2018/10/22

羽田都心ルートのイメージ

国土交通省は羽田空港への新しい到着経路として
都心上空を突っ切るようなルートを計画している。
その詳細案はすでに発表されているけど、
各地点の高度を書かれてもあまりピンとこないのが普通。
そこで大阪伊丹空港に着陸する飛行機からの景色を
東京にあてはめるとどのへんになるかを調べてみた。
最終進入経路は3度の降下角に設定されるから、
伊丹でも羽田でも滑走路からの距離ごとの高度はほぼ同じ。
※それぞれの写真はクリックすると拡大します。
Itm_app_101_1_1
<渋谷あたりはこんな高度。滑走路まで約12km>
伊丹の場合には大坂城公園のあたりが相当。
実は僕も大坂城には行ったことないんだけど。
Itm_app_102_1
<これは五反田とか大崎あたりの感じかな。約8km>
見えているのは淀川。琵琶湖から大阪湾に注ぐ。
Itm_app_103_1
<大井競馬場あたり。滑走路まで約4.5km>
新大阪駅をすぎて、すぐのところにある神崎川。
新幹線を待っている間によく上を飛行機が飛ぶよね。
Itm_app_104_1
<流通センター駅あたりのイメージ。約3km>
3kmというのは、だいたい滑走路1本分の距離だ。

高いか低いかは、人によって印象が違うだろうけど。

|

2018/10/21

さらばJA304K

Ja304k_04_1_1
ANAハンガーの前に737-500がいたので、
整備訓練機かな~と思ったら、退役機だった。
JAレジの紙をはがすと新レジが書かれているのだろう。
Nh772_305_1_1
さらに進むとエンジンなしの777。
お~、また新しいコレクションが(苦笑)。
もちろん周辺にはエンジンなしの787もあいかわらず。
※10月19日撮影

|

2018/10/20

プロの見立て

僕のバイクの主治医はホンダのお店で、
ホンダのバイクに乗っていたときからのおつきあいだけど
いま乗っているヤマハのバイクを買おうとしたときには、
もちろん、うれしそうではなかった。
主治医を信頼しているからホンダを第一に選びたかったが、
まるでそそられるバイクがないのだから仕方ない。
「まあ、カワサキよりはマシかあ」と、
最後に妥協してくれたバイク屋さんの言葉は、今も忘れない。
Kawasaki_601_1
カワサキはどのへんがマシじゃないのだろうかということと、
スズキは名前すら出してもらえないのかということを、
折にふれて考えてきた。
どちらにも特に悪い印象はもっていないのだけど、
新型カタナを見たとき、「ああ、スズキぃ・・・」と、
脱力する感じが、そういえば(以下自粛)。

|

2018/10/19

ニュー・エンジン・オプション

A320やA321の新型につく”neo”という記号は、
ニュー・エンジン・オプションの略だ。
新しいエンジンは在来型(カレント=ceo)よりも太い
・・・などといっても、見慣れた人じゃないとわからんよね。
並べて見ると、なるほどと思うかもしれないけど。
A321neo_49_1
太いエンジンに合わせてパイロンは高く吊るようになった。
あとはストレークの位置とか細かい違いはあるけど、
いちばんわかりやすいのはノズルのギザギザの有無かな。
遠目にはわかりにくいけど、誰にも説明しやすい。
A321ceo_84_1
「で、ギザギザつきはどっちだっけ?」と、
肝心なときに忘れてしまうというのもありがちで(笑)。

|

2018/10/18

角型カーブミラー

四角いカーブミラーは珍しいなとは思ったけど、
たいていは2面セットで装備するものだと聞いて、
1面装備はさらに珍しいらしいと知った。
Mirror_49_2
でも、先に見たのはこれだから、
僕にとっては1面角型ミラーが標準。

|

2018/10/17

ドクターヘリ予備機の色

Ja557h_066_1
SGC佐賀航空のEC-135。
ドクターヘリの予備機として使われているという。
そういえば神戸のヒラタ学園の予備機も黄色だった。
海外では「目立つ」という理由で黄色の消防車も多いから、
それと同じような理由なのかもしれない(未確認)。
Bo105adac_216_1
そういえばドクターヘリの先駆者ドイツのADAC(※)も黄色だ。
(※ドイツ自動車連盟。日本のJAFみたいなもん)
ドイツでは消防車は赤だけど、救急車には黄色いのもあるし、
ドクターヘリは消防車より救急車に近いから黄色か~と、
納得しそうになったけど、たぶん違う。
単純に、黄色はADACのロードサービス車と同じ色なのだ。

ただし救急車との類似性も否定はしきれなくて、
それだと日本のドクターヘリ白地に赤ラインなのも
説明をつけやすい。

|

2018/10/16

ストロボ接点の不調

EOS7Dマーク2にはだいたい満足している。
いろいろ不満がないわけではないけど、
適当な後継機がないのだから仕方ないという、
昔の零戦乗りみたいな割り切りも必要だ。
Carbon_pen_001_1
ただ、これだけはイカンなあというのが外部ストロボ接点。
しばしば発光しなかったり、発光しても調光がきかなかったり。
カメラ側だけがお粗末なのかストロボも悪いのかは知らぬ。
ちなみにストロボもキヤノンの純正品しか使っていない。
先代のEOS7Dのときもそうだったかな。
最初はストロボが壊れたかと思って捨ててしまったけど、
新型を買ってもまったく同じ症状で、早まったか~(涙)と。
Carbon_pen_002_1
同じキヤノン使いに「ストロボどう?」と聞いても、
これまで1~2名しか同じ不調を訴えていないから、
ハズレをひいたのかなあという気もするけど、
僕は同じカメラを3台常用して全部ダメだし。
で、使う前に接点をセッセと磨いたり(あまり効果なし)、
いろいろ試行錯誤して、
いまはエツミのナノカーボンペンというのを使っている。
よくわからんけど、接点の導通を改善するそうですよ。
Carbon_pen_003_1
これを接点に塗っておくと、しばらく快調に光る。
無色透明なのでちゃんと塗れているのかどうかわからないし
知らぬ間に効果がきれてまた唐突に不調になったりするけど、
いまのところ他に有効な手段を知らない。
せいぜい市販の風邪薬程度の対症療法かもしれないけど、
同じ症状に泣いている人に、少しでも参考になれば。

|

2018/10/15

パチモンではない

Ms500_142_1
フィゼラーFi156シュトルヒみたいだけど、ちょっと違う。
ドイツ占領下にフランスで行われたシュトルヒの生産が
戦後もモラン・ソルニエMS.500クリケットとして続けられた。
Casa2_111_211_1
こちらもドイツのハインケルHe111みたいだけど、
スペインで作られたCASA 2.111。
パチモン博物館かよと思いそうになるが、これらも貴重。

|

2018/10/14

雨の日はお家で

雨の日には雨の日にしか撮れない写真を撮る、
などというのは(僕には)半分は負け惜しみであって
それでも撮らなくてはならないというとき以外は、
サッサと撮影する気力をなくしてしまうのが普通だ。
Spk_981_1
自宅と違い、地方での問題は暇つぶしが必要になること。
僕は出張先にPCは持っていかないから原稿は書けない。
無理に観光しようにも、雨の日は選択肢が多くないし
本番の撮影仕事を控えているときにはカメラを濡らしたり、
靴をグチャグチャにしたり、クタクタに疲れたくはない。
かといってビジネスホテルの部屋にこもっていたくもない
ということで、初めて札幌の羊ヶ丘に行ってみた。
ひつじがおか、なんて素敵な地名なのだろう。
Hitsujigaoka_001_1
雨に濡れた貧相なヒツジの姿を楽しみにしていたのに、
ぜんぜんいないじゃん。
さらに探検してみると、看板があった。
Hitsujigaoka_002_1
え、野性じゃないヒツジって全天候型じゃないんだ。
「お家」に行ってみると、窓越しに中を見ることができた。
ちょうどモグモグタイムみたい。
Hitsujigaoka_003_1
う~む、微妙だけど、なんとなく楽しい(笑)。
で、食い終わったら、寝てる。
Hitsujigaoka_004_1
もし扉を開けておいたら、ヒツジたちも雨の中に出るのか、
あるいはこうしてお家でゴロゴロしているだけなのか。

札幌駅前からのバスは1時間に1本しかなくて、
片道40分はかかるから、だいぶ時間つぶしはできた。
晴れた日に再訪したいけど、晴れた日は仕事だ(涙)。

|

2018/10/13

続・羽田南風時の撮影ポイント

Hnd34r_44_1_1
「撮影ポイント」を被写体側から見ると、こんな感じ。

|

«落石注意