2021/12/01

国内ひきこもり2年

Buckingham_496_1 
最後に海外に出たのが2020年の1月だった。
来月で、丸2年間国内に引きこもったことになる。
かといって特に禁断症状もないのは、
以前も旅行で行っていたわけではないからかな。
Arrows_010_1 
仕事とあれば行くのは国内も海外も同じ。
海外だから行きたい、ということもなく、
国内だから物足りない、ということもない。
あとは、感性がスレちゃっているせいもある。
「時差ないと楽だな」とか、我ながらジジ臭いし。
Rome_020_1 
でも、やはり若い人にはどんどん出歩いてほしい。
「何で?」って聞かれてもうまく答えられないけど、
出歩けばそんなアホな質問はしなくなる、たぶん。
もちろん、まだ新型コロナのリスクは無視できない。
渡航規制緩和と感染リスクの低下は別モノだ。
早くすっきりと終わってくれればいいのだけど。
Coins_114_1 
しかし、こーいうの、まだ使うチャンスはあるのかな。
帰国時に両替しきれなかった海外のコイン。
空港や機内で「寄付する」という人もいるだろうけど、
僕は次に行くときに備えて国ごとに取ってある。
よく行く国は紙幣も両替しないで取ってある。
いちいち両替手数料を払うの、馬鹿ばかしいから。
Can_084_1 
すぐにまた行くことになるだろうと思っていた国でも、
実際にはしばらく行く用事がなくて、
その間に新紙幣に切り替わってしまったこともある。
あとは、しばらく行きたくなくなった国もある。

|

2021/11/30

DC-8のスポイラー

Dc8spoiler_116_3_1 
DC-8の主翼にもスポイラーはついているけど、
上空でエアブレーキとして使うことはできない。
そのかわり内側エンジンを上空でも逆噴射できた。
僕は一度だけ経験した。
音と体感でわかったけど、あいにく写真はない。
Dc8spoiler_115_1_1 
上空でも低速ではエルロンと連動して立ち上がって、
ロールコントロールを補助したそうだ。
あいにく、これも写真には撮っていない。

|

2021/11/29

後悔しない楽器えらび

空港のバゲージクレームで見かけた大きな箱は、
コントラバスとかを入れるためのケースだろう。
まあ、余裕で入れますよ(何だ?)。
Box_203_1 
僕は楽器ができないので経験はないけど、
クラブ活動とかで楽器をはじめようという人は、
遠征で運ぶ手間とかも考えた方が後悔がなさそう。

|

2021/11/28

いちばん早く夜になる2週間

Ctr320_083_1 
何度も書いているけど、
今が1年で一番日没の時刻が早い。
国立天文台の暦計算室によると、
11月28日から12月13日までの2週間、
東京の日没時刻は16時28分だ。
Osa_9183_1 
ちなみに大阪ではちょっとずれて、
11月30日からしばらく16時27分日没。
秒単位では、さらに細かく計算できるだろうけど、
僕の実用上はあまり意味がない。

|

2021/11/27

いやらしい手つき

F4_34_1 
資料室の展示品だったが、わざわざ出してくれた。
お触りどころか、モニョモニョといじらせてもくれた。
しばらく、その感触にうっとりした。

|

2021/11/26

人の命を預かるということ

飛行機の訓練が自動車の教習と大きく違うところは、
免許を取る前から一人で飛ばせるということだ。
いちおう教官の監督下においてということになるが、
訓練生がドジを踏んでも地上の教官は何もできない。
教官というのは、何とも胃の痛い仕事だと思う。
Flight_392_1_1 
僕は飛行機の前にハンググライダーで飛んでいたので、
一人で飛ぶことにはほとんど不安はなかったし、
多くの人が感動する初ソロフライトの喜びよりも、
「バレて水かけられないようにこっそり帰ろう」とか、
そっちの方が重要だった。
しかし車の場合は免許を取ったあとが初ソロで、
もちろん教官が見ていてくれるわけでもない。
こちらは「本当にいいのかなあ」と思った。
Flight_393_1_1 
初ソロの次に緊張するのは、初パッセンジャーだろう。
人の命が自分の手にゆだねられるという責任の重さは、
何もバスや旅客機を操縦するプロだけに限らない。
最初に乗せて飛んだのは元航空自衛隊のパイロット。
民間ライセンスを取るためにアメリカに来たという。
飛行学校の社長に、
「このへんを案内してあげてくれ」とまかされたのだ。
Flight_394_1 
アメリカのATCの手順とかローカルルールとか、
周辺の空港とかを適当に案内したと思う(忘れた)。
しかし、いよいよ着陸というときに何となく不安を感じた。
幸いに相手もパイロットだ。ちゃんと相談した方がいい。
「なんか忘れてないかな」
「フラップ出ているし、車輪出ているから平気でしょ」
それを聞いて、プロはシンプルでいいな~と感心した。

|

2021/11/25

国産兵器

 
海外でたまに売っている銃弾を使ったお土産。
帰りの飛行機では客室持込はできないのでご注意。
Bullet_127_1
で、僕に必要だったのは100円ピストルのキャップ火薬。
音だけだから「弾」とはいわないのかな。
たまに、カラスとのテリトリー争いで必要になる。
それが残り1個(8発)を残すのみとなり、
100円ショップを何軒もハシゴしたのだが見つからない。
国際物流が逼迫する中では、優先度が低いのかもしれぬ。
それから何日もかけて、6軒目か7軒目でようやく発見。
Hicaps_14_1 
帰ってから調べたら国産品だったので驚いた。
最近はだいたい中国製だったし、ピストルも中国製。
右下が最後のストックだった1個だけど、
国産は火薬の色が赤くて華やか。

|

2021/11/24

ドルニエ328

Do328_166_1 
プロペラ機をベースにしたジェット機はいくつかあるが、
ほぼエンジンだけを換えたようなDo328は稀有な例だ。
プロペラバージョンの初飛行はCRJ100と同じ1991年で、
「プロペラ、だッさ~い」という時流に乗ろうとしたのか、
ジェットバージョンのDo328JETが1998年に初飛行した。
が、時すでに遅し。赤字のドルニエは再起できず。
Do328jet_114_1 
プロペラバージョンを洗練させればと思っていたら、
現にそうした計画もあるそうだ。
実現するかは怪しいけど、ドイチェ航空機のD328eco。
ただし、太く見える胴体も実は横3席の細さ。
ロクにキャビンにバッグを持ち込めない旅客機が、
現代でも受け入れられるのかどうかは疑問。

|

2021/11/23

勤労感謝の日2021

Research_195_1 
川の生態系の調査(?)をやっていた。
バケツの中にはナマズとかもいた。
Research_196_1 
こういう仕事も楽しいかも、と思ったけど、
まあ甘いことはないよね。楽しくても仕事だから。

|

2021/11/22

健康に悪い趣味

若いころには海外の民間空港で旅客機を撮っていて、
官憲に囲まれて銃口を向けられたこともあるし、
パトカーで連行されたこともある。
Mia_7702_1 
ヤバい国ではなくてフランスとかアメリカだったから
無茶なことにはなるまいと思ったし(そうなのか?)、
実際に荷物検査とかされて無罪放免にはなったけど、
70年代には日本赤軍とかがテロやりまくっていたから、
空港のまわりをウロウロしている若い東洋人は、
それだけでマークされても不思議はなかった。
飛行機撮影は、ちょっと健康に悪い趣味でもあったのだ。

|

«スキージャンプデッキ