみたいだが紙を綴じる能力は高く重宝する。
ま、酷使していれば壊れることもあるが、
買い置きしておいたって、たいして邪魔にならないよ。

|

2005/04/24

渋滞とまわり道

detour02
空にも道がある。渋滞もする。
が、飛行機は停まれない。
そこで、まわり道(文字通り)。

jetjum01
地上では、ただ渋滞する。
後ろにどのくらい旅客機が並んでいるかは
滑走路に入るときに見える。
列が長いと、ちょっと愉快?

concordejfk01
後ろにこんなのがいたときは驚いた。
積雪の滑走路閉鎖があけたばかりのJFK。
特別扱いはしなかったらしいが、
燃料、大丈夫かね。

|

2005/04/23

「たからもの」は役に立たないもの

eflens01

「たからもの」っていうのは、役に立つものだとは限らない。
むしろ必要ないものであることの方が多いかもしれない。
小僧どもがよく拾ってきたどんぐりとか小石とか、
決して役に立つこともなければ必要もない。
しかし、だからこそ「たからもの」なんだよな、と思う。
必要だから持っているのは、ただの道具や実用品。
理屈ではなく大切に想えるから「たからもの」になる。

取材中にポロリと落ちてしまった望遠レンズの前玉。
修理では新しい前玉と交換することになったが、
「持って帰りますか」とサービスセンターのスタッフ。
僕の「たからもの」のひとつになった。
77ミリ径のマルチコーティング・レンズ。素晴らしくきれいだ。
もう、なんの役にもたたないけど。

さて、あとはどんな「たからもの」があるだろう。
そして何人の「たからもの」がいるだろう。

|

2005/04/21

岩崎貴弘さんが、お亡くなりになりました。
とても残念です。
心よりご冥福をお祈りいたします。

阿施光南

明日は更新をお休みします。

|

海のフライングタイガース

seatiger01

中年には懐かしいフライングタイガーライン。
で、FedExに食われる前くらいのものだが
シータイガーのマグカップ。
「A SERVISE OF FLYING TIGERS」とあるが、
実態はよくわからん。

まだ結婚する前のカミさんが会社でもらってきた。
「ちょうだい」といってもどうしてもくれなかった。
この深い藍色がカミさんの好みなのだ。
が、結婚しちゃったから、所有権もなあなあに。
マグカップ欲しさに結婚したわけじゃないが。

ちなみに白いフラタイのマグカップは
シカゴ・オヘア空港の航空ショップORDで買った、
ただのエアラインのロゴ入り土産グッズ。
珍しくもなんともなく、質的にも見劣りする。

flyingtigers01

あー、もちろんこういう方が好きな人もいるでしょうが。

|

2005/04/20

パパママってガラじゃない

日本ではいつからパパママが多数派になったのだろう。
たぶんおかあさんと覚えさせるよりはママの方が、
おとうさんよりはパパの方が簡単だからかな。
まわらない舌で「おかーたん」とか、かわいいんだけど。

でも僕と似たような世代(もちろんとっくに中年)にも
けっこうパパママ育ちがいると知ったときはたまげた。
まさか魔法使いサリーちゃんの影響じゃないとは思うけど、
そういうお坊ちゃんお嬢ちゃんたちならば
自分たちの子供もパパママで育てるのが自然だろう。
ただし庶民のパパ、ママ化に対して、
最近のセレブはパパ、ママンと呼ばせている。ご参考まで
(最後のところは冗談のつもりだが…、ちょっと不安)。

もちろん呼び方なんて家族それぞれで好きにすればいい。
ただ、自分が「○○ちゃんのパパ」とか呼ばれるのは…、
背筋が寒くなる。

papamama01
パパとかママってガラじゃないんだ。

|

2005/04/19

都心の自然

kaeru01a

都心の自然といっても、さほど自慢できるものではないが
千駄ヶ谷に住んでいた頃は新宿御苑や明治神宮が近く
けっこう緑には恵まれていた。
新宿御苑の裏道では蛇をひいたこともある。
バイクのライトを横切る蛇が見えたときにはもう遅かった。
「しまった!」と思ってバイクを停めたが、
ふりかえっても蛇の姿は見えなくなっていた。
なんとか新宿御苑に逃げ込むくらいはできたようだ。

…生き延びてくれていればいいけど、厳しいだろう。
都心育ちの野生の蛇だったと思う。申し訳ないことをした。

|

2005/04/18

閉まるドアにご注意

f15to01

F-15のギアの制限速度は250ノット(時速約460キロ)。
離陸したらただちに収納しなければその速度を越える。
もっと丈夫に作ればよかろうと思うかもしれないが、
時速460キロといえば、新幹線の最高速度の約1.5倍。
そんな風にさらされながらドアをぴったり開け閉めする。
それだけでもけっこう大変なことだ。

中学生の頃、某米軍機整備施設を見学したことがあるが、
ギアドアの開閉は遠目に見るほど柔らかなものではなく、
人間の腕や足など簡単に切断するほどの勢いと聞いた。
素人の中学生相手の脅しじゃあるまい。

当時はまだベトナム戦争の最中で、
「見学の記念に」と20ミリガトリング弾の空薬莢をもらった。
A-7の薬莢受け?に手を突っ込んで出してくれたのだ。
たぶん訓練で撃ったものだろうとは思うが、
弾痕をふさいだパッチの生々しい機体だった。

|

2005/04/17

死にゆくものに感謝

pig01

都城市役所の前でトラックに乗せられていた豚。
そんな風に見られると、つらい。
だけどトンカツ好きだから、目はそらさない。
それが自分なりの感謝の気持ち。

ちなみに都城は和牛でも有名だ。
もちろん秋のスカイフェスタでも。

jurgis01a

|

2005/04/16

旅は一人旅

parislove01

旅は一人旅がいい。…若いころはそう思った。
友だちと一緒だと、そこに日常を引きずることになる。
ならば東京にいても外国にいても同じだ。
全身で世界を感じるためには一人の方がいい。

いまも仕事では一人が多いが、もうスレちゃって駄目。
一人で出歩くことに緊張よりも気楽さを感じてしまう。
これでは世界を感じるどころではない。
名所旧跡なんか、見るのも面倒くさくて。

それよりは、たとえば家族と一緒に
きれいなものを見て感動したり、
喜んだりするのを眺めている方が面白い。
おめえもトシとったなとかいわれそうだけど、平気。
若いころは想像もつかなかった楽しさ。

それでも若い人には、やっぱり一人旅をすすめたい。
お気をつけて、お楽しみください。

|

2005/04/15

遠心力

wingwalkb01b

水を入れたバケツをぐるぐるブン回す。
誰でもやったことがあるだろう。
飛行機の宙返りもこれと同じで
頂点でも尻が浮くようなことは…、あまりない。

バケツではときどき失敗して水がこぼれるが…
この人はベルトをしてるから、たぶん大丈夫。

だからピンとこないんだが。

|

2005/04/14

厚生労働省と経済産業省

愛・地球博の弁当禁止は一部緩和されたとはいえ
あいかわらず聞くも不愉快な状態が続いている。
こんなになめられているのに
まだ愛・地球博に行こうっていう人がいるのには驚く。
名古屋って、そんなに娯楽に乏しいのかね。

しかし今回の件では「食中毒」を心配してくれたのが
厚生労働省ではなく経済産業省というのが面白い。
薬害エイズその他の事例を持ち出すまでもなく
厚生労働省が国民の健康を守るためではなく
むしろ脅かすためにあることはもはや常識。だから
かわりに経済産業省が乗り出してくれたんだろう。

あとは会場内で正規販売されている食い物が原因で
食中毒患者でもでれば完璧な笑い話のできあがり。
不謹慎といわれるかもしれないけど、
せめて軽傷ですむことを祈るくらいしかない。
で、愛・地球博がえりで下痢してる人、まだいないの?

saylogan01
下痢にはやっぱり正露丸、が基本でしょ。
僕の「お泊まり出張セット」にも常備している。
でも久しぶりに調べたら、使用期限が2001年12月。
こんなののんだら下痢しちゃうかも。

|

2005/04/13

食器はやはり金属製の方がうまい

knife01

いまでも金属製ナイフを使っている航空会社がある。
ガキのママゴトならともかく、やはり本物のメシは
プラスチック製より金属製の食器で食う方がうまい。
僕は、なによりもその心意気が好きだ。

「ハイジャックされたらどうするんだ!」と騒ぐのは
よほどのカタブツとその提灯持ちくらいだろう。
騒ぐ連中にしても、どこまで本気なのやらと思う。
なにかあったときに責任をかぶりたくないとか、
そんな理由が半分ってところじゃないのか。
でなかったら、晩年のハワード・ヒューズの同類かも。

ちなみに金属製フォークはよくてナイフは駄目なのは
訓練された者には食器ナイフでも致死的な武器となるが
フォークならば致死傷を与えにくいという理屈らしい。
アメリカの航空関係者に聞いたのだが…、やれやれ。
「訓練された者」についていうならば、
武器なんかなくても人は殺せるだろうよ。

*****************

万が一、機内でナイフを振り回すアホと出くわした場合
上着や毛布などを闘牛士の布のように持って防御する。
たかが布っきれでもあるとなしでは大違いだ。また、
突いてきたナイフを包み込むように抑えこみ無力化を図る。

ある特殊部隊出身者に護身術として教えていただいた。
その人相手ではナイフなしでも勝ち目はないと思ったけど。

********(追記)*********

今度はライターだって。けっこう笑える。
その次はたぶんマッチでしょ。
それから、それから~~♪♪

|

2005/04/12

お墨付きの模型、だから?

sirius01

福岡空港の国際線ターミナルビル中央には
ロッキード・シリウス水上機の模型が展示されている。
1931年、太平洋を横断してきたリンドバーグ夫妻が
福岡の名島水上飛行場に着水したときの機体を
1/4スケールで忠実に再現した、と説明にある。
こういう歴史を大切にする姿勢は、とてもいいと思う。

…が、この模型、やたらと「お墨付き」が多い。
ロッキード歴史図書館やロサンゼルス歴史博物館、
アンモロー(リンドバーグのカミさん)財団、
米国立航空宇宙博物館、そして米国航空技術者協会の
認定書などが台座のまわりにどっさり張られているのだ。
内容はどれも同じようなもので、
要するに「よくできた模型であると認定します」ということ。
それは結構なことだが、こんなにもしつこくされると、
「だから?」とか、イジワルいいたくなる。

そもそも、どうしてこんな認定書が必要なのだろう。
「模型なのに、ずいぶん高いな」とか文句つけられて
意地になって集めたとか?
だとしても台座まわりの額縁ベタベタは見苦しい。
まだ当時の写真や新聞記事は興味深いが、
「認定書」には和訳もなく余計なお飾りでしかない。
これではせっかくの「よくできた模型」がだいなしだよ。

|

2005/04/11

井の頭公園のサル山

saru03

原稿がたまっていたのだが、
しばらく雨になるっていうんで外出。
久しぶりにボートに乗りたかったのだが、
混んでいたからあきらめた。

遊園地の乗り物券が余っていたが、
小僧はもうあまり気乗りしない様子。
…、幼児向けも、もう卒業だね。
次はボートの漕ぎ方をちゃんと教えてやろう。

しかし、すごい桜吹雪だった。

|

2005/04/10

大島から新宿まで1時間

rjtf01

調布空港と伊豆諸島の間にはプロペラ旅客機が飛んでいる。
たとえば大島までの飛行時間は約30分。
羽田からジェット機で行くのとまったく同じ時間だ。
大島を離陸して調布、それから京王線で新宿に出るのに、
順調ならば1時間ですむ。

ぎりぎりで通勤圏といえる、かも。
新中央航空って通勤定期も売ってるのかな。

|

2005/04/09

N’EXの車窓から

nex01

成田空港にはたいてい新宿からN’EXに乗っていくが、
車窓から見るのを楽しみにしているところがひとつある。
千駄ヶ谷に住んでいた頃、小僧が通っていた保育園だ。

朝、保育園に預けた足で海外に行くことも珍しくなかった。
そんなとき保母さんが僕のN’EXの時刻を聞いてくれて、
保育園の前を通過するときには皆で手をふってくれた。
車内から保育園が見えるのはほんの一瞬だが、
小さいのが一生懸命に手をふってくれているのはわかる。
気の重い海外出張でも、そんな姿を見ると元気になった。

その保育園にお世話になったのは半年ほどにすぎないが、
いまもN’EXに乗るたびに必ず保育園を見る。
子供たちはもちろん保母さんの顔ぶれも変わってしまったが、
「みんな元気で遊べよ」と、声援をおくりたくなる。

|

2005/04/08

シャルル・ドゴール空港のコンコルド

cdgsst01

全世界に散らばったコンコルドの中で
ただ1機、パリのCDGに残されたF-BVFF。
AFがコンコルド引退を決めたとき、
事故後の安全対策のための改造作業中だった。
しかし作業はそのまま中止となり
二度とCDGから飛びたつことができなくなった。
後に外観のみ整えられたが、中身はスカスカらしい。

現在はAFの整備地区に保管されているが
空港外周からは非常に見えづらい場所にある。
だが焦ることはない。
この機体は周辺のホテル地区に展示される予定で
いずれじっくり眺めることができるようになる。

|

2005/04/07

続・外国の天気予報は…

afbus01

結論からいえば、着いた当日は日本気象協会、
翌日はワンダーグラウンド、
で、ウェザーニューズのいうように雨も降ったけど、
それほど寒くはなかった…ってとこか。

でも、わずかな自由時間ができたのが月曜日。
ル・ブルジェの博物館、休みなんだよね。
仕方がないから、久しぶりにノートルダムあたりに出没。
信者じゃないんで、この時期中に入るのは遠慮したが。

jpaul201

|

2005/04/06

飛行機が飛ぶ高さ

yokota01a

軽飛行機が飛ぶのはせいぜい高度2千~5千フィート、
高く上がっても1万フィートくらいまでが普通だ。
フィートといっても日本ではピンとこないが、
米軍横田基地の滑走路が1万1千フィート(3350メートル)。
普通はこの半分以下の高度で飛んでいるわけだ。

ちなみに日本でいちばん高い富士山でも、
横田の滑走路より1割増程度にすぎない。
成田のA滑走路(4000メートル)よりは低い。

…登るの大変なんだけどなあ。

|

2005/04/05

一生モノ

はじめて革ジャンを買ったとき、店員から
「いいものは一生モノだから」とかいわれてフンパツした。
ウソばっか。あっという間にヘタヘタになった。

でも似たような商売はあいかわらずはびこっている。
売るほうは価値以上の価格をつける口実にできるし、
買うほうは高い品物に手を出す口実にできる。

だけど、一生もつモノなんかそんなにありがたいか。
僕は、飽きたころに捨てる口実ができた方がいい。

ju523m01
一生モノを一生もたせるには手間がかかる。
(ルフトハンザのユンカースJu-52/3m)

|

2005/04/04

セントレア夜景

centrea01

きれいなんだかよくわからないけど。

|

2005/04/03

外国の天気予報は信用できない

concorde001a

屋外展示されていた頃のコンコルド001、F-WTSS。
現在は屋内展示で撮影条件は非常にきびしい。
それでも時間があれば、また見ていきたいが…

しかし、なんで海外の天気予報ってバラバラなんだ。
たとえば今日のパリの予報は
ウェザーニューズは「雨、最高気温13度C」で、
日本気象協会は「晴れ、最高気温19度C」としている。
ワンダーグラウンドは「やや曇り、最高15度C」だとさ。
メテオフランス見ると日本気象協会が近いかな。
個人的には晴れて暖かい予報を信じたいが…。

ま、バラバラじゃなくても外れるのが天気予報だけどね。

|

2005/04/02

利息1円

castle01

数年前にマンションを買ったときは悲しかった。
バブル崩壊でずいぶん安くなっていたとはいえ、
それまでの蓄えでは全然たりなくて、
さらに30年ものローンを組まなければならなかった。
まあ小市民としてはそれが普通なのかもしれないけど…、
たかがマンションを買うって、そんなに大ごとなのかよ。

自慢ではないが、ほとんど貯金はない。
若いころは「貯金よりは自分に投資しろ」とかいわれて、
好きだけど金にならないテーマを撮り歩いたり、
飛行機の免許をとったり、ハンググライダーを買ったり、
友人たちと儲からない会社を作ったことすらある。
…要するに遊びまくった。

でも父親が死んだときは、自分には葬式代もないと焦った。
「せめて自分の葬式代くらいは」と貯金をはじめたが、
そうして貯めた金はマンションの頭金になってしまった。

で、それからもやっぱり貯金はする気にならない。
また葬式代くらいは貯めなきゃと思うけれど、
銀行に入れても忘れた頃についてくる利息が1円だって。
いくら元金が少ないとはいえ人のことをバカにしている。
ATMの時間外手数料1回分で、利息100年分かよ。
それならローンの早期返済にあてた方がマシだ。
こっちはしっかり金利をとられているからな。

で、貯金するかわりにセッセと返していたら、
30年ローンのはずが数年で先が見えてしまった。
いつの間にか、あとクルマ1台分ってとこまできた。
「そのくらいいっぺんに返しちゃえよ」という声もあるが、
返せるものか。貯金ないんだから。
でもまあ、ずいぶんと気楽にはなった。
もちろん銀行利息1円が積もって返済が進んだわけじゃない。
逆にサッサと銀行に見切りをつけたおかげだ。
ローンが終わっても、やっぱり銀行には近づかないよ。

※写真は我が家ではないです…、いうまでもないが。
でも「マンション」って、本当はこんな感じ?
もちろん外国人にはアパートメントっていってるよ、うちは。

|

2005/04/01

1年戦争のスカイクレーン

zgokhel01

シコルスキーCH-54スカイクレーンは、
ベトナム戦争では墜落機の回収などにも使われた。
1年戦争でも使われたのかどうかは知らぬ。
胴体全長は約22メートルで、ズゴックよりはやや長い。
が、中身を抜かないと重すぎて運べないはず。
(画像処理しています)

|

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »