2021/04/18

1時間200万円

Hh53c_013_1_1 
嘉手納基地のHH-53Cスーパージョリー。
映画「エアポート’75」では747と編隊で飛んでいた。
F-4ファントムと同じくらいの大きさがある。
Ch53_052a_1 
CH-53Eはエンジンを2発から3発に増やしたから
同じ「53」で済ませるなよと思ったけど、
FA-18A/B/C/DとFA-18E/Fの方がさらにひどいか。
「ちょっとした改良だから安上がりにできますぜ」とか、
予算獲得上の下心があるときによく使ってきた手法。
Mh53e_024_1 
老朽化で、1時間飛ぶのに44時間の整備を必要として、
飛行コストは2万ドル/時間というクソッタレな機体。
だけど、凄味があって好きなので、
海上自衛隊仕様のMH-53Eの完成品模型も買ってある。
見せびらかしたいけど、ローターが邪魔で飾れない(涙)。

|

2021/04/17

ツツジが散るまでに

大学に入ってツツジが散るまでに彼女ができなければ、
卒業するまで彼女はできないというジンクスがある。
結論から言えば、僕もその通りになった(笑)。
Spring_155_1 
迷信だからという理由だけでなく、気にしなかったけど。
それまでにも毎年サクラが散って、梅雨が明けて、
台風がきて、紅葉した葉が落ちて、初雪が降っても、
まったく関係なく彼女なんかできなかったからだ。
ツツジが散るくらいで、もはやジタバタするものか。
Spring_156_1 
だいたい、彼女がいなくても大学生活は楽しいのだ。
好きな飛行機の勉強をできるだけでも幸せだし、
大学の外で飛行機の仕事をできるのもうれしかった。
ただし機材やフィルムや遠征でいつも金欠だったから、
彼女ができたらデート代を工面するのに悩んだだろう。
Spring_157_1 
フィルムを買うために食費を削るのは厭わないが、
彼女がいれば無理にいろいろ奮発してしまうだろう。
しかし、そんなことでは飛行機が遠ざかってしまう。
だから「彼女なんかいなくてよかった」というのは
モテる人には負け惜しみにしか聞こえないだろうけど、
半分は本音だった。
Spring_158_1 
まあ、あくまで「半分は」だったけど(笑)。

|

2021/04/16

先にやられた

C130_047_1 
そういえばプラモデルでデッチあげるよりも先に
去年から本物が次々にC-2風の迷彩になっている。
ちょっと若返って見える。

|

2021/04/15

羽田VIPターミナル近況

Hnd_vip_002_1 
海外からの要人などが使っていた
羽田空港のVIPターミナル。最近の状況は...
Hnd_vip_001_1 
完全につぶされていた。
で、「孤島」のT2サテライトを「陸続き」にする。

|

2021/04/14

熊本城天守復旧

今日で熊本地震から5年になる。
その前に熊本城天守の復旧工事が完了したそうだ。
これは翌年にDC-3から撮った熊本城の周辺。
Dc3br_206_1 
赤い矢印が熊本城の天守。
黄色い矢印は地震の日に泊まっていたホテル。
緑の矢印は、地震の時に飲んでいたお店。
酔っぱらっていたから、緑だけ少し場所が不正確。
お店やホテルの皆さん、お元気にされているだろうか。

|

2021/04/13

ヒコーキと美術

Art_8981_1_1 
行かなかった展覧会の図録が届いた。
映画のプログラム程度のものを覚悟していたけど、
もっとずっと立派で、とてもよかった。
行ってないから本物は想像するだけだけど、
飛行機でもゲージツ分野には疎いので、
このようにまとめてくれるのはとてもありがたい。

|

2021/04/12

A320の方が深く突っ込む理由

セントレアではA320と737の停止位置がまるで違う。
L1ドアの場所はそんなに変わらないし、
機体規模も同じだからケツが突き出るわけでもない。
737a320_081_1 
たぶん、これで当たりだろうという推測は床面の高さ。
A320の床面は地面から約3.4mあるけど、
737NGの床面は約2.6mだ(重さで多少は上下する)。
同じ長さでPBBを接続すると、737では急坂になる。
Fuk_513_1 
一方でスペースに余裕のない福岡空港では、
A320も737NGも同じような場所に停止させている。
だからPBBの角度もまちまち。

|

2021/04/11

気持ちにブレーキがかかる

Skrik_081_1 
<大塚国際美術館(陶板レプリカ。撮影可能)>
絵画を写真に撮りたいわけではないけど、
撮影禁止という言葉に気持ちが萎えてしまうことがある。
職業病かもしれぬ。
最近では横須賀美術館の「ヒコーキと美術」展。
とても気になるし、行けば美術館を応援もできるだろう。
ただしコロナ禍のなかで県をまたいでの移動になるうえ、
遅れている仕事を放り出して行くのは敷居が高い。
ためらう気持ちに「撮影禁止」がトドメをさした。
Louvre_106_1 
<ルーブル美術館(撮影可能)>
幸いにして、行かなくても図録は売ってもらえるという。
代引き送料込みで2980円。
あくまで図録だから、実物を見る体験には遠くおよばない。
そんなことは百も承知だけど、注文した。
これでも、少しは応援したことになればいいけど。
Otsuka_935_1 
<大塚国際美術館(陶板レプリカ。撮影可能)>
図録を見たら本物を見たくなるかもとも思ったけど、
図録だけで満足してしまうかもしれないとも思った。
自分でもよくわからないけど、そんな気持ち。
いずれにせよ11日(今日だ)までだから間に合わない。

|

2021/04/10

まつ毛もすごい

Kkj324_001_1 
雑踏にまぎれていても目をひく人というのはいる。
Kkj324_002_1 
後ろ姿でもすぐにわかる。あと、つけまつ毛も。
Kkj324_003_1 
北九州空港にメーテルさんが帰ってきた

|

2021/04/09

PW4000装備のJAL777

Hnd34r_70_1 
JALのPW4000エンジンの777、前倒しで退役らしい。
最後に乗ったのは、去年の12月だった。
A350ということで選んだ便だったのにシップチェンジ。
「ゲゲっ」と思ったけど、
結果的には退役直前に乗る機会が増えたということか。
Ja8979_1 
で、その復路に乗るはずだった777も、
PW4000エンジンのトラブルで欠航になった(爆)。
このくらいではニュースにもならないと思いつつ、
念のためにチェックしてみたら、同じ日に沖縄では
別の777のPW4000がファンブレードを吹っ飛ばしていた。

|

«さらば正露丸