« 続・オオカマキリ近況…産卵! | トップページ | 雲をつかむ »

2004/11/02

ブロッケン現象とか

brocken02a.jpg

世にも珍しいといわれるブロッケン現象だが
飛行機に乗っていれば見るチャンスは多い。
比較的近くの雲に自分の飛行機の影がおちれば、
たいていその周囲に虹が見えるはずだ。

またブロッケンの虹は飛行機の中心ではなく
自分(の座っている場所)を中心にできる。
つまり僕がギュウ詰めのエコノミークラス(キャビン後方)からこの写真を撮ったのと同じときに、ファーストクラス(キャビン前方)からブロッケン現象を撮った人がいれば、その虹の中心は機体前方になっていたはずだ。わかる人には、自慢できるだろう。
まあ見栄をはるだけならば、国内線で前方席に座ってチャンスを待つという手もあるが。

他にも航空機のおとす影には面白い性質がある。
たとえば自分の周囲に何機もの航空機がいても、
地上にある影のどれが自分かは簡単にわかる。
自分の影のまわりだけ、明るく見えるからだ。

hangkage01a.jpg

これはハンググライダーの機首にカメラをつけて撮影したもの(元画像は右上に小さく表示)。
画像処理でコントラストを極端に高くしている。
翼を左右に支えるパイプにカメラの影が写っていることから、地上の自分の影はそのほぼ延長上にあるとわかる。
背後の山肌で、明るくなっている中心がそうだ。

どうして明るいの? って、聞かないでね。
回折のせいだと思っていたけど、
自信がない。

|

« 続・オオカマキリ近況…産卵! | トップページ | 雲をつかむ »